私しテツテツのポケットの中の宇宙へようこそ! さてさて・・・このポケットの中には何が広がっているんでしょうか。気の向くまま心の揺れるまま、遊びを追求していくブログです。
2016/01«│ 2016/02| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 »2016/03
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
19:41:30
リポバッテリー 安全管理 3部作 完結編


第一回目はリポ保管庫計画
第二回目は、充電時の温度管理対策
そして、完結編となる今回は、充電時用の耐火BOXです。

chjg,ij (1)

と言っても、そんな大それたことじゃなくw
スチール製の工具箱。
前回に少しお話しましたが、こんなんが、安価で効果的じゃなかろうかと、思いました。

chjg,ij (2)


こいつの側面に配線を通るようにザックリとカット! w

chjg,ij (3)

サンダーで適当にカット。
切り口で怪我や、断線しないように、ヤスリがけのあとアルミテープで保護しました。

chjg,ij (4)


こんな感じにオープンしますんで、

chjg,ij (5)


そこから配線通して、中にもろもろぶち込めばOKですw

chjg,ij (6)


あとは蓋をして、ロックかければ
完璧じゃ~wwwww


細かく言うと、もしリポ出火すれば配線穴から火が噴き出ること請け合いなので、耐火粘土などで配線ごと隠ぺいしてやれば
完璧なんですが、まぁ、そこまではいいでしょう。
これでも、かなり防げますし、向きに気を付けていれば他に燃え移ることも防げると思います。


なにより、普段、自分が居る場合の充電は温度センサーのみで、このケースは使わない予定です。
どうしても席を外さないといけない場合のみ、このスチールケースに入れて充電しようと思っています。
これでちょっとは安心かなぁー。



みなさまも、気をつけてくださいねー。





スポンサーサイト

18:33:43
2016 2.28 フライト

frryj (6)

今日は久しぶりにフライトいってきましたーーーー!

この時期にはめずらしく、終日風も無く、雪もふらない。
ときおり曇りでしたが、午後から晴れてお日様も出て最高の1日となりました。

本日もあまり余裕がなく、画像も少ない動画も無しですが、お許しを。


frryj (5)


今日は新人君を連れてのフライトでした。
数週間前に仕事関係の知り合いが興味があるって言っていたので、前にK110を見せてあげたら、気に入ってしまってそのまま取られてしまいましたww プロポもフタバ10Jで設定して、譲る形に。
それで、本日、本格的なフライトを見においでよ!
ってことで、連れてきました。
彼も結構楽しんだのではないでしょうか。それにかなりセンスありそうなんです。
このまま本気で取り組んだら、バケる逸材かもしれませんw


僕の方は、FORZA450 GOBLIN380 E6 NX7 のメンバー。

・FORZA450は前回のジャイロ調整の続き。
まだ細かい揺れは取れず・・・。2Fしか出来てません。時期を見ておいおいゆっくり調整します。

・GOBLIN380 こちらは、フライト中に、突然モーターカットのような症状が・・・・・
あ、落ちてくーーーーと、高度が下がっていって、地面近くで、モーター復帰して回転が上がりました。
その後もまた、その症状が出ました。
危ないので、降ろしましいたが、いまいち原因がわからず・・・・・・
どこかの断線を疑ったほうが良いのかなー?
こういう原因を掴みずらいのが、一番嫌ですね。

・E6 リポが久しぶりすぎて、ちょっと元気が無かった。
それ以外は問題無く、無難に2F消化。

・NX7 前回のマフラー脱落、スキッド折れからの復帰フライト&エンジン慣らしです。


frryj (3)

1F 無事にエンジン始動。
おそるおそるホバリング開始。様子を見ながらホバリングで1F消化。

frryj (2)


frryj (1)


2F キャノピー付けてフライト。やっぱり見やすいし、青空に赤が映えてかっこよかったーー!
テールにワグのようなハンチングが少しありましたが、ホバリング、軽い上空流しで2F消化。


3F 同じく軽く上空流しや、ゆっくりフリップなど。 スタント1で、1700回転くらいで3F消化。


frryj (4)


OK----!!!d=(´▽`)=b ィェーィ♪

無事に飛んで良かったーーー!


