私しテツテツのポケットの中の宇宙へようこそ! さてさて・・・このポケットの中には何が広がっているんでしょうか。気の向くまま心の揺れるまま、遊びを追求していくブログです。
2015/12«│ 2016/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2016/02
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
18:18:05
EZNOV NEURON ジャイロ

今組み直したFORZA450に、入れてみようと思ったジャイロです。

tghkmjjnfdx (1)

簡単な特徴を言いますと、飛行機・マルチ・ヘリ すべて対応するジャイロ。
9軸とか言ってるけど、僕にはよくわかりませんw
飛行機やマルチから見ると、もっと安くて良いジャイロはあるので、あまり魅力を感じませんが、
ヘリにしては、比較的安くて、なによりレスキューモードがあるんですよねー。
練習特攻機には最適かと思って導入してみました。

セットアップが簡単と言われているジャイロですが、当然のごとくすべて英語です・・・・・・・


詳しいセットアップ方法など、KUBさんの「なんとかしなきゃね」ブログに掲載されてますので、
興味ある方はチェックしてみてください。
僕も色々教えて頂きました!


tghkmjjnfdx (2)

箱の中に入ってるマニュアルはこの配線図のみ!
なんとも潔いw

tghkmjjnfdx (3)


今のバージョンで、レスキューモードを8chに振り分ける事が出来るようになったみたいなので、
tghkmjjnfdx (4)
8chを用意しました。

tghkmjjnfdx (10)


確かにそんなに悩むこともなく、設定は進みました。
ただ、途中で、他の設定値を入力時に「スロットを10%以下にしろ」みたいな警告文が出てきて、一瞬何んのことか
わからんかったけど、KUBさんのとこ見て解決。
ホールドにでもして、スロットが上がらないようにしとけばOKでした。

gjh (5)


あらかた設定は終わったので、家の前で正常に浮くかどうかだけテストしました。
細かいことは飛行場で。

簡単に考えていたのですが・・・・・


なんとーー!  鬼ハンチング発動です。



ここから泥沼でした・・・・・


ジャイロゲイン下げるが、一向に治まらない。。。。

30%  最後は10%とかやってみるけど駄目。
逆に上げて見て見るけど、なおさら駄目。


これは機体の問題か!?
と、とりあえず、テールボディやめて、ノーマルに戻してしっかりテールを支えてみる。

gjh (6)


これでどうじゃーー!
と、テストするも駄目。

ローターのバランスを取り直したり、ベルトの張り具合を変えても駄目。
ヘッド一式もシャフトも、ギアもベルトも、テール一式も新品です。

ローターの締め具合も変えてみても駄目。


gjh (1)

プロポとジャイロの画面見つつ、ジャイロ感度変更してみたけど、正常にジャイロ側には反映されています。

gjh (2)

ならば、P I D のジャイロ感度。
主に変更してるのはPゲインなんだけど、IやDが強すぎてもハンチング起きるので、(画像は数値違うけど)
P30% I Dともに20%まで下げてみてテストしてみたけど、
特に変化なし 鬼ハンチングしてます

その下の「Asymmetry]ていう項目は何なんですかね?
ここの数値は変えて見てないけど・・・・・・。

gjh (3)


サーボの周波数など細かく変更するとこなのかな?
ラダーテールが1482us と 440us
とデフォルトでなってますが、

gjh (4)


ラダーサーボのスペック表を見ると、800us-2200usって書いてあるんだけど、この辺て
なにか関係あるのかなー??


うーーん、ハンチングの原因がわかりません。

お手上げです・・・・・・・・


あとやれることは何かと考えて
ジャイロテープを他の物に変更してみました。
そこで時間切れで、そのテストはまだ出来てませんが。


あ、そうそう、ゲイン30%位が一番ハンチング少なく、それ以上低くしても、余計に悪くなる感じです。
また、ラダーのニュートラル合わせるのに、ヘッドロックじゃなくて、ノーマルで飛ばすと、ゲイン30%くらいで、
ハンチング出ないんです。
そこでヘッドロックにすると、ハンチングする・・・・・

もうーなんじゃこりゃ?

(途中から文字がデカくなったまま戻らなくなりましたw
面倒なんでそのままアップしています。ご了承ください)


スポンサーサイト

11:27:40
FORZA450 再生化計画


kjbj (1)


さてさて、今回はFORZA450のお話です。

僕のFOR450君。
最初は3セルFORZAだったのを、6セルが発売された時に6セル化した物です。
FORZA 3セルに360ローターで飛ばしていたのですが、その時は最高でした。
浮きの良さと、その飛ばしやすさで、凄く気に入ってたんです。
その時の唯一の欠点が、無理してる分バッテリー消費が激しく、非常に飛行時間が短かったこと。
6セルが発売された時に、その辺が改善されるかと、かなりの期待をして、モーター付きキットを即購入。

そのキットからモーターだけを、今の3セル機に移植して6セル仕様にしました。

しかし、それからです。
なんだか、全然上手く仕上がらず・・・・・・調子が悪い。
色々、ジャイロをかえたり、ピニオン変えたりしましたが、どうも手に馴染まないんです。

kjbj (2)
kjbj (3)


そこで、今回はALLリセットのつもりで、FORZA450をほぼ最初から組み直すことにしました。
メカなどの構成も変更して、作り直してみます。
FORZA450はパーツ代も安いし、素性は良いので、嵌れば練習機として最高なんですよね。

kjbj (4)


バラシ始めました。
今回は、メカではモーター、アンプ。 機体側はスキッドや、ちょっとした部品などを
除いて、新しいキット、メカで組みます。


kjbj (5)



30分くらいでバラバラですwww
(450はやっぱり弄るの楽でいいw)

kjbj (6)

ラダーサーボはKST 515に。(在庫品)
マウントをOPのELG01用のマウントを使用すれば問題無く搭載出来ます。


kjbj (7)


スワッシュサーボはKST215 

kjbj (8)

これを組み込み。

メタルサーボマウントは現行機からの移植。
ここはOP品のメタルの方が、間違い無くガッチリしますね。メインシャフトとの重要なパーツなんで。

ホーンはオレンジホーンで行くつもりでしたが、ホーンにリンクボールをねじ込んでる最中に2個割れました。
緩すぎない程度に下穴開けてるんですが、割れました。
他ので作りなおそうと思ったのですが、簡単に割れすぎるのもちょっと不安になり、
今回は、オレンジホーンのアームを切り取って、そこに、アジャスタブルホーンを取り付けました。

