私しテツテツのポケットの中の宇宙へようこそ! さてさて・・・このポケットの中には何が広がっているんでしょうか。気の向くまま心の揺れるまま、遊びを追求していくブログです。
2016/02«│ 2016/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2016/04
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:20:26
xfhmy (1)


昨日の日曜日は、急きょ仕事入って朝から出勤・・・・
昼過ぎに終わるも、飛ばしには行けませんでしたトホホ


ところが、本日!

午後から急に仕事に空きが出て、しかも快晴!!
そりゃ行くっきゃないでしょう!と、半ば仕事さぼってフライトしてきましたwwww


急だったので、充電も何もしていなかったので、
持っていったのは、
GAUI NX7とFORZA450, GAUI X3の3機。


ルンルンで準備~♪ 

xfhmy (2)

ふんふ~♪

xfhmy (3)


エンジン始動~!


ガララララーーー

ガララーー

カラララーーー

シューーーー


って、また、スターターシャフト嘗めたーーー!

スターターシャフト空回りしました・・・・・・・トホホ

ネジが緩んだってより、軸自体が嘗めてます。
前に、緩んだ時に、発見したんですが、ネジが緩んだのでは無くて、シャフト自体を削るような感じで
嘗めてました。
その時は、芋ネジの当たる部分にリューターで面出して、しっかり固定出来るようにしました。

が・・・・、おそらくそこが、また嘗めたんだと思います。

うーーーーん。マイッタ。

今度は素直に、新品部品取り寄せて、最初から加工して、しっかりやってみます。
・・・・しかし、残念



しょうがない!
じゃ、450で、練習だー! 

と、行った、1発目のX3

xfhmy (4)


落ちたーー泣

なんのことは無いです。
背面で旋回してたんですが、一瞬向きを勘違いして、思いっきり逆打ちしました。


やっぱり、仕事さぼって飛ばしに来てるからでしょうか・・・・・・w

xfhmy (5)

唯一残ったFORZAだけ。
これも落とすと、もう飛ばす物が無いので、無難な練習だけして帰ってきましたとさ・・・・・・・

ははは・・・・・・・(T_T)
スポンサーサイト

21:15:23
タミヤ エンジン トリートメント

guk (1)

エンジンのメンテ用に買ってみました。

よく、RCヘリに使われているグローエンジンは、すぐに錆びると聞いてました。
正直、そんなこと言っても、大丈夫だろうと、タカをくくっていたんですが・・・・・・

前に、NX7がスターターシャフトが空回りして、修理した時に、点検ついでにエンジンのバックプレートを外したんですが、
その時のベアリング付近に少しですが錆びが浮いていたんです。

新品のエンジンで、慣らしをいれて5回ほどしかフライトしていな状態でです。

さすがにこれは不味いと思いましたよ。


それまでは、飛ばしっぱなしで、せいぜいタンクの燃料を抜くくらいしかしてませんでしたので、
ちゃんとした定例メンテの仕方を調べました。

どうやら残った燃料が水を呼ぶみたい。
というか、燃料が空気に触れると、なにやら科学変化が起こって、水を呼ぶ、発生させる らしい。

なので、燃料は使いきれる量で、小分けがベスト・・・・だと。 ナルホド。

僕は2年目に入った一斗缶の燃料ですwwww
これが主な原因かもw
次回からは4L缶で数個買うようにしよう・・・・・・・。
(もったいないんで、とりあえず今の燃料は使い切りますよw)

で、フライト後のメンテ


その日のフライトが終わったら、タンクの燃料を抜く。
その後、再度エンジンをかけて、自然に止まるまで待って、エンジン内部の残った燃料を燃やす。
その後、エンジントリートメント材(錆び止め、潤滑材)をエンジン内部に入れて、エンジンを空回しして
エンジン内部に行きわたらせる。

こういう工程が、どうやら基本みたいですねー。


前のフライト終了後に、エンジン内部の燃料を燃やしきるとこまではやったんですが、
トリートメント剤が無かったので、そのままでした。

今日、着弾したんで、早速メンテしときました。

guk (2)

REX600N

guk (3)

NX7


(うーーん、どちらもイカしてますw)