とりあえずエンジン慣らしまで、終了です。
帰宅後、各部のネジの緩みなど、再チェックしてみて、機体の方はほぼOKの予定。

ジャイロやプロポなど、これからゆっくり煮詰めて行きます!


軽く流した3フライトでしたが、超気持ち良かったーーー!
3フライトとはいっても、エンジンなんで1F8分位は飛んでたかな?
やっぱり1Fで長く飛べるのは魅力ですね!


次回、GOBLIN700のメイデンするか? NX7を煮詰めながら楽しむか? 悩みますw


そんなこんなで、今日は1日満足な楽しさでしたー!(文字ばかりのつまらない感じですみません)







11:55:58
EZNOV NEURON Bluetooth


さて、なんとか実用化にむけて兆しが見えてきた、我が家のニューロンジャイロ。
今回は、PCで設定した後に、飛行場でスマホから弄れるように、Bluetoothモジュールを追加してみたいと思います。

(あいかわらず、他力本願で申し訳ない。今回も「なんとかしなきゃね」のKUBさんに教えてもらっちゃいました。いつもありがとうございます)
自分の備忘録のためにも記事に残しますw



まず必要なのは、Bluetoothモジュール。
それと、ジャイロ本体側に接続するコネクターです。
yrtsk (2)

どちらも、ヘリモンさんで用意しました。

モジュール
コネクター


これを、ニューロンに接続出来るようにします。

yrtsk (3)

PCと接続する時と同じ場所です。


配線をコネクターにカシメて作りますが・・・・・・
yrtsk (4)

これがまた、小さいのなんのって・・・・・
おじさんには酷ってもんですよw
小さすぎて手持ちのマイクロ電工ペンチでは出来ず、最終的にラジペンで締めこみましたわw

こんな感じでなんとか、コネクター付きました。


ここまでで、頭を悩ませるのは、どの配線が何処にいくか?ってことだと思います。

Bluetoothモジュール側には基盤裏に、
GND(アース) VCC(電源) TXD(送信) RXD(受信)と書いてありますので、わかりますね。
問題はジャイロ側が、何処がどれ?なのかわからないんですよ。見ただけでは。
KUBさんに教えてもらってようやく解読できました。

yrtsk (1)

このような配置でOK。
モジュール側と本体側で、こうなるように接続します。
GND-GND
VCC-VCC
TXD-RXD
RXD-TXD

ポイントはRX-TX 相互に接続することですね。
VCC(電源)だけは間違えるとショートしますんで、要注意です。



接続テスト!!
スマホに専用アプリをインストして、Bluetooth ONにして、おきます。
yrtsk (5)
電源投入で、Bluetoothサーチ。
OK!!  やった!



LED2個点灯で、接続状態。
Bluetoothの接続方法は、通常のBluetooth機器と同じですので、その手順で大丈夫です。

それでも、わからない方は、KUBさんのページをどうぞー。


これで、飛行場での調整が楽になりそうです!

 

21:23:40
FORZA450 ニューロンジャイロ その後

sdeght (8)

(前回)ニューロンジャイロに積み替えて、飛行テストするも、鬼ハンチングで浮上すらままならず・・・・。


GOB380がKST565サーボで、問題無かったので、これがいいんじゃねーのか?と、565を仕入れました。


dear (3)

サクっと積み替えて・・・・(実際にはホーンが長すぎて切り落としたりと、中々大変でしたがw)
ソフトで設定。

dear (4)

gj.jpg

ラダーサーボを積み替えただけなので、この項目と、リミットの調整だけでOKですね。

今回、このナローバンドの760us がこのジャイロのハンチング対策に効果的なんじゃないのかと、もくろんだ次第です。

masakiさん情報によると、このジャイロは、かなりラダーサーボと機体との相性があるらしく、組み合わせによっては、
今回の僕のFORZAのように浮上すらままならないハンチング状態から抜け出せないみたいなんですよね。