これだとサーボ逝く可能性がありますが、とりあえずやってみます。
墜落で即サーボ逝きそうだったら、オレンジホーンに戻します。ただ、ちょっと短いんですよねオレンジホーン。


tghkmjjnfdx (5)


組みあがりました。

tghkmjjnfdx (1)

今回は初の取り組みで、ニューロンてジャイロを使ってみます。
おフランスのジャイロで、レスキューモードなどを装備しているのが特徴です。
(ジャイロのお話はまた次回)

tghkmjjnfdx (4)

8ch受信機を使いたかったので、手持ちであったフタバにしました。
最初JRでいこうと思ったけど、在庫は6chしか無かった。
でも、良い機会なんで、フタバでのヘリ設定に慣れる練習も兼ねて。


tghkmjjnfdx (6)



一通り設定も済ませて、とりあえず完成です。

tghkmjjnfdx (17)

あとは、テストと調整ですねー。
はやく行きたいけど、それが中々難しいそうです・・・・orz






Parent category:RCヘリ Category:FORZA450コメント:2トラックバック:0
17:29:35
前々回・・・・いや、その結構前から、テールハンチングが出だしていたX3.
tghkmjjnfdx (12)

見て見ぬふりをしてましたw

もういい加減手を入れないとーということで、原因を考えますが・・・・・・・

うーーん、よくわからん。キリ

というか、こういう何処が悪いのかわからないような、調子の崩すの苦手ですw

とりあえず。
tghkmjjnfdx (14)
ガタのあるとこを探しました。

すると、気持ちですが、テールシャフトの軸受部がガタがあるような感じがします。
このテールケースは樹脂なんで、摩耗でガタが出始めたのでしょうか?
軽量でいいんですけどねー。

そこでOP品のメタルテールケースを奢ってやることにしました。
tghkmjjnfdx (15)
tghkmjjnfdx (16)

見た目は良くなりましたw
これで直っていれば良いのですが・・・・・(しかし、このパーツで4700エン・・・・・高いスギちゃんだよー)



kjbj (16)

kjbj (19)

こちらは、この間のフライトで、久しぶりに飛ばした380.
あいかわらずエェー飛びします!

しかし、こちらもテールハンチングしてるんですよねー。
380は組み上げた当初からです。

ジャイロはX3 MB 380 MBプラス
ちなみにFORZA450もジャイロをMBパチ物に変えてからテールハンチングに悩まされるように
なりました。

僕個人の話なんですが、450サイズにマイクロビーストのジャイロの組み合わせは、結構な確率でテールハンチング
に襲われてます。
感度を20%前後代まで下げないと治まりません。

僕の何かの設定が悪いのでしょうか?
でも、X3は最初の頃は普通に大丈夫でしたけど。














Parent category:RCヘリ Category:GAUI X3コメント:2トラックバック:0
2016/01/28
15:23:34
FORZA 550


10294265_942794809102105_2148443617383480207_n_201601281518562df.jpg


JR さんとこのFBに上がってましたねーー。
少し前に、お仲間さんN氏が、JRに他の用件で電話した時に、「FORZA550開発中です」と、教えてもらったって
言ってましたが、いよいよ画像とか出てきましたね!

中身を見たいとこです。

みなさん、待ちに待ったFORZA550ってとこでしょうねー!
僕はE6あるんで、少し様子見・・・・・・・・・・
とか言って、また買っちゃうんだろうなーw

2016/01/27
23:15:12
tghkmjjnfdx (8)


西武百貨店から何やら荷物が届いたよ~





何々中身は~?





tghkmjjnfdx (9)


NX7のパーツだったw
最近の百貨店は、ヘリのパーツも置くようになったのねーーwwwwwwww
ンナワケネェー

スキッドと保険でスピンドルも一緒に。
このスピンドルで450のメインシャフトくらいのサイズだってのはナイショw


tghkmjjnfdx (11)

マフラーをがっちり締め直して、他もチェック。
そしたらサーボの取り付けボルト1か所も緩んでいたのを発見!!アブネー。
「怪我の功名」  あのまま飛んでて、サーボ外れてたら大惨事になってたので、
結果オーライってことですな!!

あと、ジャイロで少し気になったとこあったので、ちょっと修正して完了~♪
まだ回してないので、スピンドル曲がってないか一抹の不安はありますが、あとは現地でチェックだなー。


うんうん。やっぱり、かっこいい~ね~






Parent category:RCヘリ Category:GAUI NX7コメント:0トラックバック:0
21:02:11
NX7 初飛行~撃沈!!


えぇ、衝撃的なタイトルですよ・・・・・・・・。



NX7、初フライト行ってきました。
巷では、大寒波が来てるとか言ってますが、ナニカ?
こちとら、例年毎日 大寒波ですが!? (-.-)p”
kjbj (15)

この日の気温ー16度ですw

kjbj (14)

動画は無いす。画像も少ないです。
寒くて余裕がないす・・・・・。


そんななか!!
はりきって、NX7の初フライト!!


がんばって、ブレークイン(エンジンの慣らし)を終わらせたい!


と、意気込んではいたものの・・・・・・


まず最初に、エンジンが掛らない・・・・。
いや、正確には、スターターがクランクを回せない・・・。
あまりの寒さで、バッテリーが弱って回せないぽい。

いろいろ他のバッテリーで試したけど駄目で、でも、どうしても飛ばしたかったので、
一度家に帰り、12Vのバッテリーやケーブル。他のスターターなども用意して飛行場に帰ってきました。
12Vの鉛バッテリーから回したら、無事にクランク回せるように。

何回か回して、ようやくエンジンが掛ったーー!


いざフライト。


無事に飛びたち。感触を確かめつつ、ホバリング。。。。

3分位たった頃でしょうか・・・・。













kjbj (20)
撃沈~
。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。NO---!!




