私しテツテツのポケットの中の宇宙へようこそ! さてさて・・・このポケットの中には何が広がっているんでしょうか。気の向くまま心の揺れるまま、遊びを追求していくブログです。
2013/12«│ 2014/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2014/02
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
21:47:07
REX150のパーツが、都合3回目の着弾。


これでいくらつかったんだ??  ・・・・・・・・・・・・・・・・考えちゃイカンw



DSC02595.jpg


とりあえず、良く曲がるメインシャフトとフェザリングシャフト。
それにメインギアと、フレーム交換時に必要になるジャイロテープ。


このジャイロテープは凄く軟いスポンジみたいなんで、他のジャイロテープは使わない方がいいと
思います。(発狂の原因になりそうです)



DSC02594.jpg


やっぱり買ったww、メタルテールホルダー。

いや、ぶっちゃけマイクロヘリにメタルはいらん! と思ってる人間です。
でも、とりあえず買って付けてみたくなるんですよー(爆)

しかも、ALIGN メタルスワッシュ&強化フレームもすでに手配済み・・・・・・・・www



DSC02596.jpg


サーボギア。
これは、使えるかどうかわかんないけど、似てるという噂でとりあえず仕入れてみたやつです。
ロビンの3.7g 4.4サーボ用


ただ、これをポチった後に、ALIGNの正規150サーボギアも手配付いたので、おそらくこれはお蔵入りですwww
メタルスワッシュと共に来週くらい来るかな?



DSC02590.jpg
1.3レンチ これが無くては始まらん!



後、いっつもパーツを頼むたびに買おうかどうか迷って、いつもギリギリ止めていたんですが・・・・
今回ついに頼んじゃいました。

DSC02592.jpg
DSC02593.jpg
ブレードバランサー


なんかもったいない気がして・・・・w 微妙に高いし。
今の手持ちのバランサーが150は使えなかったので、欲しいには欲しかったんです。





最後にこれ。
DSC02589.jpg

HiTEC マイクロピッチゲージ
これも悩んだんですけど、いつもなんだかんだ、ミニヘリのピッチ角には難儀していたので。
それに一応450まで対応なんで、出番も多いと思います。
工具箱に忍ばせていても邪魔にならないですしねーー!


使い心地は後日アップ致します!!



おまけでこれも。
DSC02591.jpg
低粘度瞬間接着剤と瞬間専用硬化促進剤。
硬化材は初めて使います。







スポンサーサイト

21:23:46
前記事で、藪 丈二さんより、REX150のアンプ不具合についての、症状と改善方法が寄せられました。

REX150ユーザーの方は、目を通して見て下さい。
思い当たる人がいるかもしれません。


<以下 転載>
150DFCのモーター回転数問題

テツテツさん おはようございます。

先日、標題の件をレポートしましたが、海外のスレッドでも同様の問題がアップされていました。

解決策として、ESCのプログラミングで、「Battery Type」のデフォルトの「2S」ではなく、「Auto」を選択してみよ。との意見がありました。おそらくソフトの欠陥だろうとのことです。
小生も早速、トライしてみます。





テツテツさん こんにちは

標題に関して、実験結果を以下のとおりレポートします。

ESCプログラミング変更の結果、ブレード回転数問題は見事に解決しました。

1 ESCプログラミング変更項目
  「Battery Type」のパラメーターを「Auto」に変更した。

2 送信機設定
  Stunt1の設定は次のとおり
  スロットル・カーブ:100%フラット
  ピッチ・カーブ:0%、50%、100%リニヤ

3 ブレードピッチ角設定
  ‐11度~+11度

4 ピッチ角に対応したブレード回転数
50%(±0度):6,660RPM
75%(+5.5度):6,210RPM
85%+7.5度):5,940RPM
90%(+8.8度):5,610RPM
50%(±0度):6,240RPM
25%(-5.5度):5,700RPM

5 その他
  テスト時間:1分38.31秒
  開始時のバッテリ電圧:8.4V
  終了時のバッテリ電圧:7.6V
  この150DFCは、意外と電気を食う機体のようであり、また時間経過によるブレード回転数減少率(ピッチ角±0度時の回転数を2回計測)も1分につき420RPMもあり、フライト計画時間や、フライト中のブレード音変化には気を使う必要があるようです。


<ここまで>


この症状は、ちょっと頂けませんね・・・・・。
気が付かないで、こんなものかと飛ばしている人もいるかも知れません。
なんかちょっとパワーが足りないと思ったら、試してみてはいかがでしょうか?



藪さんのREX150は初期ロッドなのでしょうか?

やはり機体の初期不良は初期ロッドに集中している気がしますね。
こういう事例に対してはALIGNには対応して頂きたいですね。







20:22:47
この前落としたREX150。 その修理です。

と言っても、その日のうちに修理完了して飛んでましたがw

記事だけ書く暇がなかったので、本日アップです。ご了承くださいませーー!


DSC02582.jpg


DSC02583.jpg


新品に交換したばかりのスワッシュが・・・・・・・・w


だいたいのパーツはストックしていたので、問題はそんなに無かったのですが、


ただ、こいつですよ・・・・

DSC02585.jpg

ヘッド・クリップ自体はさすがのメタルで何もなってませんが、フェザリングシャフトが曲がりました。
それを交換すべく、ネジを緩めたいのですが・・・・・
これが全然!はずれねぇーーーーー!!

アラインのおばちゃん、ネジロック付け過ぎだー! wwww

おまけにこのネジが、おそらく1.3mmになるのでしょうが、1.27mmのレンチで代用していました。
通常の所であれば、これでも問題無かったけど、ここは駄目。
力がかかると簡単になめました。。。。。orz
ネジもアラインらしく弱いですねw


それにしても困りました。
ヘッドすべて買い直すには、高すぎます。



DSC02586.jpg


おっし、こうなりゃ力技じゃボケーーー!