で。今日!

dear (1)

朝も、午後からも、私用があってフライトには行けない感じだったのですが、午後からの用事の前に、むりやり450、3台。
FORZA GOBLIN380 X3 を車にほうりこんで、小一時間飛ばしてきました。


dear (5)
dear (2)

いざ!!


結果は・・・・・・



ジャイロ感度62%から始めました。

浮上手前で、鬼ハンチング発動 浮上さえ出来ません。



やっぱり無理か・・・・・・・・・・



と、なかばあきらめつつ。ゲインを23%位に、下げて再テスト。




お、、今度はテールがゆらゆら、揺れるものの、飛べないほどじゃない!!

やった! 浮きましたw(そんなレベルかよw)

その後色々試すも、ノーマル・スタントとも綺麗に、テールが治まることは無いものの、ワグ程度までは治まってきました。
感度も、下げて行っても酷くなっていきますw 逆に少し上げた28%位で、スタントでは一番ましな感じに。


もう少し、色々パラメーターも弄っていけばなんとかなるかも! で、次回に繋がりそうです。



同じくニューロンジャイロのGOBLIN380。
こちらはまったく問題なし。
現在感度63%位ですが、ノーマル、スタントとも、まったくハンチング出ていません。

時間も無く、寒さで、調整と呼べるようなことは出来ませんでしたけど、

ニューロンジャイロの初見ですが。
デフォルトパラメーターで、プロポの調整も全然煮詰まって無い状態での感想です。

なんとなく、機械的な感じがしました。
特にエルロン・エレベーター方向の制御感が強く、機械的な動きになってました。
このへんは、調整で味付け変えられるとは思うんですけど。

また、フリップ系は結構その場でクルクル綺麗に回しやすい感じでしたね。

全体的に、制御感が強く、自然な感じのジャイロでは無いのかも知れません。
あくまで初見の感想です。


これから詰めていってどこまで、自分に合うか? 楽しみです。

とりあえず、なんとかなりそうかなーーー。良かったw
















Parent category:RCヘリ Category:FORZA450コメント:6トラックバック:0
22:14:43
リポバッテリーの安全対策 充電編


前回のリポ管理の記事は、保管庫の考察として、リポ保管時の入れ物を考えて対処しました。


今回は、一番、発火事故が起きている、リポの充電時の安全対策を考えてみます。

まず、リポ充電時で、発火する恐れがあるのが、充電方法の間違いです。
これは、リポなのに、ニッカド充電方式で充電してしまったとか・・・・・。
本来流してはいけないような電圧を流すことになるので、発火してしまうのも頷けます。

なので、正直、そういう間違いを起こさなければ、そうそうリポなんて発火するもんじゃない!
と、内心そう思っていました。

が、、、しかし、近年、お近くのブロ友さんの間でも、チラホラ発火事故を聞くようになって来たんです。


そこで大きい事故を起こす前に、ここらで僕も真剣に、安全対策に乗り出してみようと思った次第です。


充電時が一番あぶないわけですから、基本的に目を離さずに、自分がその場所にいるときだけ
充電するのが、なによりもまず大切だと思います。

それを基本としますが、その上で、さらに1つ2つ、安全対策をしたいです。

まず、考えついたのが、充電してる時に、リポを耐火リポバックに入れながら充電するということ。
bb.jpg


これは実践されてる方は多いと思います。

僕もたまに目を離す時は、入れながら充電してたりしました。

でも、前回の記事でmasakiさんから、こんなコメントを
「自分も一度やらかした事あります。
6S 1350mahを2Cバランス充電中、目を離した隙に爆発したらしくフローリングと壁が焦げて大変な事になってました。
壁は焦げるわ部屋中煙&ススだらけでもう生きた心地しなかったです。
それ以来金属缶の中で充電するようになりました。 因みに爆発時はリポバッグの中で充電していたのですが、全く意味を為さなかったです。」