途中で、突然回転数が上がり始めました。
そのままオーバーレブするんじゃねぇ!?ってくらい。
慣らしも終わってないのにヤバイ。一緒にいたお仲間さんが、「マフラー取れかかってるー!」と叫んで教えてくれました。
急いで戻して、緊急着陸っす!
目の前で着陸させるころには、マフラーが、ぐらんぐらん暴れてます
オオオォォォ!!(ノ゚□゚)ノ

それでも一応落ち着いて着陸?
地上40cm位まできて、そこからはストンと降ろしました。
はやく降ろしたかったし、もういいだろうと・・・・・・・・・

これがミステイクだったーーー


ぽんっと地上に着陸。
すると、ボキっと片足が折れやがったーーーーー
立ちゴケみたいになり、ローターで1回だけだけど、地面を叩いちゃった。
ホールドもエンジンストップも入っていたので陀性だけど、運悪く、折れたスキッドを叩きました。

この日の気温を忘れてました。
一部始終を見ていた、皆さんもいちおうに口を揃えて、「そんなんでスキッド折れるのーー??」
てな感じの着陸と足折れでしたが、おそらく、寒過ぎて強化プラスティックもポッキリ逝きやすかったんでしょうねー。
kjbj (23)



kjbj (22)


kjbj (21)

このネジが弛んで外れかかってました。
おかしいなー、ちゃんと締めたつもりなんですが・・・・・。
早速エンジン機の洗礼を受けました




うぅぅぅ・・・・・・・
負けないもん・・・・・(TmT)ウゥゥ・・・



帰ってきてチェックしましたが、たぶん、スキッドの折れだけそうです。
kjbj (24)

ローターの先っちょが少し欠けましたが、表面のみなんで、瞬着で割れ防止して軽量パテで埋めました。
まだ回してないので、はっきりとは言えませんが、メインシャフト、スピンドルはたぶん大丈夫だと思います。

メインギアとピニオンとの噛み合わせがなんか渋い所が出ていたので、エンジンマウントのネジを緩めて、手でギアをスムーズに回るようになるまで回し、回るようになった所で再固定しました。




被害が少なさそうで良かったです・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・でも、くやしーーー。 もっと飛ばしたかった。









Parent category:RCヘリ Category:GAUI NX7コメント:4トラックバック:0
2016/01/20
18:18:21
開脚




aab9e_234_90d2ae3f_a71de097.jpg



開脚


img_4.jpg





違った、開局。


dethtu (13)


やっと、きましたー。色々動き始めてから、ここまで中々長かったです。

早速~

ijbu (3)
ペタ


VORTEXを何処に貼ろうか迷ったのですが、送信機がフレーム内なので、簡単に見えないので・・・・。
hk,fyt (11)
フレームの裏も考えましたが、ハードランディングを繰り返してるうちに、シールがボロボロになりそうなので、
ここにしました。

hk,fyt (14)
hk,fyt (13)


KYLINちゃんにも。

hk,fyt (12)


最近出番が無い、DISCOにも。

hk,fyt (10)



これで、やっと、電波ゴリ出せますw




hk,fyt (9)
そうそう、かなりいい感じに仕上がってる、 TBS DISCOVERY PRO
なんですが、僕自身あまり空撮とかには興味無いので、ここんとこ全然出番が無いんです。
そこで、機体整理で手放そうかとも考えてます。

もし、興味がある方がいらっしゃいましたら、内緒コメでも良いのでご一報下さい。



18:35:06
いやーー寒い!!

昨日はマイナス16度ですよ!だんな!
なんのやる気も失せます。


ということで、寒さに負けずに飛ばせるように、プロポヒーターを新調しました。

ijbu (1)


前に飛ばしに行った時に、Nさんが使ってたやつなんです。
これいいよー、と言われて、即購入w


僕が今まで使っていたのは、これ。
ijbu (6)
ミニスポットヒーター。
これ、かなり暖かい。いや熱すぎくらいwww
欠点は重い嵩張る。なかでも致命的なのは、電気食いすぎるんです。
3セル3300でも、6~7分しかもたない。
ヘリの充電よりこっちの充電の方が忙しかったりします(爆


それで、低燃費で暖かいの探していたんです。

ijbu (2)


中身はこんな感じ。
熱線を温めるタイプで、よくバイクとかのグリップヒーターとかに使われる感じのやつです。
それに30度~80度まで調整可能なコントローラー付き。
Nさんのお話によれば、40~50で十分暖かいし、バッテリーの持ちも全然いいらしいんです。
3セル2200でも、数フライトいけるみたいです。


ijbu (4)
最初はワニ口クリップ付いていたのでコネクターを変更して、バッテリーから取れるように変更。

ijbu (7)

これで、次回のフライトは暖かいはずだぜー!








21:03:27
航空法を意識しいてか、知らずか・・・・・・
ミニドローン レーサーを購入。。。。。














て、こんな おもちゃねw
ijbu (8)
悟空GOCOO X-POTERていうらしい。

それもネットとかでも無く、ドンキホーテでw
たまたま買物行った時に目に入って、暇つぶしに購入。
たしか2980円とか、そんなくらい。

全然期待してなかったんだけど、これが、また良く飛ぶんで、驚いた。


ijbu (9)


こんなちっこいの。
ガード付きなんで、傷つけたり、安全面も良い。
軽いから壊れにくそう。
6軸で、安定度抜群。(ちょっと練習すれば子供でも飛ばせそう。)
そのくせ、結構走る。
スピードも2段階あり。
ワンボタンで、縦、横 フリップ可能。
プロポはモード1,2切り替え可能。


なんか、至れり尽くせりwww


難があるとすれば、プロポかなー。
モード切り替えは毎回する必要がある。(単純なんで、慣れれば苦では無い)
スティックがバリ堅スプリング入りw
小ささもあいまって、操作しづらいたらありゃしない。。。。
これで、繊細なスティック操作するのは、かなり大変。
ある意味 「ドローン強制ギプス」みたいな感じだねw
これで普通に飛ばせるようになってから、通常のプロポ、機体を操作すると、驚くほど
滑らかなスティックワークになってる・・・・・みたいなwww


動画ちょっと撮りました。


これでも、スピード遅いモード。ハイスピードにしたらまだ速いです。

しかし、良く飛ぶわ~
これが普通にドンキで売ってるおもちゃですよ。

この値段、このサイズで、この飛び。
数年前までは、考えられないですよ。
技術の進歩ってのは、想像以上に凄いスピードとレベルですね。















16:27:45
MMP Accutec GH-57 ジャイロ


今回初めて、この国産ジャイロを使ってみました。
今はあまりこのジャイロの情報など、少ない感じがしますので、僕が感じたことなど中心に紹介してみたいと
思います。

今回は、まだ実際のフライトしていないので、調整・設定まででのお話です。
また、セットアップは、このジャイロのPCでの設定が簡単なため、設定手順などの詳細は省き、
僕が個人的にわからなかったり、疑問に思ったことを、メーカーさんとのやりとり内容などを入れながら
書いてみました。



lkn (3)