と、おもいっきりドリルでネジを切ってやりましたwwww
フェザリングのネジなんで、ドリルで切ってる時も共回りして、それを抑えるのが大変でしたね。
最終的には両方からドリルのキリ当てて、ネジの頭飛ばしましたよw



何はともあれ、これで高価なヘッド周りを救出成功ですw


再組み立て時にはネジロックをほんの少量付けて組み立て。
それからALIGNの1.3mmレンチを2つポチっておきましたwww


DSC02584.jpg

次はサーボのギア欠け。


最近リペアサーボギアが発売されだしましたが、まだ手元に無いし、代用が効くって噂のV120のサーボギアも
ちょうど手元に無く・・・・・・
とりあえず欠けたギアを180度回して応急処置。


DSC02587.jpg


DSC02588.jpg


とりあえず、部屋ホバで浮上テストだけして
無事修理完了です!!






何かと話題なREX150。
方々で色々な評価が出ています。どの評価を見ても、どれも納得ですねー。
良く飛ぶが、よく壊れるwwww

僕のブログリンクさせて頂いているtooru417さんの150動画も上がっていてみさせて
頂きましたが、圧巻の飛びでしたww
目指せ3Dフライト!ラジコンヘリブログ


やっぱり指ですねーーwwwwww





<<僕なりの評価を>>

基本的に空物RCを落として壊れない物は無いです。
最近のマイクロが丈夫すぎるだけですw


また海外フォーラムなどでも荒れてますが、みなさんALIGNに妙に期待しすぎですw
450以上の組み立て機体など、ヘッドやテールアッセンなどは、所々ネジロックしてあったり、無かったりw
なので一度全部ばらして、再組み立てし直すのが常識になっています。

特に最近のマイクロ系列から始めた方々にとっては、ALIGNの150は不完全機体の印象を受けるのかも
しれませんね。


BLADEのMSRの最初のプロモーションビデオは、わざとぶつけたり、落としたりして、そのまま飛び立つという
頑丈さをアピールした物でした。
REX150はアランなどを起用して、3D飛行の可能性を見せたプロモーションです。
その機体のコンセプトの違いです。ALIGNはREX150の頑丈さを売りにしたわけじゃありません。

でも、そりゃ壊れないにこしたことはないですよねーー、
まぁREX150ももう少ししたら、色々なパーツや検証などあがってきて、鉄板カスタムも確立されることでしょう!!


ただREX150は初心者向きではないです。

壊れない練習用マイクロヘリを望むなら、買わない方がいいです。
でも、ある程度飛ばせる人なら、かなり楽しい機体だと思いますねー。


「人には特に進めません。でも、僕が今の150を大破させたら・・・ たぶんまた、150買いなおします。」
そう思わせる機体です。






22:31:20
いやーー、気分良く飛ばしてたんですが、やっちゃいましたよ・・・・・・






まさかの、電線に接触!!

まだ大丈夫だと思ったんですが、駄目だったみたいです・・・・・・笑
(電線も近隣のお宅にも被害は無かったので良かったです。もっと気をつけなければ駄目ですね。反省。
REX150のフライトエリアとしては、ちょっと狭すぎますね・・・。)



被害状況ですが、ぶつかると思っていなかったので、HOLD入れることも無く、ローター動力回転させたまま
ローターぶつけたんで最悪でしたーーー・・・・orz

DSC02582.jpg


見た感じの破損状況は。
・ローター折れ
・フェザリングシャフト曲がり
・メインシャフト曲がり
・スワッシュ破損
・サーボギア欠け
・キャノピー割れ
・スキッドピン折れ
・キャノピーポッチ折れ
・テールブーム曲がり


あらかたのパーツはストックしていたので、とりあえずはなんとか手持ちで修理可能そうですが、
次回の墜落にそなえて、パーツを追加仕入れしなくてはいけなくなりました・・・www

21:21:48
前回、マイナスピッチが足りなくなった150

スワッシュを新品に交換してみてのフライトです。

おーーーし! 早速行ってみましょう!!!





うーーん! バッチリ調子戻りましたねー!
しっかりピッチ効いてます。

150の方も調整もセッティングも自分好みに決まってきて、だいぶ操作しやすくなってきましたねー!
機体が機敏で流れ出すと早いので、コントロールはシビアですが、動きもパワフルで、飛ばしていてホントに面白い!!


(僕の指レベルのお話ですが)
今の僕の設定では、飛びとしては、パワー・安定性・縦回転方向の動きはほぼ満足しています。
ただエレの横回転がちょっとダルイというか、大周りになってしまいます。
これは、ブレードを黒に変更したり、本体ダイヤルの2軸レートをもっと上げるか、する必要がありそうです。
ただ今のバランスも気に入っているので、様子みながらちょっとづつ色んな設定を試してみますねー。




この後、気分を良くして、再充電してガンガンフライト!!!

・・・・・が、
お決まりの事をやらかしましたw
これが中々の破損具合で・・・・・・www


T-REX150 行く! 3へつづく。。。。







13:07:12
さぁ! 久しぶりに時間が取れたので、最近のお気に入り、REX150を早速飛ばしましたーー!


こういうちょっとした時間に、自宅前で飛ばせるのはマイクロの良いところですよねーー!!


DSC02576.jpg


おりゃーーー! 行くでー!