そりゃそうでしょう、もう生きた心地しないですよねーーそんなんなったら。
僕なら一生家の中で充電させてもらえなくなりそうです。。。


ということで、リポバックではなくて、もっと安全で強固なBOXが必要です。

kk.jpg

やはりスチールBOXが一番でしょう。
まだ購入してませんが、こういうスチール工具箱の横に、配線穴を開けて、充電しようと思います。
しっかりロックが掛るものを選べば万が一の爆発時でも、蓋が飛ぶ事も無くかなり延焼を防いでくれるはず。


そんなことを考えている時に、ふと気が付きました。


いや、待てよ・・・・・・。
そもそも論だよ。
爆発発火時の安全対策ももちろん重要だけど、そもそも、発火させないことが
まず大事なんじゃないか!?
イヤイヤ、イマサラキガツイタカ!? www


リポの特性をもう一度、調べ直してみました。

基本的に、発火爆発するってことは異常燃焼して燃えるわけですから、
温度管理が重要ってことになります。
そして、わかったことがあるのですが、リポバッテリーというのは、通常使用ではほとんど発熱しないってこと。

「抜粋」
まず最初に、リチウム系電池は基本的に「熱くならないモノ」とお考えください。
これはリチウム系電池の動作原理として、「化学反応を伴わないので反応熱による熱収支がない」ことに加えて、内部抵抗がニッケル水素電池よりも大幅に小さくなっていることによるものです。
リチウムポリマー系や、それ以前から販売されているA123などリチウムフェライト系のセルは、電極素材の改良によって内部抵抗が大変低くなっているため、内部抵抗による発熱が非常に少なくなっています。

気温25度、無送風の条件下で、35Aレートで満充電からカラまで一気にフル放電しても、放電終了時のバッテリー表面温度が43~45度までしか上昇しません。(例)

この記事をお読みのアナタが、リチウム系バッテリーを運用している際に、充電であろうと放電であろうと「熱い!」と感じたら、異常な状態になっている可能性を考慮し、速やかに安全を確保してほしい、ということです

最新のリポは充電レート上限が3~5C(定格容量の3~5倍の電流値)まで改良されており、充電レートが過大で発熱なんてことは、まず起こりません。にもかかわらず「異常な発熱」が起こるとしたら、充電時なら「充電モード間違いで過充電」とか、放電なら「モーターやアンプの焼損に伴うショート」とか、「バッテリーの物理的な破損(衝撃で変形)」とか、そういった異常が考えられます。

また、空モノ、特にバッテリーへの要求が全RCジャンルの中でも最も厳しい「電動ヘリコプター」でリチウムポリマー電池をお使いの場合は、「過負荷」にも要注意です。ヘリの場合、ローターの風で冷やされるのでなかなか気づかないこともあろうかと思いますが、膨らむほどの過負荷を受けたセルは、飛行直後にはかなり熱を帯びているはずです。「発熱」=「酷使し過ぎ」と理解して頂いて、人肌くらいまでの温度上昇の範囲内で容量を使い切れるような負荷設定をお考えになってみてください。

「以上ここまで」


いやーー、完全に安易に考えてましたわ。
ヘリやジェット飛ばして、リポ チンチンに熱いなんてよくありましたw

普通に使っていればほとんど熱くならない、熱くなること自体が、異常のサインだったんですねー。


通常使用では、25度~50度 までが許容範囲。
50度越えると要注意で、70度から発火の恐れがあるみたいです。


そこで、さらに気が付きました!
そういや、最近の普通の充電器ならば、大概、温度センサーって対応になってるはず。
安全対策で設定温度になったら、充電をストップする機能です。

そもそも、充電時に発火するったって、異常燃焼が始まって温度が上がって来た時に、充電(送電)を
止めれば、発火するまでには至らないはず!!