・MMPさんとのお話させて頂いたなかで、おっしゃってた製品特長
<MMPさん 回答>
GH-57は、国産では初のV-BarやBeastXに対抗できる本格的ジャイロです。
これまでのジャイロと、最も大きく違う点はジャイロが常にスティックの動きを監視しており、機体のメカニカルゲインと併せて最適なコントロールを予測制御する点にあります。
つまり素早くスティックを動かした場合とゆっくりと動かした場合に、おかしな挙動が出ないようそれぞれに最適なコントロールを行っているので、非常に自然なコントロールが可能になります。

SETUPの手順は単純なこれまでの設定に加えて、スティックの稼働範囲とメカの可動範囲をジャイロにティーチング(教え込む)しています。
「パラメーターで調整をしても、もう一つしっくりこない」場合は、このティーチングの流れに問題がある場合がほとんどです。
テール、スワッシュの可動範囲がしっかりと設定され、プロポのスティック可動範囲(スワッシュチャンネル)がきっちりと±100%に設定されている状態であれば、素晴らしい飛びをご体感頂けると思います。
(もちろん、ローターとサーボの性能も重要ですが



設定
lkn (7)
スワッシュ・サーボホーンの水平だし。
レベラーをあてて、しっかり出しました。

lkn (8)

基本的に、ソフト側で、サーボホーンの中立位置やスワッシュ自体の傾きを調整することが可能です。
(すべてソフトで補正させるのではなく極力、リンケージなどハードを正確に合わせて、微調整のみソフトで合わせてやるほうが
よいと思います)

また、設定画面左側に、今出てるすべての項目に説明書きがありますので、「これはなんだろう?」とか、
悩む事も少なく、明確に設定しやすいです!


lkn (9)

lkn (10)

コレクティブピッチ(最大、最小 陀角)
僕は最大で12度とりました。ハードで12度とりましたが、実際飛行にはピッチカーブで+-11度で設定します。

画面右側
サイクリック設定

サイクリックを8度に合わせるよう求められます。これはきっちり8度合わせましょう。
これはサイクリックのキレ角を設定してるのでは無くて、1つの制御の基準として大事な設定ですので、8度に合わせることが
大事です。
マイクロビーストなども同じで、たまに、「おれはサイクリックを11度で合わせてやったぜー」とか、見かけたことが
ありますが、あれはおそらく間違いだと思います。
(もし、間違っていたらゴメンなさい)

lkn (11)



続いて、ガバナーモード

ガバナー自体が、僕はあまり理解していなっかたので、余計に設定に戸惑いました。

lkn (17)


ガバナーCHをAUX1で使用と、ジャイロの説明書では書いてました。
僕はJR使ってますので、通常AUX1はピッチです。
???になりました。

<質問=テツテツ>
・ガバナーセンサーのマグネット取り付け向きは?2個とも印上で良いですか?
・AUX1というのは、JRではピッチなんですが?
・NX7のギアレシオ(16T)8.18:1:4.71 どれを入力すれば良いですか?


<MMP=回答>
1.ガバナーセンサー用マグネットの取り付け方法
取り付けホールが2つあるタイプの場合は、それぞれ違った方向に取り付けて下さい。
片方が赤上方向であれば、もう片方は赤下向きに取り付けて下さい。
2.AUX1でコントロールするガバナー
「AUX1チャンネル」という呼称はジャイロ側から見たチャンネル名です。
JRのプロポのチャンネル名ではありません。(ややこしいですね・・・)
具体的には、「セットアップアシスタントの画面のAUX1」がきちんと動くようプロポのデバイスセレクトでスイッチの割り当てをして下さい。
3.NX7のギア比
>ギアレシオは(16T)8.18:1:4.71 となってます。
メインローターのギア比は、8.18
テールローターが4.71でしょう。
16Tは単純に歯数ですのでギア比とは関係ないと思います。
例えば、ローターを2000回転でコントロールする場合、エンジンの回転数は
RPM=2000 x 8.18 = 16360となります。
マグネットの取り付け位置は、減速前の部品にマグネットを取り付けるようにして下さい。



<質問=テツテツ>
ガバナーゲインでノーマルモードやスタント1・2の回転数切り替え出来ると思うのですが、
ON OFFの切り替えは出来ませんか?
離陸時のノーマルモードではガスカーブでやりたいです。


<MMP=回答>
取り急ぎ、ガバナーモードのオンオフや切り替えについてお答えさせて頂きます。
ガバナーモードからのスロットルサーボへの指示は、AUX1チャンネルを使用して行います。
AUX1チャンネルの値がマイナス側(ゼロ以下)では、がバナーコントロールがオフになります。

AUX1チャンネルにスイッチを割り当てて頂き、コントロールを行うことになりますが、3ポジションスイッチを割り当てることにより
ガバナーオフ、ノーマル、スタントを切り替えていただくことが可能になります。
スロットルカーブの設定と併せてご使用頂ければ結構かと存じます。




なるほどです!
lkn (17)
これが0で、ノーマル時。ガバナーOFFです。

画面みずらくてすみません。
lkn (15)
ST-1  ローター回転数 1602  エンジン回転数 13112rpm


lkn (14)
ST-2  ローター回転数 2004  エンジン回転数 16400rpm

に合わせました。 マフラーの取説にも書いてあった、推奨エンジン回転数とも、合いました!
なんかわからんけど、嬉しいいw
(後は実際に飛ばして、微調整します)


この時のプロポのガバナーゲイン
lkn (16)



センサーマグネットが反応すると、設定画面の回転センサーと言うところが、点灯します。

ただこれが、ゆっくり回せば、点灯するのですが、早く回すと反応しなかったりします。

<MMP=回答>
センサーの点灯については、インターフェースのスピード(パソコン、及び携帯端末の反応速度)の関係で素早く回した際には応答が追いつかないだけです。
ゆっくり回して、しっかりと点灯していれば、全く問題ありませんのでご安心下さい。



安心しました!