説明書には、キャブのエア吸い込み口やプラグのとこから、吹き込むって書いてありました。

ヘリの場合、キャブのとこは、ファンカバーが付いてるので、×。

とりあえず、プラグ外して、注入して、エンジン空回ししましたが・・・・・。
毎回、プラグ外すのはメンドイなぁー。

もっといい方法ないかな?
燃料のパイプ(キャブ手前)から注入を試みましたが、全然入りそうに無かったです。
なんか圧掛ってるみたいな感じで。



















20:48:54
GOBLIN BLACK NITRO





ども! 今、個人的にエンジンヘリが熱いテツテツですw


このクラスのエンジンヘリが3機あっても、飛ばしきれないし・・・・
しばらくは様子見だなぁ~

なんて、思ってましたが・・・・・・

こういう次から次に上がってくるのを、見ていると・・・・
どうにも欲しくなってきちゃいますね・・・・・ハァ、ドウシマショ?



前回フライト行った時の、Nさんの機体。
tuk (2)

700Lにフルボディ被せてました!
やっぱりかっこいいですねー!

tuk (3)


tuk (4)

最近調子を上げてきた、550Lもありました。

tuk (7)

あいかわらず、丁寧で上手な飛ばし方です。
見習わなくては!!

23:56:54
3.20  フライトー!

tuk (6)

今日は久しぶりのフライトいってきましたよ!

tuk (1)


本日のメインはこの2機です!
GAUI NX7 と T-REX600N
NX7は前回、スターターシャフトのカラ回りで飛べず。
600Nは、エンジンオーバーホール後のテストと慣らし。

これに、FORZA450とX3 の2機

エンジン機が全滅した場合の予備機として、GOBLIN570も持っていきました。
(デカイへりを全然飛ばせないとなると、超さみしくなっちゃうんでw)

今日の天候は終始曇りで、風も強く寒い1日でしたねー。
そんな中、なんとか飛ばし切りましたよ。

・FORZA450 中々快調になってきました。
ジャイロの制御感も良い感じですね。ニューロン。

・X3  アンプ交換後のテスト。 問題無く飛びました。
FORZAがかなりパワフルなんで、ちょっとX3物足りなくなってきたかも・・・・ww

とりあえず、2勝w

tuk (10)

さぁ! NX7



風が強くて、めっちゃ寒かったけど
気持ち良く飛べましたー!!

良くなってきました。 ニードルもまだまだ甘アマにしてます。
ジャイロの本格的なセッティングはこれからですけど、結構いい感じになってきました。
やっぱり、スマホでちょこちょこ弄れるのは楽でいいです。

もっと暖かくなったら、じっくり追いこんでみたいと思います。



次に、エンジンを初自己オーバーホールしたT-REX600N

tuk (9)


tuk (5)


これがねぇー・・・・・ちゃんとエンジン掛って動くのか、めっちゃ不安でした。

最初、ぜんぜん、エンジン掛んないんです。
いや、最初掛って、おし、行くぞ! とテイクオフしたらば、
浮上1Mで、即エンジン停止 w|;゚ロ゚|w

幸いふんわり下りたので問題無かったですが、
それからが、中々安定してエンジンが掛ってくれない・・・・・・・・

もうね。絶対自分が組んだエンジンが悪いと思ってましたよ。

僕一人なら、全然わかんなくて、あきらめてました。


この日、一緒にフライトに行った、Nさんが、「大丈夫、調整だよ」
と、色々見てくれたんです。

Nさん、昔エンジンヘリをやっていたみたいで、調整とか詳しくて。
メインニードルを色々試行錯誤で、色々調整。
アイドル調整ネジを調整(これが一番効いた)

最初、ブスブスですぐ止まってばかりいた、エンジンがだんだん調子の良い音を出して行くんです!

もう大丈夫!と、最後はめっちゃ調子良く回るようになりました。

今回の調整は非常に勉強になりました!
ありがとうございました!! Nさん! 
今日から勝手にエンジン師匠と呼ばせて頂きますw





オーバーホールもどうやら成功したみたいで、良く回るしパワフルさが戻ってきました!
よかったーーー!