気が付くの遅せーーーwwwww


我が家の充電器です。


ハイペリオン1420
14.jpg

おもに飛行場での、大型バッテリーの充電用。


ハイテック X4
4_201602172114351cb.jpg

飛行場での、2,3セルや、6セル1300クラス位までの充電用。
4個同時に充電できるので、重宝します。


ハイテック X2
2_20160217211433035.jpg
家での充電用。
2個同時いけて、ACでありながら最大100Wいける。(2系統の合計で100W)


これらすべてに、温度センサー機能がついてました。


早速、センサーを調達。

sdeght (1)

sdeght (2)



ハイテックはこんなやつです。

sdeght (3)

カットが入る温度を設定します。

eee.jpg


45度で設定しておきました。
(事前に、きちんと機能するか、低い温度で確かめて見たほうがいいですね。まだやってませんけど。)
かるく試験。
sdeght (4)

バッテリーにセンサーを取り付けて、
充電開始。

sdeght (6)

sdeght (5)

(B ポートで充電中)
上のExt.Tempがバッテリー温度です。
下のInt.Tempは充電器の内部温度。

どうやら正常に作動してそうです。


ハイペリの方も、専用センサー取り付け。
sdeght (7)

まだ、きちんとしたテスト必要ですけど、
とりあえず
これで、かなりリポの充電中の発火事故は防げるのではないのでしょうか!?

(まぁ、たぶん僕が気が付くの遅いだけで、皆さんもう実践されてますかね? 笑)


これに、充電時、スチールケースに入れながら充電したら完璧じゃね? wwww



ということで、皆さま。
安全なリポ管理に気をつけてくださいねーー!
くれぐれも家を燃やさないようにw





21:07:55
ジャイロ積み込みの手前まできていたGOBLIN700

kigbu (1)


最初、マイクロビーストプラス でいこうと思っていましたが、

kigbu (2)


やっぱりやめて・・・・


こちらも2台目


dtfjy (1)

Accutec GH-57 ジャイロ 搭載を決めました。

まだ実際の飛び味を味わってはいないのですが、3Dでは評判が良いことと、なにより
設定がしやすく、「明確」 これにつきるかも。
特に失敗の許されない大型機。
不安な要素は残したくないです。


dtfjy (2)


このメタルケースがかっこいい!
また、本体にBluetoothが内臓されているので、このまま本体のみで、スマホなどで調整出来るのもポイント
高いです。飛行場ではめっちゃ便利。
本設定をPCで、確実にこなして、 パラメーター調整・セッティングを現地で、飛ばして確認しながら、スマホで弄るのがおススメです!

他のジャイロでも、Bluetooth対応は多いけど、大概モジュール別で付けなきゃならないんですよね。
いちいち他の機体に付け替えるの面倒で、結局1台に1個モジュール付けぱなしにしてましたw


kigbu (3)

kigbu (4)


こちらも、今回2回目なんで、スムーズに設定終了です!


kigbu (5)


kigbu (6)
kigbu (8)

GOBLIN 700 COMPETITION 完成~!
あとはテスト飛行っす。


kigbu (9)
kigbu (10)


記念に我が家のGOBLIN3兄弟w

15:50:52
前に、ニューロンジャイロに積み替えたFORZA450

tghkmjjnfdx (17)


鬼ハンチングに見舞われて、浮上すらままならず・・・・・・・。

その後、色々アドバイス頂いたので、試してみました。

・ラダーサーボの周波数を333から200に変更して試してみました。
が、これは変化なし。
・ジャイロ感度が60%台が意外に安定するよ、とのアドバイスもあったので、
これも試してみましたが、駄目。
・一度、ジャイロをファーム入れ直して、設定も1からやり直しましたが・・・これも駄目。