と、意気込んではみたんですが・・・・・・・

あれー?なんかマイナスピッチが足りず、元気が無いです。
最初は、寒さの為でリポが元気無いだけかと思いましたが、どうやら違いそうです。


そこで、かねてから良く言われているスワッシュの分離現象が頭をよぎりました。
僕は2回は落としましたので、一見して無傷でも実はダメージを受けている場合がありますからねー。



ただ、外見では何でも無いんです。
とりあえず、パーツはあるので交換してみることに。
DSC02578.jpg


DSC02580.jpg
メインシャフトも一応交換しました。


DSC02579.jpg
支障がなければリンクボールはリンケージから外さず、ネジで外した方がいいみたいです。
ただ、この付け根部分も甘くなってガタが出てくるみたいですね。落としたりすると。


取り外したスワッシュをじっくり確認してみましたが、これといって大丈夫そうなんですよねー。
ベアリングも緩んでもいませんでした。
リンクボールの付け根が少し甘いような気はしましたが。




さらに、発見!!

DSC02577.jpg


ゲゲ!!!
フレーム割れてるじゃん!!!!!  (ナメンナヨ 氷点下を・・・・・)by冬将軍



まぁ、こんなのは瞬間接着剤でOKですよ! www
(フレーム交換なんて面倒すぎです・・)
幸いにもしっかり接着剤が効きました。



さぁ、これで、直ったんでしょうか??



T-REX150 行く! 2へ続く。


10:37:08
XBus専用受信機

気が付いたら出てましたねー。
待ってました!! って、方も多いのではないでしょうか?


11123443.jpg


XBus専用の受信機で、差しこみ端子はXBusとバインド・テレメセンサー端子のみの、
薄型・軽量レシーバーですね。


これを使えば、軽量化と配線の簡素化がより簡単になりそうです。

XBusで、JRのジャイロはもちろん、マイクロビーストやV-barなどもBus接続可能なんで、RCヘリの
レシーバーの主流になりそうですね。(マルチなどのDJIのNazaはどうなんでしょう?XBUS接続。)


●寸法:9.5×30×33.5㎜
●重量:7g
●方式:DMSS
●動作電圧:4.5-8.5V
●リモートアンテナ:RA01TL(1)/RA01L(2)
●テレメトリーモジュール(リモートアンテナに搭載)
●RGケーブル(150mm)

価格 : 17,850円(税抜17,000円)


リモートアンテナが2個付属してくるみたいですが・・・・・・・・・
このアンテナがちょっと邪魔。。。。。

Parent category:プロポ Category:XG14コメント:4トラックバック:0
09:47:54
長らく放置していたE6 エロシックスが、復活しましたよ!


機体はほぼ新品KIT品を使って、新品状態です。一部前の物を流用していますが。

そして、今回復活にあたって、なんかそのままでは面白くない・・・・・。
せっかくだから、気分転換にキャノピーを変えました。


DSC02572.jpg

グリーンにしてみました。
(グリーンって上空の視認性どうなんでしょ?)



DSC02575.jpg
DSC02573.jpg


おぉーカッコいいんではないか!?



とりあえず、自宅前で浮上テスト。
問題無さそうです。
あとは、飛行場でゲイン調整など細かいセッティングですが、これは時期的にまだ先になりますねー。
それにしても、以前のデータがあるので、セッティングにそんな時間は掛からないと思います。




やっぱ、キャノピー変えると、違うエロ嬢みたいで、
そそるなぁーwwww

22:09:47
今日は久しぶりに、風も無く天気も良かったので、本格的にREX150の調整フライトが出来ました。


部屋ホバ用にオレンジブレード付けてましたが、この時期は室内がメインになりそうなのと
交換が面倒だったので、そのままオレンジブレードでのテストです。






・最終的に本体レートダイヤルは12時 ゲインダイヤルも12時になりました。
・トラベルアジャスト  ラダーは120% ピッチ83%
・ST2のD/R すべて100%  EXP エレ10% エル15% ラダ無し
・ST2スロカ ALL 100%






この機体面白い!!

ピッチは良く入り、パワーも喰われる事無く良く付いてきます。
陀の入りも非常にいいです。
これでもオレンジブレードなので、黒ブレードならさらに切れが良くなることと思います。

なんてったて、この季節、-3°ですよ。この中で、連続で回してって、全然タレてきません。
時間が経つとたまに、急に電圧降下おこしますが、これはリポの問題でしょうがないですね。



ジャイロの安定性も非常に良い方だと思います。
機体が小さいので、流れやすく、細かい修正陀は必要。流れ出すと早いです。
ピルエットは補正が効いていて、かなり楽。(JRはもっとユーザーまかせな補正なんで、指が必要)

・テールの抑え、コントロールがルーズ。
これはモーター式なんでしょうがないかなーー。これを補える腕が必要です。

僕的にはこのサイズ(200以下)で、ベルトやトルクチューブの調整などのわずらわしさ、が苦手なんで(パーツ小さすぎるしw)
このモーター式のお手軽さは魅力ですねー。
何かあったら、テールASSY交換でほぼ問題解決ですwww

ラダーレートはトラベルアジャストのラダーを125%くらいまで引き上げると結構早くなります。
ただ、気のせいか、指のせいか、回してる時の安定性が悪くなる気がします。
120%を下回ると、極端にレート遅くなります。
安定性は良くなるんですが。

今後125%くらいで、D/R落としたり、EXP多めに入れてみたり、色々してみて試してみようと思います。



今までのこのサイズのマイクロから見ると、別格の飛びだと思います。
(と言っても、僕が知ってるのはワルケラだけです) mcpxBLはさわったことがないので、比較出来ませんです。


ワルケラV120-僕的にはすべてREX150勝ち

BLADE130X-これは難しい・・・・・・・ 完調なら130Xの勝ち。
大きさが結構違うだけあって、浮きや、テールなど130X優勢。
ただ!かなり気分屋w 安定性は150の方があるような気がする。
サーボ良く壊れる。 テールすぐに機嫌が悪くなる。ガタが多い。パーツが高すぎ!450の方がへたすりゃ安く上がるというwww
ちょっと修理・調整がめんどくさくなったってのが正直なところです。