いやー、やっぱりエンジン楽しいです。
長い時間飛ばせるのがいいですね、ゆっくりペース上げていけるし、色々やれますから。
電動だと、やりたいことがあると、どうしても駆け足での演技(練習)になってしまいます。


と、言うことで、今日は予備機の出番も無く、全勝でしたーv



17:39:00
OS 55HZ オーバーホール その3



uyhkg (1)


新しいピストンリングが到着しましたので、
さぁ、気を取り直してピストンリング交換ですw


uyhkg (2)


ピストンリング交換、インナースリーブ嵌めこみ、まで、3分でした・・・・・・・・w
いやー、いかに無知だったかわかりますwwww
適切なやり方さえわかっていれば、わけないんですw


uyhkg (3)
ピストンリングの位置は前回書きました通りです。
インナースリーブも位置が決まってまして、この切り欠きとシリンダーの突起を合わせるようにします。
これはわかりやすいので、間違える人も少ないですよね。

クランクを手で回してみて、引っ掛かりは無いか?スムースに回るか?
を確認して問題なければ、あとは組んでいくだけ!
uyhkg (4)

ガスケットも新品にして、ヘッド組み立て。


uyhkg (5)

エンジンの「芯だし」
大事な工程です。
100分の2 程度になりました・・・・・・たぶんねw


uyhkg (6)


エンジンオーバーホール完成~

うーーんやっぱり、なんか かっこいいよね!エンジンって。


uyhkg (7)



機体に搭載して。


uyhkg (8)


燃料配管、フィルター・ジョイント関係も新しく引き直ししました。

uyhkg (9)


マフラーもピカールで磨き!

uyhkg (10)


OK! 完成!


明日、飛ばしにいってきます!
無事にエンジン掛って、飛ぶといいなぁ~“o(* ̄o ̄)o”ウキウキ♪


21:37:07
OS 55HZ オーバーホール その2

前回の続きです。

今回はRベアリングを抜きからはじまります。

通常はクランクケースを熱して(焼いて)外すのが一般的のようです。
ただ、エンジン自体が通常使用する時に発生する温度以上での熱で熱するのは、クランクケース自体が変形
することもあるので注意したほうがいいみたい。

今回は内掛け式のベアリングプーラーを使います。
説明書もなにもないけど、まぁなんとかなるでしょwww
frtsyj (24)


frtsyj (25)

ベアリングとクランクケースとのちょうど境目付近に、

frtsyj (28)

こういうのを差し込んで、開いて外してくる仕組みでしょう・・・・・たぶんw


frtsyj (27)


ベアリングの境目付近で、ねじ込んでいってプーラーを開いて噛ませました。
うまくかみ合ったみたい。

frtsyj (26)

そうしたら、外側の筒状のアダプターを付けて、それをねじ込んでいってやれば、ベアリングが
外れるはず!!


frtsyj (29)

frtsyj (30)


やった! 上手く外れました。
そんな苦労することも無く、すんなり外れましたので、熱して外したりするより楽じゃないですかね。
とりあえず上手くいって一安心。


frtsyj (31)

ベアリングの内部までは逝ってませんが、それでも結構錆びてました。


gjh (1)

gjh (2)

ピストン自体が、若干傷があって、交換しようか悩みましたが、
そんなに深い傷では無いのでとりあえずピストンはそのままいくことに。

今回のオーバーホールは、Rベアリング、ガスケット、ピストンリング この3点を交換することに
しました。

gjh (4)

gjh (7)

gjh (8)

ピストンもちょっと焼けてます。
絞りすぎですね、きっと。

gjh (5)

556とピカールを使って、細かい傷落とし、錆び落とし、潤滑をしました。
556は使う箇所(エンジン)によっては、シール材などを痛めることもあると思うので、その辺を留意しましょう。
(僕はテキトーに使ってますので・・・・・マネしないでねw)

gjh (9)
gjh (6)

クランクケース内に残っていた錆びを綺麗に落としました。

gjh (10)

ピストンも綺麗に。

gjh (11)
gjh (12)

新しいベアリングを挿入して、クランクシャフトを取り付け。
(画像撮り忘れたw)
新しいベアリングを入れるのが結構きついです。
これも、本当は熱してケースを膨張させて入れた方がすんなり入るみたいですが、
僕はベアリングに均一に力が掛るような木片を当て板にして、ハンマーでコンコンと入れました。
真っすぐ入れるのを気を付ければ、大丈夫です。
きちんと嵌りました。

gjh (3)

