私しテツテツのポケットの中の宇宙へようこそ! さてさて・・・このポケットの中には何が広がっているんでしょうか。気の向くまま心の揺れるまま、遊びを追求していくブログです。
2013/08«│ 2013/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2013/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:27:17
TBS DISCOVERY PROをちょと仕様変更しました。

DSC02364.jpg

モーターの変更です。

750KV→900KVへ。

DSC02365.jpg

750KVでちょっと浮かしてみた感じ、ちょっとパワー不足を感じました。
まったりロングフライトで飛ばすには、ちょうど良さそうですが、風の強い日や
キビキビしたい時にはちょっとパワー不足な感じでした。

そこで同じメーカーの900KVに変更です。
もともとPROは900KVが推奨なんですよ。

これに変えてテストした結果、ほぼ自分がイメージする動きに近くなりました!



ESCのスロットキャリブレーションもしました。
DSC02366.jpg
わかりずらいですが・・・・・w

4個のESCを4股のコードで一緒にキャリブレーションしてます。
これは、1個1個別々でスロットキャリブレーションすると、微妙な誤差が出て、
モーターの回るタイミングや回転数がズレルことがあるらしいので、4個一緒に合わせることが
ミソらしい。。。。

どうしてもドリフトしたり流れたりする場合は、試してみる価値があるかもです。



DSC02367.jpg
ペラバランスもとりました。
結構ズレてましたねー。


そんなこんなで、ひとまず完成しました。
飛行場にてテスト飛行もひとまず成功です!!!

DSC02379.jpg


職場関係の人が最近購入したF550と一緒に記念撮影 パチリ!





今回、初めてマルチコプターやジンバルなんてものに触れましたが、
非常に難航しました。
そんな中、このキットを購入したep-modelsさん
には、多大な手厚いサポートをして頂きました!!!
右も左もわからない、僕に、
本当に親切に色々教えて頂きました。
感謝の言葉もいいつくせません。本当にありがとうございました!
EPさんのアドバイスが無かったら、まだまだ完成には程遠かったと思います。

また、他のマルチブログをやられている方々にも、不躾ないきなりな質問にも構わず、
色々教えて頂き、本当にありがたく思います。

こういう繋がりで、友達になれたり、趣味が奥深くやっていけたりと、
本当にいいものだなーと感じます。

特に僕は単身独学で色々初めてしまったので、皆さまの助けが無かったら当に挫折しておりました。

皆さんから、色々教えて頂いた分、僕も可能なかぎり、知っているかぎり、
聞かれたら伝えていきたいと思っています。
それがまた次へと繋がっていくんでしょう!


だって、誰だって最初は無知で、誰かしらに教えてもらっているのですから。


あらたなジャンルに踏み出したことによって、皆さまのありがたさを、あらためて感じたテツテツでしたー。



DSC02388.jpg
(この画像のどこかにDISCOがいますw)

 

スポンサーサイト

22:25:49
今回は、フレームに配線接続していきます。



ロアーフレーム配線接続

DSC02339.jpg

フレーム基盤になってますので、まずはロアーフレームに各ESCの電源・バッテリー入力・NAZA PMUユニットの電源を接続。

DSC02341.jpg
DSC02340.jpg


もともと半田は苦手ですが、最近、半田が上手くなってきたのか?このキットの半田付きがいいのか?
意外にもすんなりと、比較的綺麗にいったと思います(もちろん、僕にしては。という意味で。爆)


DSC02337.jpg
次にアームにモーター搭載。
DSC02338.jpg
この辺も特に難しいことはないので、すんなりいきました。





DSC02345.jpg
そのロアーフレームに、先ほどのアームをセットして、NAZAのメインコントローラーをセットした所です。


DSC02346.jpg


NAZA接続

モーターのESC配線を、
右前-M1
左前-M2
左後ろ-M3
右後ろ-M4

に接続。

コントローラー側

スロット・エルロン・エレベーター・ラダーはそれぞれ、そのまま接続。
(プロポモードは飛行機で)
ここからが、少しDISCO PRO特有。

通常のNAZA配線であれば、U(フライトモード GPS/Atti/Failsafe)は5Ch GEARに接続
なのですが、
DISCO Proは5ch、6chにカメラジンバルの手動チルト機構のピッチとロールがそれぞれ
割り当てられています。
なので、Uは7chに接続。
また、8chはCCDパイロットカメラとGO PRO空撮カメラの映像切り替えスイッチに割り当てられています。

なので、NAZAのX1/X2のchを使おうと思うと、最低でもレシーバーは10ch必要なことになります。
X1/X2はゲイン調整ボリュームに割り当てたり、コースロック・ホームロックを使用する時に使います。

通常の有視界飛行では、コースロック・ホームロック機能は非常に有効で、ありがたい機能なのですが、
FPV飛行するには必要性がありません(姿勢を見失うことが無いですからねww。
なので、FPVを前提で作られてる機体だけあって、「その辺はキャンセルしても良い」という考えの
作りなんでしょう。




続いてアッパーフレーム配線接続



DSC02342.jpg
これ、なんて言う端子なのでしょうかね?