150もこれからの壊れやすさ、メンテ性、パーツ費用、この辺を総合的にみないとまだわかりませんねー。
ただ、飛ばしていて本当に面白いです!!
REX150買って良かったっすww




最後はお決まりの墜落ですwww

サイドフリップからで、一瞬わからなくなりました。
「あれ?どっちだっけ?」頭で考えたらもう駄目ですね。
リカバリー間に合わず、ギリでHOLD。

スキッドが外れただけで、奇跡的に無傷ww
キャノピーもテープ補強のおかげで、割れ無しです。
その後も飛ばしてみましたが大丈夫ですねー。

ラッキーでしたw













16:10:44
さて、待ちに待った150が到着して、とりあえずの設定やらテストやらを終えてきて
少しずつですが150のことがわかってきました。


実際に手に入れて、色々さわってみないと見えてこないことも多々あるので、
ここで、あらためて、

少し前の動画を見直して Alan Szabo Jr. 飛びと設定の検証をしてみました。

(もちろん、自分3D入門レベルの想像でしゃべってますww 他のフライヤーの方の意見もうかがえると嬉しいです)







うーーん、何回見てもすばらしい!!

あらためて、150を所有して自分が感じたことを念頭に見ると、納得出来る部分が出てきます。


・冒頭ですぐにスタントに入れてピルエットから入りますが、
おそらくあのピルエットスピードでほぼMAXに近いと思います。(デフォのレート)
・150はテール弱い、ピルレート低いと報告が上がっていますが、そのままなんだと思います。あれで。

なので、アランの演技でも、ピルエット系は早く回して無いことに気が付くと思います。
ピルフリなども。

・ピッチの効き方、パワー、陀の入り方。
この辺は、150はかなり切れます。(ユーザーの皆さんも感じてると思います)なので、メトロやフリップ系などは切れのある迫力の演技になってますね。

・ジャイロの安定性
これも僕の初感ですが、結構良くHOLDしてくれると思います。
機体が小さいので、振られやすいので、細かい修正陀は必要ですが。

トルネードや上空、背面などの動画の安定性もそのままに感じます。


動画の音声を注意深く聞いているとわかると思うのですが、回転系の演技から静演技、上空演技に切り替わる所で
パチパチスイッチの音が入ってます。
おそらくフライトモードのスイッチで、アランのような人でも、演技に合わせて、細かくやりやすい設定に変更
していることが伺えました。
(てっきり、飛び立ってから着陸までST2入りっぱなしだと思っていましたので意外でした。)



このような僕の勝手な分析ですが、アランが飛ばしている150も僕らエンドユーザーの150もなんら変わらない物だと
感じました。あたりまえなんですが、何処か疑ってみたくなりますからwwwww
一個一個の細かい動きは納得出来る物が多く感じました。


面白いことに、機体は150でも、演技は何処までいってもアランの演技なんですよねwwww700も同じ感じですww
回らないテールを補って、上手く他の演技と織り交ぜて、違和感無く見せています。
やっぱり、すげーーなーー!!とあらためて感心しました! 心より尊敬します。



次は、そのアランの設定を見て行きましょう!!

11123.jpg
レートは1時半 ゲインは11時ってとこでしょうか。
キレキレ設定ですね。




22223455.jpg
トラベルアジャスト
ラダーを110に少し上げてますね。
(僕の感想だと110でもかなり遅いです。125くらいまで上げるとそこそこ回るようになったんですが、ちょっと不安定な感じがします)
ピッチが75%  おそらく11°だと思います。あっても12°じゃないですかね、この数値だと。



345455.jpg
ラダーのジャイロ感度は52%
このプロポのデフォは50%だったと思うので、少し上げた位ですね。




44567.jpg
44356.jpg
5443.jpg
D/Rはすべて100%で、エル・エレのみEXP10%入れてますね。




56754.jpg
ピッチカーブ
面白いのはノーマルのピッチカーブです。
スティック中立まで0で、そこから急に上げてますね。
これは、ホバって言うよりも、離着陸用の設定のような気がします。

657886.jpg
ノーマルのスロットカーブ
これまた極端に低いです。
急に付くピッチを回転数を落としてマイルドにしているのでしょうか??




5556787.jpg
56788767.jpg
ST1 ST2のピッチカーブは0-100の一直線ですね。



76778.jpg
ST1のスロットカーブ
84-90とやや抑えめです。
静演技や上空演技の設定なのかな??



76546.jpg
ST2のスロットカーブ
100一直線です。



以上なんですが、こうやってみても、特段、特別なことはしていないんですよねー。
やはりノーマルでも、こういう飛びは出来るってことなのだと思います。





今日、風も無く天気が良かったので、外での飛行テストフライトしました。
動画も撮ったので編集次第アップします。
(アランの動画の後に出すには、クソ過ぎて笑えませんが・・・・・w)

設定しつつ、ちょっと回してみたりとか・・・。
最後には落としてみたりとか・・・・・wwww(無事でした)


ただ、一つだけ言える事がありました!!

REX150おもしれぇーーーーーーー!!!!!!www











18:36:56
三角関数とREX150


なにやら小説みたいな題になってますが・・・wwwww


DSC02566.jpg


皆さん、マイクロヘリのピッチ角はどうやって測定していますか??