ピストンリングの交換。

外しにくい、入れにくい、のかと心配しましたが、そんなことも無く、案外簡単に交換できました。

そこまで出来たら、ピストンを装着。

gjh (14)

クランクシャフトを上支点の位置にして、ピストン取り付け。

あとはインナースリーブを嵌めれば終わったも同然なのですが・・・・・

gjh (13)

これが、ピストンリングが引っ掛かって中々入れずらいらしい・・・・・
案の定、全然入りません。

ピストンリングの位置も関係あるらしいのですが、いまいちわかんない。
このへんのとこ詳しく書いてある記事が無いんですよねー。

格闘すること30分・・・・いっこうに入らない。

こうなりゃ力技だよ!
をりゃぁぁーー!


gjh (15)


ゴキ!

よっしゃ、入ったーーー!!

やったぜー・・・・・と喜んだのもつかの間・・・・

ポロっと、何かが落ちてきた・・・

gjh (16)


だぁぁーーーー新品のピストンリング折っちまった・・・・・(≧◯≦)



なんでなんだよーーー、

と、くまなくピストンの溝を見て見た。。。。。。

gjh (17)


するとなんてことでしょう!
ここに、芋ネジのような僅かな突起を発見!!
そうなんです。ようはここに、ピストンリングの割れ目を合わせて入れないと、リングが最後まで窄まらなくて
嵌らないってことだったんです。

気が付くの遅すぎたわ・・・・・・・(p_q*)シクシク


gjh (18)
ということで、はい。再購入・・・・。

1141円のリング代に、送料が1410円・・・・・。
はぁー・・・・(_ _。)・・・

21:28:18
OSエンジン 55HZ オーバーホール

frtsyj (1)


2週間ほど前からこいつを弄っています。

T-REX600N 僕自身にとって、はじめてのニトロヘリでした。
エンジンへりの事自体ぜんぜんわからなかったので、教材のつもりで中古で購入。
前のオーナーさんの愛が詰まったとても手入れされた機体でした。

僕がなにもわからずに、かなりエンジンに負担かけていたと思います・・・・・
最近、なんとなくわかってきたので、そう思うようになりました。

frtsyj (2)


GAUI NX7を一から自分で組んでみて、色々ニトロへりの構造がようやくわかってきました。
少し自信も付いてきたので、今回はエンジンのオーバーホールに挑戦してみようかと思った次第です。
前にフライトさせた時に、ちょっとパワーが落ちてきたような気がしたんですよねー。


frtsyj (3)

まずはエンジンを降ろします。

frtsyj (4)


もうこの辺は慣れたもんですwww

frtsyj (5)


かっこいいエンジンですねーーw


frtsyj (6)


メタル製のファンプーリー、これってオプション品なんでしょうか?
耐久性、精度ともに良さそうですね。

frtsyj (7)


キャブの清掃。
基本的にOSのマニュアルには解体するなって書いてありますので、ゴミの溜まりやすいジェット部の清掃のみとしました。
外して、清掃。
前からここが良く緩んできていたんで、脱脂してネジロック塗りこんで、再組みつけしました。

frtsyj (8)


バックプレートを外した所です。
錆び錆びで真っ赤かーー・・・・・なんてのも覚悟してましたが、予想よりも綺麗でした。
でも、Rベアリングはそこそこ錆びてましたねやっぱり。

frtsyj (9)


ヘッドを外して、いよいよエンジンバラしていきます。
まずはピストンのインナースリーブを抜きたいのですが、そのままでは外しずらい。

frtsyj (10)

そこでインシュロックを使います。
これが適度な柔らかさで、シリンダーやピストンを傷つけることが無く、最適みたいです。

ピストンを下支点まで下げ、そこにマフラー口よりインシュロックを差して、その状態で、クランク回すと、
ピストンに押されてインナースリーブが上がってきます。

frtsyj (11)


ここまで上がったら、手が掛るので、そのまま手で引き抜きます。

frtsyj (12)

無事に外れましたー。


次にピストンを外しますが、
その時は、ピストンを上支点にして抜きます。

frtsyj (13)


frtsyj (14)