結局、何をやっても、駄目です。


もう、頭にきました!∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!


tghkmjjnfdx (1)


ニューロンジャイロ 2個目購入ですw

dtfjy (3)

これで、この3台使って、色々使いまわしてっやって、試してみようと思いました。


まず手始めに、GOBLIN380に積んでみます。

dtfjy (4)

ついでにプロポもXG14から18SZに切り替え。

dtfjy (9)

dtfjy (8)


ひととおり、設定。
一度やってるので、今回は設定自体はスムーズに進行。

さぁ!テスト!と、張り切るも、外は季節外れの雨・・・・・・・・

えぇーーい、ならガレージでやるまでよw

dtfjy (7)

dtfjy (6)


ジャイロ感度はとりあえず61%からテストしてみました。




結果は・・・・・・



OK!



やった! 普通に飛びました。
感度61%でも、特にハンチングも無しです。
場所が狭いので、とりあえず、普通に浮上できることが確認出来ただけですが、いやーー良かった!
これで、同じ症状ならどうしようかと思いましたよwww



さて、FORZAとの違いです。

スワッシュサーボは同じKST215MGですが、ラダーは、FORZAがKST515なのに対して、GOBがKST565
です。

以前、masakiさんに、このジャイロは、結構ラダーサーボとの相性問題があるよーと教えてもらいました。
おそらく、FORZAは、このラダーサーボの相性が悪いんでしょうねー。

とりあえず、今度はFORZAのラダーサーボ変更して、テストしてみます。

同じ、KST565を仕入れて入れ替えたいんだけど、このサーボは6V以下では作動が不安定になるって注意書きがあります。
たしか、FORZAのアンプ6VがMAXの出力でした。
このギリな感じで大丈夫だろうか?

それとも・・
アンプを変えるか?
もしくは、違うサーボを試してみるか・・・?

















21:36:51
どうも皆さまこんばんわ。

唐突ですが、皆さんは増えすぎたリポバッテリー、どうしてますか?


僕はこういう
アルミケースにしまっていたんですが。

ugfoo (6)


飛行場持ってく時には、その時いる物をバックにつめて。
ugfoo (7)
仕切り付いていて使いやすいバックですが、これはかなり薄いです。
ほんとに耐火バックなのか?ってくらいwww


リポは以前より、安全性に対してシビアなとこがあり、使用方法を間違えると発火の恐れがある
怖いバッテリーです。
とは言っても、まぁ普通に使ってる分には問題無いでしょう。。。。。と最初の頃は
タカをくくってました。充電方法を間違えるとか、強い衝撃を与えないかぎり・・・・・・・。

しかし! ここ数年で、よく拝見させてもらってるブロガーさんでも、発火騒ぎが数件おきており、
それも、間違っていない通常の使い方で・・・・・。
(いずれも充電中の発火でした。充電方法は間違っていません。 少し古く劣化進んだバッテリーで中華性。)

充電中は、あらためて目を離せないなと、思い直した次第です。


保管中に発火したとかは、めったに聞いた事がないのですが・・・・・・・・

我が家のリポです。
ugfoo (8)

ugfoo (9)

増えすぎたリポを前に、ちょっと怖くなってきましたw
これでも、古い物は結構処分したんですけど・・・汗
こんなのが、夜中に部屋から出火したら、まさしく洒落になりません。




前から、アルミケース自体は熱に弱いので、ずっと不安におもっていたんですよ。
そこで、今回本格的にリポの保管庫を探しました。


で、いいもん見っけました!


これです。

ugfoo (1)
サイズ (長さ)401mm×(幅)323mm×(高さ)305mm
容量39L 

結構大きめでガッチリした、スチールBOXです。(鍵付きw)

ugfoo (2)


中はこんな感じ。

これは何かって??