250クラス位からだとなんとかピッチゲージ使えるのですが、
マイクロクラスには使えませんし、無理やり使用しても誤差が出て正確性に欠けます。
アプリで画像を撮った物に角度を合わせてピッチ角を計る物もありますが、
あれも、微妙な撮影角度で誤差が出そうです。

さらになんと言っても、マイクロヘリに通常のセオリーが通じないこともしばしばで・・・・・・アセ
なので、僕はおおむね合わせたら、後は飛ばした感覚で調整して合わせていました。
(基本はこれで良いとは思います。自分が飛ばしやすいことは大事です)

ただ、きちんとした形が見えていないのも、気持ちが悪いですよねーー。



そんな中、ブログなどでお付き合いさせて頂いている、藪 丈二さんが、tiger22さんのブログにて
三角関数でREX150のピッチ角を調整法を掲載しているのを拝見し、無理を言って僕の
ブログへの抜粋・転載の許可をお願い致しました。
前にも何度かこの方法は伺っていたことがあるのですが、今回、REX150の実寸法も記載されてますので、
より多くの方に、わかりやすく調整できることと思い。お願いしました。



これはいわいる、三角関数と言われるもので、サイン・コサイン・タンジェントってやつです。
三角形の斜辺と角度・高さを計算してピッチ角を合わせようってものです。
(ちなみに、僕も全然わかってませんので、あしからずwwww)


まずは、この図をご覧ください。
キャプチ2223ャ
これがサイン・コサインの関係です。(営業の高橋さんも同じような三角関係を築いておりましたw)

斜辺が1である右下に直角があって左下の角の角度がθ(シータと読みます)の三角形の下の辺の長さをcosθ、右の辺の長さをsinθと定義します。



これを踏まえて、以下の藪丈二さんの抜粋した記事をご覧ください。


「(4)最大(最少)ピッチ角度のEndPoint(Travel Adjust)パラメーター 
  は、送信機によって異なっていることと、メーカー推奨値もあてに
  なりません。
  例えば、JR11Xの場合、推奨値70%をうのみにすると、平均 
  ±9.2°にしかなりませんので、皆さんの送信機も、実際に測定し  てEndPoint(Travel Adjust)パラメーターをセッティングする必要が  あります。

(5)私の最大・最少ピッチ角の調整
 ア 準備
  ・まず最初に、メインブレード長(ブレード先端からブレードグリッ    プホール中心まで)を測定しておきます。:120mm
  ・次に、Midスティックゼロ度におけるブレードを、機首尾線に直 
   角になるよう平行に先端を揃えて折り曲げ、ブレー端の机上面   からの高さを測定しておきます。:74mm

  ・最大(最少)ピッチ角度(±11°)調整には三角関数(正弦)を使用   します。
   すなわち、ブレード面を「斜辺」とするSin(11deg) の垂辺を求め   る訳です。
   垂辺 = ブレード長(120mm) x Sin(11deg) = 120mm x 0.19081
      ≒ 22.9mm

イ 最大ピッチ角調整
   スロットル・スティックを最大にした時、ブレード先端の机上面高  さが、74mm + 22.9mm ≒ 97mmになるようTravel Adjust・Pitchを  調整します。PIT:H90%

ウ 最少ピッチ角調整
   スロットル・スティックを最少にした時、ブレード先端の机上面高  さが、74mm-22.9mm≒51mmになるようTravel Adjust・Pitchを   調整します。PIT:L90%」


「Sin11°のやり方です。
11と入力して、電卓左側の「sin」キーをクリックすれば出てきます。

逆に、0.190808995から角度を出すやり方です。
0.190808995と入力して、電卓左側の「Inv」、「sin」、「=」の順にクリックすれば度数が出てきます。」

ちなみに、関数電卓はWindowsの「アクセサリ」→「関数電卓」を使用できます。
これも藪丈二さん情報です。


74mmと言うのが、今の机上からブレード支点までの数値ですね。
なのでこの数値を、足し引きしています。


机上からブレードの端までの寸法をこの数値に合うように、トラベルアジャストの数値を調整します。
これは、かなり正確に角度が出る方法だと思います。






ちなみに、0ピッチ調整も必要です。
本来はプロポのスタント2などで、ピッチカーブー100% 0 +100% の一直線のカーブ時に
スティック中立 0 の値の時に、2枚のブレードを平行に折りたたんでブレード端が揃う、同一平面にな
れば正解。
違っていれば、本来はリンケージにて調整ですが、REX150のリンケージは調整不可なので、
ブレードが同一平面になるように、プロポの中立時のピッチ数値を調整します。


DSC02571.jpg



さらに、これはJRプロポユーザーだけが抱える悩みなのかもしれませんが、プロポゲイン数値入力時の
悩みです。

以下、抜粋
「TREX 150DFCのジャイロ感度設定はどうされていますか。

マニュアルでは、JR送信機=70%となっていますが、ご存知のとおりXG系でも11X系でもジャイロ感度設定は、「N(ノーマル)」と「T(テールロック)」の選択が可能になっています。

私は、煩わしいのでノーマルモード、スタント・モードとも、「N」スケールの70%でセッティングしており、感度切り替えは「F MODE」スイッチと連動させています。

当初、75%でフライトさせたのですがテールが少しハンティングしていましたので、次回は70%でトライしてみます。

なお、TスケールとNスケールとの換算ですが、「1.4」という係数がよくつかわれているようです。すなわちTスケールの「50」は、Nスケールでは、
50 x 1.4 = 70 」


このスケールの違いというのも、よく知りませんでした。
JRのゲインには、大枠のノーマルモードとT・LOCKの切り替えがあり、さらにT・LOCKモードのなかで、さらに
NとTのモードに分かれます。

さらには、これが使用するジャイロによって、どう反映されるのかも変わってくるので
大変です。。。
当然REX150もまだ良くわからないので、検証中です。

僕の受けた感じですと、ノーマルモードでは比較的素直なテールの動き。
でも、T・LOCKモードにすると、「ちょん」っとラダー
入れると、「おつり」のような反動が出ます。
外での検証もしていないので、まだ何とも言えません。

皆さんの意見もお聞き出来ると幸いです。




いかがだったでしょうか?
文字ばかりで、少々難しい内容ですが、非常に理にかなった調整法だと思います。
詳しい公式など理解しなくても、REX150ユーザーであれば、この数値を参照に合わせれば、
+-11°が簡単に合わせられるものかと思います。


最後に、藪丈二さん。
ためになるお話ありがとうございました!