この位置ですね。
ここ以外では抜けませんので、ご注意です。

このまま、クランクからコンロッドを引き抜けばピストンが外れます。

frtsyj (16)

ピストンが抜ければ、クランクシャフトもそのまま引き抜けます。

frtsyj (17)


思ったよりも、そこまで錆びは酷くありませんでした。
ただ、ベアリング自体はちょっとゴリってます。
今回はRベアリングは交換します。


フロントベアリングの方は錆びもゴリもありませんでしたので、そのまま使う事に。


フロントベアリングは裏から叩けるので、簡単に外せますが、このリアベアリングは径が一緒で、
掛るとこも無く、簡単には外せそうにありません。

よく、シリンダーを熱して金属の膨張を利用してベアリングを外すのが一般的みたいですね。
僕は、熱で変形しても嫌ですし、その工程が面倒だったので、
プーラーを使う事にしました。


といっても、普通のベアリングプーラーは使えません。
今回用意したのは、これです。

frtsyj (24)


内掛け式のベアリングプーラーです。
ほんとはパイロット製とかのちゃんとしたの欲しかったのですが・・・・・・高い!
使用頻度はかなり低いので、ここは激安中華にしときましたwww
評判も良くは無いのだけれど、「まぁ、目的は果たせました」とコメントがあったので、
まさしく、多少製品精度悪くても、とりあえず使えればいいか! と。(爆)


次回はこれでベアリング交換していきます。







09:40:07
GOBLIN 700 NITRO  飛行動画!!


先日のローターライブで、いよいよGOBLIN NITROが発表になりました!!

その気になる、飛行動画をキャッチ!!




ブラックサンダーとニトロのデュエット。
うーーん、痺れる~❤
(普通にテクニックが凄過ぎて、よくわからんw)




ert (2)


ert (4)

タンクがメインマスト下に。

ert (5)

フロントのこの位置にスロットサーボ搭載。


ert (9)

ジョットはこの位置にきています。

ert (10)

ファンプーリーかっけーーー!

ert (11)


基本的な構成はGOBLINそのもので、NX7と同じくマスト下に燃料タンクで重心の残燃量に関係なく均一化されるような設計。
駆動方式は電動と同じく、ドライブシャフトからベルトを使って1次減速。
これは楽しみな機体ですなーー!


ert (6)


ert (3)

ert (2)

先ほどのメインジェットの位置でどう調整するのか? って思いましたが、
キャノピーに調整用の穴開けましたね。これはしょうがない。w





ブラックサンダーーも!
これはどの辺が変わってるのか?僕はまだよくわかってませんが、
最近多いスピードスタイルの3D機って感じでいいのかな?

ert (1)

ert (7)
ert (12)



ert (13)

今年の目玉は、GOBLIN NITROとFORZA550で決まりですね!
あーーどちらも楽しみーーーータブンカエナイケドw

20:17:48
EOS 720i SUPER DUO3 ハイペリ充電器

fykr (1)


ちょっと前に、エアクラフトさんで、セールやってて、つい買っちゃいましたw

我が家の充電器は、ハイペリ1420 ハイテックX4 ハイテックX2 と3台稼働中。
さすがに充電器4台はいらないよなー・・・・・・と思いつつ。
お仲間のH氏に相談したら1420を引き取るよ!って快諾だったので、決心して720DUO買いました。


fykr (2)
ついでに、H氏と僕の分で、新型ハイペリバッテリーも購入
3セル 2100mAh MAX50Cってやつなんだけど(スタンダートVのほうね)、結構良さそうな感じでしたね。

fykr (3)


小物も。

fykr (4)

fykr (5)


前回フライト行った時に使ってみました。

fykr (6)

温度センサーもばっちり!

fykr (8)


GOBLIN700用のバッテリーも、12セルとしてのシンクロ充電もできました!

これでまた、ガンガン充電出来そうですwwww


fykr (7)

温度センサーが正常に作動するかのテストも前に行いました。
充電中に、

fykr (10)

ドライヤーでガンガン炙りますw
設定カット温度は45度に設定してます。

fykr (11)

42度まで上がり、45度を超えたところで・・・・・


fykr (9)


「TEMP TOO HI」となって、充電止まりました。
大丈夫ですね、正常に作動しいています。


fykr (12)


こちらも、更新しておきましたー!
これから春! いっぱい飛ばしますよー!!!!