セットアップはこんな感じで、今までのジャイロからみたら、非常に簡単に出来ると思います。わかりやすい。
つぎは、飛行特性を決めるパラメーターですが、
これは、まだ飛ばしてないので、ほとんど弄ってませんので記事には出来ませんが。
終始こんな感じで、ひとつひとつの項目にも、すべて詳細な説明が書かれていますので、
実際飛ばしていて、「もっとこうしたい!」と思っても迷うことなく、弄る箇所がわかると思います。
(今まで、Vなどで、色々弄りましたが、なんとなくこういう感じってのはわかっても、実際、変わってるんだか?
変わって無いんだか・・・みたいなのあったりww  色々やってるうちに、なんか凄く良くなってきた! みたいなのが
僕多いんですよねーwww  だから一度決まったら、動かしたくなかったんですw)



<質問=テツテツ>
コンディション(フライトモード)ごとにパラメーターを変更したい。


<MMP=回答>
1.コンデションごと(フライトモード)にパラメーターのセッティングを変えたい。
現状、ラダーのゲインに関しては、ゲインスイッチをフライトモードに関連付けることでフライトモード毎の設定が可能です。
スワッシュゲインに関しては、低速回転用のゲイン(F3C静演技ゲイン)を通常のゲインと分けることが可能です。
こちらもフライトモードに関連付ければ、2種類のゲインをフライトモードに合わせてご使用いただけます。
その他、GH-57の特徴であるフィードフォワード(予測制御)の効果をプログレッシブに働かせる、などの新機能のテストも行っています。



たぶん、ゲインなどは、変更出来るけど、今のところは細かいパラメーターセッティングを個別に設定するのは
無理ということなのかな?
僕はまだ飛ばしてもいないので、必要性も含めて、実際に飛ばしてから検証したいです。





<要望=テツテツ>
腕前がヘッポコなんで、レスキューモードを追加して欲しい。


<MMP=回答>
2.レスキューモードについて、
現在、開発を進めており実際に動作する状態にはなっており、回避運動の詰めを行っている状況です。
これは、安全な回避運動を達成するために重要な作業ですが、今しばらく時間を必要とする見通しです。

より良いジャイロを目指して、さらなる改善を継続しておりますので、ご期待下さい!



おぉ、、これは期待しちゃいますねー!
非常に今後が楽しみです。




また、この他に、前にセンサーを買おうとしていた時に、何処も売り切れで買えませんでした。
MMPの直販でありましたが、送料がセンサーと同じくらいしていた・・・・。
<送料、高いんで、定型外郵便で販売して欲しい>と頼んだところ、
>いいですよ。対応しますんで直接 注文してください。

とか、

僕が、マグネットの向き間違えて、<マグネット単体販売してませんか?>
の問いに、>今回はサービスで送りますね!

など・・・・・マジで神対応です

JRさんもアフターサービス良いですが、こういう国内メーカーさんがいてくれると非常に嬉しいですね!



・まとめ
・ジャイロ自体の設定調整などは、難しい事が無く、わかりやすい。
・わからなくても、質問すれば丁寧に教えてもらえる。
・アフターの対応が熱い。

実際の飛びはまたこれから、レビューしてみたいと思います。(僕レベルですけどw)
デメリットは値段が高いことですねー。
所有機体すべてに・・・・・・・とか、無理だよw

でも、このジャイロは、今まで、「こういうジャイロ設定とか、苦手だなー」とか、「めんどくさい」とか、
そんなんだった、世の中のお父さんたちの強い味方になってくれるかも知れませんwwww


実際僕も、最近は年のせいか、ジャイロの設定とか、現地でのパラメーターセッティングとか、面倒になってます。
また、以前にやったジャイロでも、久しぶりにやると忘れてるし・・・・・・
ぶっちゃけ、どんな高性能ジャイロでも、それを味わいつくすほどのフライト技術が無いのが悲しいねw
そんなんで、こんな楽なら、いいかも~って感じですw


飛ばすのが楽しみっす!

















22:06:53
GAUI NX7 火入れ! と 修正2


さぁ、いよいよ、エンジンに火入れする時がやってきましたよーー!

dethtu (8)

実は、飛行場で本番1発で挑もうかとも思いましたが、あまりに危険w
それでエンジン掛らなかったり、不具合があると、その日は飛ばせなくなってしまうので、ガレージで
火入れして、テストすることにしました。

1発目

エンジンが掛ってくれるか?緊張の一瞬でした。
1回目のスターターから、心配をよそに、ブイィィィィン!とエンジン始動!
やった!と思ったのは一瞬で、
掛った瞬間にローターが思いっきり回り出しました・・・・・
危なく指逝かれるとこでした・・・・滝汗

これは、キャブのアイドリングの開度を開けすぎ?
OSの何処かのサイトで、最スローと中間んの真ん中位から始めるとあったので、その辺にしていたんですが、
思いっきりクラッチミートして、ブン回ってますw
トラベルアジャストで、スローを下げて行きます。
結局、クラッチが切れるのはエンジンが止まる一歩手前です。
説明書にも最初はクラッチが貼りつきやすいんで、2,3フライトしたら馴染むとも見たので、そのせいでしょうか?
これまた、他のOSのサイトで、アイドリングで「クラッチが切れない時は、アイドリング調整ネジを開けて濃くする」とありました。ほんとか?
とりあえず、ちょっと
開けて試してみよう・・・・・



dethtu (9)



と、エンジンを掛けようとした、2回目。

一回掛って、すぐにエンスト。最スロー低すぎによるものです。
チョイ上げで、またスターター回します。
そしたらなんと!途中でカラ回り始めました・・・・・・orz

クラッチは回ってるので、おそらくエンジンの元の方そう・・・・・・・・


dethtu (11)



ということで、2日続けて、エンジン降ろしました・・・・w

dethtu (10)

このセンターのナットが緩んでましたー。
くっそーーー。おかしいな。ネジロックできっちり締めたはずなのですが。

もう一度、ダイヤルメーターで芯だししながら、締めたのですが・・・・・・
今回は、少々芯だしは緩めに見ても、ガッチリネジを締めてやりましたわw
ネジロックもたっぷりでw

dethtu (12)

これで、なんとか復活です。
まぁ、結果色々ありましたが、テストして不具合出して良かったですね。
これで、次回はもう、飛行場でテストフライト、ブレークイン やる予定です。
きっと行けるでしょう!!!
いや、行けるはず! w






Parent category:RCヘリ Category:GAUI NX7コメント:2トラックバック:0
21:34:45
GAUI NX7 修正 1


完成したNX7ですが、早速、不具合箇所が出てきて修正が必要になりました。
lkn (23)




また、Accutec GH-57ジャイロを使っていて、特にガバナーの設定などについて、
わからないこと(自信が無いこと)が多く、かねてより、メーカーのMMPさんに連絡をとって、
かなり細かくアドバイス、回答を頂いております。
かなりアフターフォローがしっかりしていて、ユーザーサポートして頂けるメーカーさんでした。
非常に助かりました。ありがとうございました。

やはりこの点は、日本メーカーというのはかなりの強みですね。
特にわかりずらいジャイロ関係ですから、自分が納得いくまで、質問して、明確に答えてくれるのは
非常にメリットが大きいです。
なんぼ良いと言われる、V-BARなどでも、結局隅々まで理解して使いこなしてるかと言われれば、そうでない人も
大多数いると思います。(自分もなんとなく、設定してる感じです)
自分の腕にあった、自分好みにセッティング出来てこそ、初めてそのジャイロの性能を測り知ることが出来ますので、
そういった意味では、Accutec GH-57というジャイロは、その設定のしやすさ、フォローのサービス。
その点からも、ベテランはもとより、今までジャイロ設定は苦手だなー・・・・と言ってたオジサン連中の強い味方に
なってくれるかも! 笑
あとは、もう少し安くなってくれればねぇーwwww




不具合箇所 1
というか、自分がやらかしただけですw
dethtu (7)


マグネットセンサーに磁石が2個付いてきました。
クラッチベルのマグネット取り付け穴も2か所。
磁石にはNとSがありますが、はたして、どっち向きで取り付けるのか????