15:06:47
T-REX150DFCのテストホバです。

DSC02565.jpg


着弾、初期設定後、外で2フライト。
風も強く、寒さもあいまってテスト続行断念しましたw


そこでマイクロらしく、部屋ホバでのテストに切り替えしました。



・ブレードはオレンジブレード
・本体レートダイヤルは11時
・本体ゲインダイヤルは12時
・プロポジャイロゲインは70%
・プロポホバモードをD/Rを70% EXP25%まで落として陀をぬるくしています。
・ピッチのリミットは80%(実ピッチ11°)
・ホバーリング時(スティック中立)のスロットカーブは65%
・0ピッチずれていたので修正しています。


(部屋が散らかってるのは、見ないで下さいw)

結構安定していますねー。
中々良いと思います。
結構流れて、ピタホバは難しいですが、逆に部屋でやる細かい修正陀の練習になりそうですよw

それにもともと、このサイズで3D専用機みたいな機種ですから、これでも上出来だと思います。
制御されすぎちゃうと回りませんので。


また、外での本格的なフライト・調整は別になります。
このサイズでは、ちょっとの風でも結構影響受けますからね。(早く春よこい!!)



16:33:06
DSC02553.jpg


T-REX150 DMSSバインド 調整編です。



このREX150はマニュアルは付属していません。
続きはWEBで! みたいな形になってます。
(今どきの流れですが、ネット環境無い人はどうすりゃいいのでしょうねー? www)

そのWEBのマニュアルも、設定動画などもありますが、いまいちわかりずらかったので
簡単にまとめてみました。

マニュアル
http://ms.align.com.tw/mpeg/manuals/helicopters/RH15E01X.pdf

DMS 2 設定・バインド動画
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=RDSjOlTKptA

DMSSの動画が無かったので参考にしたのは同じJR系のDMS 2のやつです。



まずは、バインド作業なのですが、その前にある程度、設定の暫定値を入力しておかないといけません。
変な動きになって、機体を壊しかねませんので重要です。



JR DMSS 
プロポ設定

・タイプ ヘリ
・スワッシュ 1サーボノーマル
・ジャイロ=ギアch

・トラベルアジャスト
  ピッチのみ70% 
  他は100%のまま
  ラダーレートは好みに合わせて、のちに増減させます。

(ここで、ピッチを70%に落とすのは、サーボが動きすぎてリンケージを突っ張って壊さないようにするための
リミット調整です。重要なので必ずしましょう)

・リバースサーボ  
  N ノーマル R リバース
  ・スロット N
  ・エルロン R
  ・エレベーター R
  ・ラダー R
  ・ピッチ R
  ・ジャイロ N


ジャイロセンスは50%から様子見
ピッチカーブ・スロットカーブは暫定値を入力後 飛行を見ながら調整していくのがいいと思います。
特にピッチはマイクロの場合 ゲージを用いての計測や他の方法も色々ありますが、ちょっとの誤差で
値が変わってしまうので、おおむね合わせて、後は飛ばしながらで僕はいつも微調整しています。



バインド

他のアンテナは、バインドプラグやSETボタン押しなど 色々あるみたいですが、
DMSSは非常に簡単になってました。

DSC02559.jpg

まずは安全のために、モーター配線を外します。(バインド・調整時も)
サーボ・リンケージ保護のため、初めての設定時はリンケージも外した方がいいです。


DMSSサテライト取り付け
DSC02560.jpg



この状態で
・プロポ ON
・機体 バッテリーON
・プロポ バインドスイッチON

DSC02561.jpg

この手順だけです。
これだけでバインド作業が完了するので、一度電源を落として、サテライトアンテナを固定します。
DSC02563.jpg


サイズ的にもぴったりで、キャノピーにも干渉しませんね。
ただ、少し左に寄せないとモーターコネクターに干渉するので、その部分は逃がします。



後は普通に起動しますので、プロポON バッテリーONで 数秒で起動します。

「クマー隊」さんが起動時にピピピを70回くらいかかって時間がかかることもあるみたいですが、
僕の場合は5秒から10秒以内で毎回バインド起動しますので、この辺はサテライトの種類の差なのかもしれません。


DSC02562.jpg

右ダイヤルが2軸のゲイン(エルロン・エレベーター)
ラダーゲインはプロポ側から調整

左ダイヤルは2軸のレート(すばやさみたいなもんですかね)
マニュアルによると一杯左でビギナー 12時で中級3Dフライヤー それ以上でプロ級 みたいなこと
書かれてますww


僕はとりあえず、初期値からテスト調整 です。

まだ2Fほどですが、テストの報告も。

まず、各所でかなり機敏でピーキーみたいな感想が上がってますが、
上のビギナーダイヤル値でのテストでは、中々の安定と動きで扱い安かったです。
(上級者には動かなすぎて、逆に怖いですw)
僕は黒ブレードで飛ばしてましたが、これでオレンジブレードで回転数低めに回せば、部屋ホバの練習も
全然余裕だと思います。
安定性も3D機にしては、いいと思います。(ホントの初心者には、厳しいかも)


ところが、これがレートダイヤルを12時位に回して、回転数上げると、一辺しますね!!