2016/03/11
20:01:40
GAUI X3 修理


前回のフライトで、突然モーターカットが入ったX3.


原因究明で、とりあえずESC変えてみて、テスト
fykr (13)


・・・・・・・

何事もなくモーターまわりました。
どうやらこの間のフライトでX3に積んでいたJRアンプが死亡したようです。
なぜなのか? 寒過ぎてショートでもしたんでしょうか?

とりあえず、このままYEP40Aで逝くことにしました。

fykr (14)

ついでに、受信機を変更してX3もフタバで飛ばすように変更。
それに伴い、ジャイロの初期設定、アンプのキャリブレーションも。

fykr (15)


ひとまず、完成です。
たぶん問題無く飛んでくれるでしょう!

Parent category:RCヘリ Category:GAUI X3コメント:2トラックバック:0
11:14:32


やっぱ小さくて何映ってるかわからんw

Parent category:RCヘリ Category:FORZA450コメント:0トラックバック:0
2016/03/08
21:13:38
先日のフライトー!
日曜は雨予報だったので、めずらしく土曜休みとれたので、快晴の土曜にフライト行ってきました!


er55r (3)


快晴!!

しかーーし!

er55r (4)

朝一の気温www -14度


よく晴れた日の朝は冷え込むのよー。放射冷却現象ってやつだねw

でも、こういう日の昼間は晴れ渡って気温も上がることが多いので、大歓迎ですw


この日の出撃機

er55r (1)

エンジン・電動 700 2台に
FORZA450・X3 の450 2台。  ある意味王道ヘリの、最小・最大クラスですねw

er55r (2)


で、タイトルにもある、2勝2敗

まず、先にアップしたGOBLIN700.
無事にメイデンもこなし、GOBLINらしい飛びにご満悦!
まず、1勝~


ところが、エンジンのNX7 。
エンジン始動しようとしたら、カラ回り・・・・・・・・・
また、ドライブナットが緩んだか・・・・。
この日のフライトを断念。 (後日確認すると、スターターシャフトの方でした緩んだの。これなら現地で直ってた)
1敗~


つぎに、GAUI X3.
1フライト目を無難にこなし、2フライト目。
普通に飛びたち、スタントへ。
軽く背面にいれて、上昇しようと思ったら、なんと、そこでモーターカット
各陀は効いていたので、アンプカット??
背面のまま、雪原に墜落。
雪だけど、この日の朝は冷え冷えで、表面の雪も固く、落ちたらバウンドしてたw
er55r (5)

er55r (6)

しかし、驚いたことに、オレンジホーンがすべて無事w
そんなことあんのか!? 背面から落ちてwwww

こりゃ無傷でラッキーと、確認フライトしようとしたら、起動してスワッシュも動くけど、
モーターだけ動かず・・・・・・
たぶんアンプ死亡とみられる。

2敗目


最後は問題児、FORZA450なんだけど。
テールワグ対策として、ラダーサーボのホーン取り付け位置を出来るだけ長めで取ってみた。
もともと、FORZA450って、フレームの中にラダーサーボを納める仕組みなんで、ミニサーボ使うと、デフォルトの位置(リンケージが
真っすぐなる位置)では、極端にホーンの取り付け位置が短くなる。
そこで、できるかぎりホーンの一番遠くにリンクボール取りつけてみた。
テールのアームからのリンケージが斜めになって、あまり好ましくない感じだけど、解像度を上げるためにこれでテスト。

これが正解だったのか? それはいまいち確証がないけど、現地で Iゲインを下げて、他も少し弄ったら、
あれだけ悩まされたテールのハンチング・揺れはほぼ無くなった!!

僕のパターンでいくと、FORZA450にニューロンジャイロでは、ナローバンドのラダーサーボに、ホーンの取り付け位置は長目。
Iゲイン低め。これが効果的でした。

6セル仕様から、手に余る感じだったけど、ここにきて、ジャイロも決まり、
ピッチカーブ・スロカも低めの設定でかなり気持ちよく飛ばせるようになってきた!!