なんんと! HONDA純正部品ですw

ugfoo (3)

カブとかのバイクの後ろに取り付けるスチールBOXですねw
社外品もあったんですが、HONDA純正はスチールの厚みがあって頑丈だって、レビューもあったんでこっちにしました。


ugfoo (4)


これは、不燃石膏ボード。
どこのご家庭の壁や天井に貼ってあるやつです。(クロスの下地ね)
用意できなかったら、何処かの壁を剥がしましょうw

これを、底にだけ貼りました。
ugfoo (5)


前面囲おうかとも思いましたが、リポバッグに入れて、この中に保管するんで、これで大丈夫でしょうってことでOKっす。


ugfoo (10)


カテゴリー別に分けて、収納しました。

ugfoo (11)


完了です!
飛ばしに行く時に、その時に必要なバッテリーだけ、ここからEAバックに入れて出発!

これで、少しは安全になりました。


19:14:00
GOBLIN 700 C の製作の続きです


ojkn (16)


次は、バッテリーの搭載確認。
ESC・バッテリーの配線の半田付け、になります。


今回使うバッテリーはこちら。
ojkn (17)
比較的安めのバッテリーですが、そこそこの品質だし。とりあえず使うには十分使えます。
6セル 5200mah × 2 本 ね。

6セルが22.2V ボルトなんで、それが2本になると・・・・・・・・・・
44.4V ボルト!!12セル。

なんだよそれ、普通に生活していたら、一生聞かない単位の直流だわw


だからこそ、万が一ショートさせた時は、半端無いくらい、恐ろしい破壊力らしい・・・・・こえぇーーーー汗

なので、プラグ類も確かな物を選びました。

ojkn (18)

「SUPRA X」 プラグ界のベンツですなw
色分けした方が間違い無さそうだったので、このタイプをチョイス。


さて?



12セルの直結の仕方ってどうやるんだろう??
ふと悩みます。

とりあえず、配線図を引いてみた!

ojkn (19)

(高スペックな人力CADを使いましたw)

おそらくこんな感じでの接続になるんだろう。。。
ようは、バッテリー2個を直流で繋げて、そのままESCに行けば良い・・・・・たぶん。


そこで、もう少し詳しく図面を書きなおす。

ojkn (20)


このようなプラグの接続にしてやれば、逆接続も無く、いいんでわ。と考えました。


が、しかし。


僕が容易したプラグは1個づつフリーなタイプだし。
バッテリーの配線を1個は延長してやる必要が出てきます。


なので、バッテリーはとりあえず、普通に配線
ojkn (22)

2個とも普通にしないと、余計に間違える可能性があるため。

ojkn (21)

ESCもプラグがバラタイプだったので、そのまま直に差すことにしました。


ojkn (23)

バッテリーをこんな感じで、配置するので、延長コードが必要になります。


ojkn (24)

こうなりました!

手前側の+赤はそのままESCへ。
奥側のー黒は延長黒繋いで、ESCへ。
バッテリー1 の黒とバッテリー2のを接続。そのタイプのコードプラグだけオレンジのカプラに。



ojkn (25)

ojkn (27)


バッテリーセット完了。

ojkn (28)



ojkn (29)


700C 専用バッテリーになりましたが、へたに色々使いまわしても間違えそうなんで、よしとします。
ちなみに、保管時はオレンジのコードを繋げておけば、ショート対策になる? なるよね?
それで保管しておきます。
バラプラグなんで、そのまま+-繋げれちゃうんですよ(汗)



ojkn (33)


機体にはJRのEスイッチを取り付けました。


ojkn (34)

受信機用バッテリーは薄型をチョイス。

ojkn (35)

機体フレーム裏に綺麗に収まります。


ojkn (32)

テールもKSCスタイルに変更しました。


ojkn (36)


おぉーやっぱりかっこいい!!

ojkn (38)


うんうん、いい感じに納まりそうです!


ojkn (30)


21:48:18
GOBLIN 700 COMPETITION 製作開始


ojkn (39)