GH-57はPC設定画面で、マグネットセンサーが反応しているか確認できます。
そうすると、赤で印してある方が反応します。
「あぁ、こっちだなー」と、思い、2個ともその向きで取り付けました。
取れないように、エポキシでがっちりと!
でも、不安だったので、メーカーに確認しました。
休み明けに来た回答は・・・・・・・・・
「1個は逆向きで」
やらかしました・・・・・泣


dethtu (2)

エンジン降ろしました・・・


dethtu (3)

ベルを取り外して、マグネット摘出を試みます。

dethtu (4)

こういう状態なんで、機体に乗せたまま上から外すのは無理でした。


なので、

dethtu (5)

裏に小さい穴が開いていたので、そこからマグネットを半田でガンガン熱してエポキシを融解させます。
その後すぐにポンチで裏から叩いたら、無事に取れました。

dethtu (6)

良かった~

dethtu (1)


向きを変えて付け直し。
PCで、確認しましたが、ゆっくり回せば、センサーが反応するんですが、早くまわしたりすると
反応しなかったりします・・・・・・。
センサーの取り付け方が悪いのかと思いましたが、これもメーカーに確認して、
PCの応答の問題なんで、「ゆっくり回して反応すれば問題ない」とのこと。
他にも、ギア比など、色々アドバイス頂き、これで安心してテスト出来るようになりました。


いよいよ、エンジンに火入れしてみます!






Parent category:RCヘリ Category:GAUI NX7コメント:0トラックバック:0
21:25:10
GAUI NX7 製作8


待ちに待った荷物が着弾!
lkn (1)


中身は、ジャイロとガバナーセンサーと受信機用リポ

lkn (2)


新しいジャイロは、結局前から気にはなっていた
Accutec GH-57にしました。

このジャイロを探し始めた所、タイガー模型さんでちょうどセールやってるのを発見!!
飛びつきましたよwwwこれらすべてと、送料入れて、本来のジャイロ価格位で買えたのでラッキーでした!

lkn (3)

国産6軸ジャイロ
最初何かと話題にはなりましたが、値段の問題か?使ってる人は少ない印象です。

大きさはVやMBよりも、さらにちょっと小さい感じでした。
lkn (6)

仮に配線を接続して、ジャイロ設定をしていきました。
lkn (5)

メインPCに設定ソフト入れましたが、さすがにこの大きさの機体をPCデスク上で設定するのは無理があるので、
Surfaceにもソフト入れて設定。

(Accutec GH-57ですが、設定など弄った感じですが、かなり使いやすそうです。
この辺は、また別記事で上げようと思います)



lkn (9)


lkn (12)

lkn (13)
初めてのHalo Blades です。うーーん、かっちょいいねぇー!!





・ガバナーセンサー取り付け。

lkn (20)
センサーをビス止めした上に緩んでこないようシーリングしました。


lkn (19)
配線処理。
スワッシュサーボの配線も通る所、タイラップ固定穴など、用意されてます。
意外に結構こういうの考えて作られてます。この機体。


lkn (23)
lkn (21)
lkn (22)


完成~~!!!
いやーー、久しぶりに機体製作が楽しかったです。

次はいよいよ、 
・エンジン火入れ
・ブレークイン

となりますが・・・・・・・緊張しますねーーー。ちゃんとエンジン掛ってくれるのでしょうか?不安ですwww

また、今のこちらの気温と天候で、中々テスト出来無さそう・・・・・・・
はやく、浮かせてみたい!


Parent category:RCヘリ Category:GAUI NX7コメント:0トラックバック:0
17:50:50
GAUI NX7 製作7


スイッチ


fyk (10)

スイッチはフタバのHV対応のものにしました。

さて、どの辺にスイッチとかプラグヒートとか搭載しようか?
fyk (11)



様子見にキャノピーを被せてみましたが・・・・・・・・

fyk (12)


ほとんど、出るとこないw
もうキャノピー下側から、手を差し込んでON,OFFするしか無さそうです。

fyk (14)

もともと、この場所にスイッチ取り付け用の穴加工してありましたので、そこに取り付けました。


プラグヒート
fyk (15)

レギュレーターかまして5Vに降圧して接続。
この状態で正常にヒートするか確認。
アースとプラグをエンジンに接触させた状態でヒートスイッチを押したら、無事にプラグがヒートしました。

fyk (17)


スイッチの下に取り付け。
この場所でなんとか、キャノピーの隙間から指差し込んで操作出来そうです。
ちなみにこのプラグヒートはプロポから遠隔操作可能なんですが、たぶん僕は切り忘れしそうなんで、
本体スイッチしか使わないつもりでいます。www


fyk (18)

fyk (19)

受信機搭載

よくエンジン機では振動が凄くてそのままでは受信機を壊すのでスポンジに包んで搭載しているのを
見かけます。
一応厚めの防振ゴムにさらにエンジン用のジャイロテープも貼って取り付けてみました。
fyk (24)

これでどうでしょ?
だめかなー?バンドから振動拾っちゃうかな?


テール取り付け

fyk (20)


fyk (23)

fyk (22)


ほぼ完成ですねぇー!
あとは、ジャイロの到着をまって、搭載設定をすれば完成・・・・・・・のはず。

fyk (25)


この日は、久しぶりに、組みあがった機体を眺めながらの1杯!