かなりのジャジャ馬っぷりを垣間見せます。
今日は特に風も強く、飛ばしずらかったので、無理はせずに少しレート落としました。


後、良く言われている「テール抑えが弱い」ってとこなんですが、
なーるほど、確かにテールが弱めで、納まりも悪い感じがします。
(調整段階なので初感ですが)


ラダーゲインを50%から始めると、まともに離陸出来ないほど振られましたので、70%まで上げました。
ラダーゲインを上げれば上げるほど、テールの抑えは強くなりますね。
本当はもっと上げたいのですが、これ以上上げるとハンチングが出だしました。

ピルエットレートもデフォのままでは遅すぎたので、トラベルアジャストで125%まで上げ。
そこそこ上がりましたが、止まりが悪く「ヌル」っと滑る感じがします。

ただ、この辺はテールモーター式なんで限度はありそうですねー。
(個人的にはたいした3D出来ないので、マイクロ系はシャフトより、メンテが楽なモーター式が好きですがww)


季節がら今こちらは厳しいですが、ゆっくり調整を詰めていこうと思います。

DSC02565.jpg


物の作りはいいですね!さすがアラインです。
壊れやすいという報告も多数ありますが、パワーがある分多少はしょうがないとは思います。
何処かで、ヒューズ的に壊さなければならないので、それをなるべく簡単で安い部分だと助かるんですけどねー。
これからの改良に期待しましょう!



















15:26:35
T-REX150DFC 着だーーん!!

来ましたよついにー!!
DSC02550.jpg

郵便局のおっさんが運んできて、梱包見てやっぱり小さいなーと思ったんですが、


中を見て、またビックリ!

DSC02552.jpg
さらに小せーー!
カッターと比較してこの大きさw


DSC02555.jpg
うひょ!

DSC02556.jpg
でたーーー!

ちなみに、「A」刻印物でした。

購入したとこは、216ドルに送料18ドル 日本円で約、本体22000円 送料1900円くらいでした。
円高なので、一時期から見ると若干割高ですが、まぁいいとこでしょう!


DSC02557.jpg
早速、充電しながら、初期設定の準備を。
JR充電器の右にあるのが、現地充電用に一緒に購入した専用充電器です。(これで何分充電なのでしょうかね? 検証はしばらく先になりそう)



(記事が長くなるので、調整・テストは分けて書きます)


キャノピーですが、これは他社のマイクロと同じ材質みたいなので、すぐにパリパリに割れること間違いないですw

なので、最初からグラステープで補強しました。
DSC02564.jpg




DSC02566.jpg
(デスクトップのオブジェサイズですwww)




追記 
JRの充電器で充電していた所、かなり早く充電があがります。(10分かからない)
あれ?と思って良くみると、JR充電器は1.1A リポが250mAhなんで4Cちょいで充電していることに
なります。w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!
たまの急ぎならいいですが、普段から使うには少し強すぎますかね。
ALIGNの充電器が0.5Aで2C充電になってます。
僕は他にも家にあったナインイーグルの2セルバランス端子充電器が0.6Aなんで
なので、家ではこっちを使おうっと!!

2014/01/11
19:31:53
2014のJRの新製品情報が徐々に上がってきています。


もう各所でアップされているので、ご存じの方も多いと思います。


まずは、FORZA450の3ローターヘッド

img_117845_9891702_3.jpg

興味はあるんですが、値段もいい値段するのでちょっと試すってわけにもいかなそうです。
また、今のままでも十分な飛びと浮きなので、なおさら触手が動きませんねーw



次は、FORZA開発当初から話があった、6セルバージョン!!

img_117845_9891702_4.jpg


1524697_611577735557149_1916096643_n.jpg



いよーー! 待ってましたーー!
僕は最初から6セル仕様が欲しくて、早く出ねーかなーと思ってはいたんですが・・・・
これまた正直、今の3セルでも、十二分な飛びっすw

フルカウルはかっこいいですねーー。
ゴブリンふうになっていくんですね。流行り?
確かにかっこいいし、テールカバー合った方が視認性はいいですよね。
落とした時の出費は確実に増えますが・・・・www
(6セル・フルカウルは我慢出来なくて、そのうちやっちゃうかもーーw)


後もう一つの、ビックニュース!


FORZA700

img_117845_9891702_6.jpg
えぇーーまじで!?

すげーーー興味あります・・・



海外のホビーショーでは実機も出てきたみたいですね。
もちろんまだプロトタイプでしょうけど。
1535472_611577748890481_2057265157_n.jpg
1526548_611577682223821_1201463205_n.jpg


うっはぁーーーー!!かっこいいーーー!!

これで、FORZA450の飛びから色々 妄想・期待しちゃいますよねーー!

実は僕の中での、一つのゴールが700クラスのオーナーになることなんです。
今は、経済的にも技術的にもまだ難しいと感じているのですが、
T-REX700Eは必ず買おうと秘かに思い描いてました。

でも、FORZA700 これはかなりグラっときましたねー。
この先の皆さんの評価が楽しみです。




さらに、最後のおまけは


28X

1497699_611519865562936_636842463_n.jpg


ついに、JRも高級プロポでますか!

一部のセレブ飛行家の間では、JRプロポの高級仕様プロポを望む声も結構あったとか、無かったとか・・・。

まぁ、これは、自分には間違いなく買えないので、ある意味、興味湧きませんわ(爆)








21:52:53
T-REX150は2セルバッテリーなんですが、バランスコネクターのみで給電も充電もするので、
充電器はバランスコネクターから充電出来るバランス充電器が必要です。


そこで前から気になっていたJRの充電器を入手しました。

DSC02520.jpg
DSC02521.jpg

2セルと3セルまでバランスコネクターで充電できます。
ちょっとした充電に大きい充電器を出すのも面倒なので、お手軽なのもひとつ欲しかったんですよー。
一応3セル2200mahバッテリー付属の充電器なんで、その辺までは大丈夫だと思います。




あと、T-REX150のDMSSサテライトアンテナなんですが、初見でなんか小さいなーと思っていたのですが、

DSC02522.jpg

手持ちのサテライトと比較してみました。
やっぱり小さいっす!
このサイズのものがJRでも販売しているのかは確認とってませんが、うちにあるDMSSサテライトはすべて
この右側のサイズなので、やっぱりREX150に載せる為に小型化と軽量化を施したのでは
ないでしょうか。

えらいぞ!! アライン・JR!!