いよいよGOBLIN700 C の製作に着手しました。
とは言っても、おもにメカ積みになります。

現在進行中で、コンプしていないプロジェクトが多数乱立しています・・・・・汗

・GAUI X3 テール改修 ハンチング対策 = テストフライト待ち
・FORZA450 大幅な組み直し。ニューロンジャイロテスト 難航中 =テストフライト待ち
・GOBLIN380 ジャイロ入れ替え = 考え中
・GAUI NX7  修理後 慣らしフライト = テストフライト待ち
・T-REX600N   エンジンオーバーホール・配管交換 = 予定
・GOBLIN700 C 製作メカ積み = 現在作業中

こんな感じw

なんせ、天候・時期的に中々落ち着いてフライト出来ないので、製作の方に没頭してしまいます。


ojkn (12)



ojkn (13)

各機関部も、チェックとメンテです。
ワンウェイグリスアップして、このプーリーにガタが出ていたので、シム追加して、ガタ取しました。


ojkn (14)


ALIGN 815サーボ組み込み。


モーターもALIGN 850MXなんですが、シャフトが長いのでカットします。
ojkn (1)
ojkn (2)



工具は何処のお家庭にも一台はある、ディスクグラインダーを使用。
ojkn (3)


ojkn (6)

 
シャフトのキー溝加工は卓上番が便利なんだけど、いつのまにか刃が欠けてて今回は使えなかったです。


ojkn (4)


モーター内部に切り粉が入り込まないように、がっちり養生します。
シャフトカット位置とキー溝位置を書き込み。

ojkn (5)
それにあわせて、マスキングして、カットに入ります。

ojkn (8)


ojkn (9)


こんな感じで、切り始めたら3分とかかりませんw
サクっと終了~


ojkn (11)
ojkn (10)


合わせてみました。ジャストサイズです!


ojkn (15)


モーター搭載まで完了です。

次回は苦手な半田作業の連続です・・・・orz

21:03:56
FORZA550 発売日と価格





新たなリーク情報を入手しました。

お仲間さんN氏が、JR社員とのお話で、入手した情報です。
まだ決定事項では無いので、あくまで雑談で出たような、噂程度に受け止めて下さいね




その情報とは!!




発売時期と、気になるその価格です!!






まずその発売時期は、およそ7月位! 
うん、うん、楽しみに待てますなぁ~


そして、価格は・・・・・・・・・・・・・




























・・・・・・・・・・・・・


















JRさん曰く「おそらく、FORZA700に近い価格になりそうです・・・・・・・」って・・・・・

て、(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!

もしそれが本当なら・・・・・かなりショックです・・・・・・買えないっすよ~泣


そのラインで予想すると、FORZA550 キットで9万前後  フルコンボで(メカ構成によりますけど)20万前後~25万

そんな感じになるんでないでしょうか。

うーーん、出来ればキットで6~7万位。 フルコンボでも12万前後  せめてこのくらいにしてほしいぃぃ!! 


皆さん、やきもきしながら、正式発表を待ちましょうw


最後に「通りすがり」さんから、FORZA550の画像情報頂いたので、最後にそれを眺めつつ・・・・・・
2ros0b6.jpg


2uypyzc.jpg

2efq1kg.jpg

hwyezl.jpg

12640362_1087952247915850_622655759040961192_o.jpg

2uyneaf.jpg

12622509_1087952491249159_3180839756203058809_o.jpg


ハァ~溜息・・・・w

最新記事
プロフィール

テツテツ32

Author:テツテツ32
テツテツのポケット・・・・・・RCヘリ・ATV・スケールクローラー・GUN・FPS・カスタム・アウトドア・・・・etc
どうやら、奥深く宇宙は広がっているようです。。。
しばし現実を忘れて、宇宙遊泳といきますか。。。(* ̄ρ ̄)”

カテゴリ
DRX (3)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。