いつもは、すぐにキャノピー被せてみたくなるんですが、
エンジン機は、そのメカの機能美を見たくて、そのまま眺めてます!!
いい!!!!  最高ーーー!!wwww


Parent category:RCヘリ Category:GAUI NX7コメント:0トラックバック:0
2016/01/09
17:00:47
GAUI NX7 製作6


スロットリンケージ、やっぱり気になって、こういうふうに直しました。

fyk (2)

前回の位置だと、フルハイで微妙な感じもあったので変えました。
この方法でも、まともにキャブの開度とホーン90度を合わせると、フルローにならなかったので、ホーン位置を
ずらして合わせました。
それでなんとか合った感じです。


さて、今回はマフラーを取り付け。


fyk (1)

一般的にどこのマフラーが良いのかわかりませんでしたが、以前オクで入手した、ハットリ製のマフラーです。
(OSの専用マフラーの方が良いの??)

fyk (4)

マフラー取り付けにガスケットが通常はいりそうな気がするのですが、
エンジン側にもマフラー側にも付属してませんでした。
(RCでは使わないの?  )
ガスケットも売ってはいそうでしたが、今回はこれを使うことに。
液体ガスケット
fyk (3)

いつも車やバイク弄りで使ってるやつです。
たぶん、大丈夫でしょうwww

fyk (5)

塗りぬりして、取り付け。
ステーがゴツイんで、ファンカバーを少しカットする必要がありました。
fyk (6)


ステーもゴツイ!
防振対策にブッシュかまして付けるようになってます。

fyk (8)

無事に取り付け完了~

fyk (7)

マフラーの説明書を見ると、MAX16500RPM で一番パワーが出るようなことが書いてあります。
これって? ローター回転数では無いですよね?  単純にエンジン回転数ということかな?
でも、そのエンジン回転数って、どう測れば良いのでしょうか??


ちなみに、この700クラスのローター回転数って、どの辺なんですかね?
2000回転位ですか?
うーーん、わかんないことだらけだぜ~w



Parent category:RCヘリ Category:GAUI NX7コメント:0トラックバック:0
13:41:34
GAUI NX7 製作5


今回はスロットリンケージと、燃料パイピング


tuk (4)

ここも、僕は初の工程になるので、色々調べてやってみました。

・基本的には、キャブの開度 中間とサーボの中立で、リンケージを合わせる。
・フルハイ、フルローで、キャブ全開、全閉になるようリンケージ調整。
・その後の、アイドル位置、スロットカットなどは、トラベルアジャスト(エンドポイント)にて調整。


tuk (5)


一番最初に、こういうふうに繋いでみました。
GAUIの取説では、スロットリンケージが機体に水平になるよう図にあります。
取説のリンケージ長さで。
この状態で、フルハイ、フルローでは差異が生じ、ロー側がリンケージ長が足りなくなりました。(サーボ範囲ではなくて)

本来の基本のスロットリンケージ
propo1 (1)
(拾い画 拝借しました)

キャブのホーン中心とサーボのホーン中心の長さとリンケージ長を同じにして、
ホーンの向き、ホーン~リンクボールまでの長さを一緒にして、長方形(平行四辺形)を
作れば、おのずと差異の無い、リンケージが完成します。

これが基本だと思います


このやり方も試しました。
サーボ側のリンク取り付けを上側にもっていき、合わせてみたんですが、
ロー側は良いのですが、ハイ側が、リンクがサーボの中心を超えてしまうような動きになり調子が悪い。。。。
これは最初の中立のホーンの向き関係しています。
キャブの中間をホーンのセンター。いわいる90度のキャブ開度があるので、ホーンも90度均等に振れるように
すると思うのですが、この位置で合わせると、サーボ側が調子悪いことになるんです。


最終的にこういう風にしました。
tuk (6)

この位置が、キャブ、サーボとも中立です。
これで、ほぼ均等に全開、全閉するようになりました。
・・・・・・
はたして、これで合ってるんでしょうか??  笑



次は、パイピング

tuk (7)

リザーブタンクも取り付け。

tuk (10)
tuk (9)

これで合ってますか?

・リザーブの上側~メインタンクのメインへ。
・リザーブのメイン~3分岐~キャブへ。3分岐のもう1本は給油用。分岐~キャブ間でストッパー(給油時にストップ)
・エンジンバックプレート~逆支弁~3分岐~メインの上側。分岐もう1本は大気解放用 (給油時、フライト後に大気解放)








Parent category:RCヘリ Category:GAUI NX7コメント:0トラックバック:0
12:25:44
GAUI NX7 製作4

(ジャイロガバナー問題で、今足ふみしていますが、製作過程をアップしっていきます)


前回エンジン搭載まで、進みましたので、今回は燃料タンク搭載から。

kjhbv (19)

タンク内の配管変更のため、付いていたやつを、引っ張り出しました。
やっぱりただ嵌ってるだけなんですね。

kjhbv (20)

キンクレスチューブにバブルレスウェイト取り付け。

それで、タンクに納めるだけなんですが・・・・・・・・
ニップルをグリグリ押しこんで・・・・・・・・
最後まできちんと嵌めるために、プライヤーで・・・・



ぼりっ・・・・


kjhbv (21)

やらかした!!

いきおいあまって、ニップル折っちゃいました・・・・・トホホ


純正でも、ニップルだけって売ってないんですよね。(タンクごとです)
社外でも、ニトロが下火だからか、全然売ってません。


とりあえず、もういいやって、サブタンクに付いてきてた、ニップルを移植しましたよ。www

kjhbv (22)


K&Sのリザーブタンクで、パーツの別売りもあったので、使ったんですが、
tuk (1)
これも中々手に入りずらく、結局本体ごと再購入しましたw


kjhbv (23)

タンクをフレームに固定する抑えのパーツなんですが、このブッシュを取り付けるのが固いのなんのって・・・・
指がめっちゃ痛くなりましたw

で、無事搭載

kjhbv (24)

スキッドも付けて。

kjhbv (25)



ガバナーセンサーもバックプレート式なので、先に取り付けてます
(ジャイロ変更になりそうなので、もしかしたらセンサーを変わるかもです・・・・)
kjhbv (15)



次はサーボ搭載

tuk (2)

サーボテスターにて、センターだし。
このテスターホビチンの安物ですが、HV対応だし、760、1520パルスの切り替えあり、同時に4個接続、
とかなり使い勝手が良いですね!
おススメです!

tuk (3)


tuk (8)

サーボのマウントステーがスライドするようになっていて、位置の調整が容易になってます。
ボールリンクの高さも3種類位 スペーサーが付属してるので、その辺を使って、なるべく、スワッシュとのリンケージが
垂直に真っすぐなるよう調整しました。


だいぶらしくなってきましたよーー!