あ、重さ計るの忘れた・・・   wwww


と、今頃JRのカタログ見てみたら
RA01C て言うのが似ている。


034533330.jpg

コネクター細工しただけで
これと一緒かな???
うーん持ってないのでワカランですww







19:08:48
DSC02523.jpg


去年の夏に墜落して以来放置していたE6

ようやく復活に向けて組み始めました。
と言っても、機体はKITを新規購入しての新規製作みたいなもんなんで、メカ類だけ移植するだけです。

DSC02524.jpg

組み立て時に購入しておいたクイックバッテリーマウントも一緒に組み込み。

DSC02525.jpg
奥に見えるのは前の墜落機体です。


DSC02526.jpg
2回目なんでサクサク組み上がっていきますねーww


DSC02527.jpg
ジャイロはここに搭載しています。
E6のジャイロ搭載位置のデフォはテールギアケースの上なんですが、
ギアケースのギアが摩耗してくると、振動するようになってジャイロに悪影響するようになる
事例が多いのでここにしています。
前もここに搭載していましたが、特に問題無かったので大丈夫でしょう!


DSC02531.jpg
DSC02530.jpg
ジャイロ制御盤とレシーバーはこのようにサンドイッチして配置しています。


DSC02528.jpg
アンプも無償交換してもらったV2物です。




もう完成まじかだもんねーーー!!!
なーーんて思っていたら・・・・・・


なんか・・・・エルロンサーボの感触が変・・・・!?

前の墜落時にちょっと動かして確かめた時は問題無さそうだったんですが。
手でサーボを動かしてみると、僅かですが、引っかかる感じがするんです。
他のサーボはそんな感じしません。
DSC02533.jpg

こりゃ、ギア欠けたかな・・・?
と思って、ばらしてみたんですが。
DSC02532.jpg


ところが、
見た感じは欠けてるふうでは無いんですよ。
あれ?でも違和感はあるんですよねーー。
ギアがちょっと変な当たりが付いたんでしょうか?


とりあえず、通電してテストして問題無さそうなら、
このまま使って様子見てみようかと思うんですが、やっぱりマズイかなーー???
JRに送って見て貰った方がいいのか?  うーーん悩みます。



15:21:07
北地の車窓から

ちゃらちゃちゃちゃーーちゃちゃん、ちゃーらー(BGM)

DSC02518.jpg





いやーー、寒いっす!
先日のフライト動画ですが、家で正月ボケかましてたんで、なおさら寒い!!

てことで、なまけて車の中からフライトしましたwwwwww
ふざけてますよねーー。
でも
車の中は暖かいし最高ですねww
機種はもちDISCO!

GPS制御の安定性と自立性がなせるワザです!
姿勢がわからなくなったら、手をはなしてNAZAにオマカセw
機体を見失ったら、GO HOMEオン! ww
車内で電波がもし途切れても、問題無し!


って、ことで、やってみましたよ、車内からのフライト!

DSC02519.jpg


これが意外に、問題無く普通に飛べましたwwww


普通のCPヘリなら厳しいですが、GPS制御のマルチなら結構余裕ですw
ただし車の中からでもおおむね機体が見える範囲に限りますが(爆)






16:02:27
皆さま、あけおめっす。

すっかり正月ボケなテツテツですwwww


3日。今年の飛ばし初めに行ってきました!!
いやーーー、何カ月ぶりのフライトなんでしょうか?
1カ月半はあいていますね。。。。

当日は気温ー3° 曇りの雪がちらつくなかで、良コンデションとは言い難かったですが
久しぶりのフライトを楽しんできました!!

DSC02509.jpg


一面真っ白!空も灰色! 見えたもんじゃねぇーーーーwwwww

メンバーはいつもの3人。
僕とH氏、W氏。

H氏とW氏は、久しぶりのフライトの緊張と寒さで、やや意気消沈気味w
共にマスターCP、2フライトと飛行機(モグラ・カタナ)2フライトと 少なめでしたー。
DSC02514.jpg
DSC02516.jpg
DSC02513.jpg




僕はその分もっと精力的に飛ばしましたが、やっぱり寒さがこたえましたねー。
午後からは風も強くなり体感温度はさらに氷点ですw

僕は
FORZAとDISCO PROそれにCaipirinha
が、CaipirinhaはGPSが不調で飛行見合わせ。

DSC02508.jpg
DSC02510.jpg
やっぱりFORZA最高!!!
E6と並んで、もう手放せない機体ですね!


FORZA 4
DISCO 4
この位で終了してしまいました。
とりあえず、久しぶりのフライトだったのでそれでも満足でした!
DSC02517.jpg




空撮もちょっと面白めのが撮れたのでそれは、後日アップしますねーー。

今回の動画は全体のダイジェスト版って感じで!



最新記事
プロフィール

テツテツ32

Author:テツテツ32
テツテツのポケット・・・・・・RCヘリ・ATV・スケールクローラー・GUN・FPS・カスタム・アウトドア・・・・etc
どうやら、奥深く宇宙は広がっているようです。。。
しばし現実を忘れて、宇宙遊泳といきますか。。。(* ̄ρ ̄)”

カテゴリ
DRX (3)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