動画もA1Hで撮ってるので後日アップします。(ただし、極小ですけどw)

ということで、FORZAで2勝~

この日は2勝2敗でしたー。



最後に、Nさんの新機体、T-REX700ドミとパチリ。

er55r (8)

er55r (9)
er55r (10)

er55r (11)


er55r (12)

er55r (14)


er55r (15)





20:18:45
GOBLIN700C メイデン!! & Panasonic A1H テスト撮影

5日にフライト行ってきましたー!
天気が良くて最高でした。フライト日記はまた後日アップします。

今回は、GOB700のメイデン! です。

mkjh_20160306200639ff8.jpg

そしてそのメイデンの様子を先日購入したパナのA1Hで撮影しました。





無事に飛んで良かったー!
やっぱりGOBかっこいいねぇーw

本数飛ばすには、バッテリーセットも充電環境も、ちょっと考える必要はありそうですねー。
うーーん、なやみ何処です。


そして、A1Hカメラ。
比較的綺麗だし、狙ったとおり、目線カメラでなかなか臨場感はありました。
どうしても被写体が小さくなりすぎてしまうけど、それはズームでもして追いかけないかぎり無理な話なので。
記録用や、ちょい撮りには十分使えそうです!
そして、予想どうり気軽で、撮るのも楽でした。
この日1日は、外部バッテリー使う事も無かったので、思ったよりも持ちそうです。搭載バッテリーも。

今回はどちらとも、まずまず良かったですー!




14:02:29
GOBLIN NITRO !!!!


ftgry (1)


GOLD STONESのメカニック とらりんさんの所でアップされてましたので、
拡散しておきますw

いよいよ、GOBLIN ニトロ 発表ですかねーー!
同時にブラックサンダーってチョコバーみたいなのも同時に発表になりそうですw
見た目はSPEEDなんだけど、何か違うんでしょう、きっと。

ゴブリンも、少しマンネリ気味だたので、ここらで大きなテコ入れしてくるんでしょうねー。
楽しみです。


話が変わりますが・・・・・・・

この間、お仲間のW氏が東京へ遊びに行った・・・。
「お見上げ、ひよこでいいですかー?」って、ふざけたこと言うので、

「バカヤロー ヘリ買ってきてくれ!」って頼んだら、こんなのお見上げに買ってきた。
ftgry (2)

アパッチのコースター・・・・・




ふふふ・・・・ くそーちょっと嬉しいぞw (*  ̄▽)o


11:43:19
ウェアラブルカメラ???


最近になってそんな言葉を良くきくようになってきました。
ようはかなり前からあるGO PROなどのような、小型カメラで、身につけたり、乗り物に載せたりして、臨場感ある
動画を撮れるやつね。

数年前までは、GO PROの独壇場。 のちに海外から他、数種出てきましたね。
その後、盗撮用なみの中華格安カメラが出てきて、コストパフォーマンスからプチヒット。
まぁ、その分、性能と耐久性はそれなり・・・。でも、十分使えたね。

世界のそんな動向を見て、わが日本も各有名メーカーから、いわゆるウェアラブルカメラ(この辺から呼び出したきがする)
を発売しだしました。
だが、正直、最初の物は、ほとんど「帯に短し襷に長し」みたいな感じ・・・・・
値段もいい値段する割には。

需要は相変わらず高いので、開発は進み。
現行版。
まぁ、ちょっと使ってみようかなーと購入しました。

hyiug (3)

Panasonic HX-A1H


hyiug (1)
(注 モデルが僕に酷似していますが、別人です。 あしからずw)

hyiug (8)

こんなボディで、フルハイ1920 防水、防塵、耐衝撃、耐低温
おまけに、重量わずか45g 

OPのIRライト(赤外線) を使えば、ナイトモード 暗闇でもはっきり写せます。
なるほど! これを頭に装着して、女子の布団に下から潜り込んで、チョメチョメ記録するためですね!!
えらいぞ!パナソニック!