Parent category:RCヘリ Category:GAUI NX7コメント:0トラックバック:0
12:55:26
ここまできて、つまずいた・・・・


756ue.jpg


もしかして、MINI V-BAR で使えるガバナーモードは、電動だけ??
設定のガバナータブに電動を選ぶ項目しか出てこない・・・・・・・・orz

Parent category:RCヘリ Category:GAUI NX7コメント:7トラックバック:0
17:18:38
2016 新年 初フライト

毎年恒例になりつつある、仲間内の1月3日の新年フライト
今年も行ってきましたーー!


が、、


gju, (2)


あいにくの悪天候です・・・・・・・。


画像ではわかりずらいですが、今日は朝から、強い雪交じりの横風。

寒かった~o(T^T)o


早々に皆さん戦意喪失ですw

ほとんど車の中でしゃべってばかりでしたw

そんな中、修理明けのREX 600N
gju, (1)

無事に飛んでくれましたーー。良かった!


昼過ぎに、あまりにも天候悪いんで、もう帰ろうかとした時に、Nさん登場

Nさんの新作機 T-REX550Lをお披露目してくれました。

gju, (3)
おぉ、かっちょいいっすねーー!



gju, (4)
gju, (5)


ご本人さんは、パワー不足を感じてるみたいで、納得いってないって
言ってましたねー。
でも、あいかわらず丁寧で綺麗な飛びでしたよーー!
流石です!


そんなこんなで、まともに飛ばせない1日でしたが、次回リベンジしたいなぁー。

10:50:42
GAUI NX7 製作3

謹賀新年
皆様、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。


年末~新年にかけて、なにかと忙しく動いていましたが、その中で少しづつですが製作を進めています。

次の工程は
いよいよ、エンジンの積み込み・タンク設置・メカ積み・配線・配管となっていきます。
エンジンの積み込みに際して、下準備があります。
OS.105HZ-R
kjhbv (6)

エンジンの取説を読んでいると、燃料のニトロの含有量が15%の場合はそのままで良いのですが、23%~30%の場合は
付属のヘッドガスケット0.1~0.2を付けて圧縮比を下げた方が調整しやすい。
とありました。
僕が今使ってる燃料は25%なので、0.1ガスケットをいれときました。
kjhbv (7)

色々ピカピカで気持ちがいいですw
それになんていうか、こういうエンジンを弄ってるとワクワクしますねーーw

kjhbv (9)
ニードルレバーをOPで装着。
グッとそれらしい雰囲気になりましたw

次にガバナーセンサー取り付け
kjhbv (8)
フタバのBPS-1です。
これはエンジンのバックプレートに取り付けるタイプなので、エンジン搭載前に付けておかないと、後からでは
取り付けにくくなってしまいます。

kjhbv (15)

こんな感じでバックプレートに取り付け穴があるので、そこにシリコンボンド(バスコーク)などを注入して取り付け。


次が、大事な工程。
いわゆる
「エンジンの芯だし」
これについては、僕も最初全然わからなくて、色々調べたり、皆さんに教えてもらったりしました。
実際に治具も購入して、物を見て見てようやく理解できました。

わかってしまえば、そう難しくも無いかも。

kjhbv (3)

まずは、芯だしに必要な、計測器です。
様様な呼び方があるようですが一般的には、ダイヤルゲージと言うのかな?
計器は一応信頼出来そうな国産製のミツトヨにしました。

kjhbv (4)

メーターみたいなのがダイヤルゲージで、それを取り付け測りやすくするアームです。

最初これらを画像で見た時になんのこっちゃ良くわからなかったのですが、
構造はいたってシンプルで、メーターの下に伸びてる部分、これが計測軸で、ここが上下するとメーターの針が動く仕組みです。
ようは、この軸をエンジンの回転する部位(真芯にしたい)に当てて、回すと、その部分が芯ずれしていると、
多少その円は上下するので、それがメーターに表れるってこと。
原理自体は実にアナログで古典的www
が、非常に正確に簡単に測れることは間違いないですね。


kjhbv (10)


下準備として、軽くクランクが回るよう圧縮を下げるために、プラグ、バックプレートを外しておきます。

バイスに固定しやすいように、エンジンマウント取り付け。
ファンプーリーを取り付け。
kjhbv (11)


一般的には、このファンプーリーとエンジンの軸との取り付けを、真芯になるように取り付けするんだと思います。

このファンプーリーのロックには、センターの12mmのナットの他に、軸元に左右から2本ネジで締め込めるように
なっています。

これを、センターロックを軽く締めてから、ダイヤルゲージを見ながら、回転させて、
針の振れ幅が一番小さくなるように、左右のネジを加減しながら締めていき、様子を見る。
100/1 くらいの精度で収まれば問題無いみたい。
一番良い状態になった所で、メインのセンターナットを締めこんで完了。
これが、大きくズレていると、機体の振動がより大きくなり、飛ばしずらいばかりか、色んな所を壊すことに
なるみたいです。

kjhbv (27)


バイスに固定。

kjhbv (28)

こんな感じ?

画像では、斜めにゲージ当たってますが、より精度をしっかりするために、
ダイヤルゲージは垂直に真っすぐ設置・計測するのが理想だと思います。

一応、こんな感じで、ほぼ針の振れがが無い位で、出来ました。
(出来たと、思いこもう・・・・wwwww)







ここで、ようやくフレームへ、エンジン搭載 です。

kjhbv (12)
kjhbv (16)


クラッチベルをフレームに取り付け。

うすうすわかっていたのですがw構造的には、遠心クラッチなんですよね、RCのエンジンって。
簡単に言うと、郵便のおっさん乗ってる「カブ」と同じ構造のクラッチですwww

エンジンに取り付けた、クラッチに割れみたいのが入っていて、これがエンジン回ると、遠心力で開きます。
それが、クラッチベル・画像のギアの下のシルバー円の内側(クラッチシューが貼ってある)に貼りついて
ギアを回す仕組みです。


kjhbv (17)
kjhbv (18)


搭載完了~

おぉ、ぐっとそれらしくなってきました!!



Parent category:RCヘリ Category:GAUI NX7コメント:2トラックバック:0
最新記事
プロフィール

テツテツ32

Author:テツテツ32
テツテツのポケット・・・・・・RCヘリ・ATV・スケールクローラー・GUN・FPS・カスタム・アウトドア・・・・etc
どうやら、奥深く宇宙は広がっているようです。。。
しばし現実を忘れて、宇宙遊泳といきますか。。。(* ̄ρ ̄)”

カテゴリ
DRX (3)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