・・・・・・・
さて。

hyiug (9)

物はこんな感じです。

軽いですね。実際頭に付けてみましたが、全然負担になりません。
値段も日本製にしちゃかなり安い方じゃないでしょうか?
新品で18000エン位でした。

いいことばかりでも無い。
このサイズなんで、手ぶれ補正とかは当然ナシ。(まぁ 普通は無いよね)
バッテリーがとにかく持たないらしい。実質30分くらい??
これは、増設バッテリーなんてOPも出ているけど、8000円とかわけわからん値段するんで、当然却下w
USB接続で充電したまま録画できるんで、これは小型モバイルバッテリーを持って行ってポケットに入れながら
撮影した方が断然いいです。

画角はノーマル・ワイド 選択できるので、シーンに合わせて選べますね。
GO PROなんかでヘリの自撮りするとワイドすぎて、ヘリが小さくなりすぎちゃうんですよねー。

あと、アプリを使ってWIFIでスマホと繋がり。
モニターになったり、細かい設定が出来たりします。
ただめっちゃ反応が鈍い! 凄くストレスになりますね。
撮った動画を再生もできるんだけど、まともに見れたもんじゃない。
おまけに、スマホが家とかで無線LANと繋がってると、切らなきゃいけない。
カメラ使い終わって、いちいちまた、家のwifiに繋ぎ直すのがメンドクサイ。
Bluetoothにしてほしかったわ・・・・・。

僕はたぶん、設定以外は、ほとんど使わないと思いますW

hyiug (4)

SDカードとモバイルバッテリー

hyiug (5)

hyiug (6)


こんなサイズで、3350mAhみたい。
(こんなサイズってもわかりずらいでしょうが、たとえるなら、アルパチーノが咥えてる短めの葉巻くらいw)
カメラ本体のバッテリー容量が480mAhなんで、これ1本あったらそうとう持つでしょう。

hyiug (7)

ここはケチって安めのSD


hyiug (10)



hyiug (11)

こんな感じです。

最近、手抜きで画像も動画も少なめだったので、
毎回、お仲間さんに撮影お願いするのも悪いしですし、何より飛行技術的にも変わり映えしないので、
余計動画撮ってもつまらないだろーってことで、腰が重かった。
色々、自撮りグッツを製作して撮ってきましたが、どうも面倒になってくんですよ。

そこで、今回みたいな、なるべく簡単。撮るのも装着も、持ち運びも。
それでいて、高画質。 耐久性も良い。

そんなとこに期待して、購入してみました。



実際の撮った画質は次回にでも!

しばらく、アップ無かったら、(あー、あいつ買ったことで、もう満足しちゃったんだ)と思っといてくださいw



















20:54:09
先日、無事にまともな初フライト エンジン慣らしを終えた GAUI NX7

今日は、慣らし後の機体チェック。
ネジの緩みなどが無いかの点検をしました。 3タンクほど飛ばしたので、
これで、緩まなかった箇所は、ほぼ大丈夫とみて良いでしょう。


lkjjh (2)


ただ、その時のフライトで気になることがあったんですよねー。
テールがワグというのか、ゆらゆら揺れるんです。ハンチングの緩いのみたいな・・・・・。

ゲインを下げて見たり、パラメーターをちょっと弄りながら飛ばしましてましたが、あまり変化せず。

これは、機体側の問題かな?なんて思っていた次第です。


そしたら、発見!!


lkjjh (1)

ラダーサーボのプッシュロッドのシーソーアームが思いっきり緩んでました!!

あぶねーーーーー!  w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!

たぶん、もう1フライトしていたら、外れて、テールくるくるパーになって墜落していたこと間違いなしです。
助かりましたwwww 悪運つえぇーオレw


しっかり、ネジロックし直して締めました。
lkjjh (3)


くまなく全体を見ましたが(たぶん?)他には、緩んでいるようなとこは、無かったですー。
これでしばらくは大丈夫かなぁ~

Parent category:RCヘリ Category:GAUI NX7コメント:2トラックバック:0
最新記事
プロフィール

テツテツ32

Author:テツテツ32
テツテツのポケット・・・・・・RCヘリ・ATV・スケールクローラー・GUN・FPS・カスタム・アウトドア・・・・etc
どうやら、奥深く宇宙は広がっているようです。。。
しばし現実を忘れて、宇宙遊泳といきますか。。。(* ̄ρ ̄)”

カテゴリ
DRX (3)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。