ロアーフレームに搭載された、NAZAからレシーバーに行く配線を、このアッパーの端子に接続して
アッパー上に設置されたレシーバーに繋いでいく仕組みです。


DSC02343.jpg
この端子も自分で半田付け。(思いのほか上手く言ったワイwwww)


DSC02351.jpg




他に、CCDカメラ配線・VTX映像出力配線もしていきます。
DSC02352.jpg
DSC02353.jpg


この辺は、純正機材であれば、コネクター1本で繋がっていきます。
他社機器でも、すぐコネクター横のフレームに取り出し口が設備されてますんで、ここに直接
配線してやればOKです。
(とりあえずFPVはしませんが、映像出力配線から、小型レコーダーを載せて、CCDのOSD越しの映像も空撮
してみようと思ってもいます)


また、2個上の画像の左に3つ並んで、右に1つの端子的な物が見えると思いますが、
これがスイッチになって。
DSC02361.jpg
・1つ単体の方がジンバルのキャリブレーションスイッチ
・3つ並んでいるのが、UP/ENTR/DWN のスイッチ。
これはカメラ映像越しに内蔵OSD表示で、機体の簡単なセットアップ・設定が出来るようになってます。



DSC02355.jpg
だいぶ形になってきましたよ!!


DSC02360.jpg
うーーん、このダブルカメラの図がかっこいい! 笑


DSC02363.jpg
バッテリーマウント部は、差し込み式なんで、マジックテープって訳にはいきません。
かといってベルクロのみなら滑りそうで怖いので、

滑り止めシートを貼りました。
これとベルクロ固定ならズレルことは無いでしょう。



DSC02357.jpg
NAZAのLEDシグナルは見やすいようにアーム横に設置しました。


DSC02359.jpg
DISCOの定番! V字立てアンテナもDIYwww


DSC02356.jpg
ロスト対策でロケーター(発信器)も設置です。(出番がないことを祈りつつ・・・・設置w)




DSC02358.jpg
まだ細かい仕様変更や作業が残っていますが、テスト出来るくらいまではきましたよーー!




本日のTEAM BLACKSHEEP



高層ビル・急降下はヤバいwwwww
こう言うのを見て、安易に真似をして、事故を起こし。結果厳しい規制が入る。
こういう構図にならないように自制心をもって健全に遊ばないとねーー!!

21:03:22
ここ数日TBS DISCOVERY PROの製作に没頭しておりました・・・。

これが、なかなか・・・・・難儀しましたがようやく先が見えてきた状態ですwww


とりあえず、かいつまんで記事をおいおい上げていこうと思います。


ジンバル組み立て
DSC02331.jpg
DSC02333.jpg
TOP部分にIMUをセット。


DSC02332.jpg



DSC02334.jpg
一つ一つのパーツの精度が非常に良く、仕上げも綺麗です。
配線の取り回しも考えられていますねー。


DSC02335.jpg
DSC02336.jpg
専用ダンパー。

このセッティングはGO PRO3用。
ちなみに、HERO1 HERO2それぞれのダンパーゴムセットが付属しています。



DSC02347.jpg
GO PROの背面スロットから直接IMUに繋がっていきます。
この辺はさすが専用設計ですねー。
DSC02348.jpg


DSC02349.jpg



サクっと! ジンバル完成!!!
と、記事ではサクっと書いてますが、実際は説明書も無く、色んな資料片手に難航しながらの
やっと完成でしたーーwwww



本日のTeam BlackSheep



20:49:54
ちゃ! ちゃくだーーーーん!!!!



DSC02319.jpg


ついに来ましたTBS DISCOVERY PRO!

いやー、もともとマルチコプターはそんなに好きでも無く興味も薄かったのですが、
いざ、やろうと思って色々調べて、最終的な機種をTBS DISCOVERY PROにしてから、
到着まで楽しみでしょうがなかったですwwww


これはフレームキットのみなので、付属パーツも一緒に着弾。

DSC02314.jpg

DSC02315.jpg
DSC02316.jpg
アンプセット
配線長も計算されているので、モーター配線と長さを合わせて、直差しになってます。



DSC02317.jpg
TBSモーター
750KV
PROの推奨は900KVなのですが、今回はパワーを抑えても燃費優先で750KVでやってみます。
(別名、予算の都合とも言う 笑)


DSC02318.jpg
CCDカメラ これもとりあえず仕入れてみました。
付くとこには付いていないとカッコ悪いですからねw
TBS CHiP CHiP これも値段優先でwww


DSC02310.jpg
DJIアーム
これも別売りです。

DSC02311.jpg
RCTimer Carbon 9x5
評判が良さそうだったので、チョイス。


DSC02312.jpg
DSC02313.jpg
電脳はNAZA V2
どうでもいいけど、NAZA高すぎ・・・・汗
この辺のセットアップもこれから勉強ですw


DSC02303.jpg
カメラも新調
GO PRO3 白。
当初は手持ちのHERO2でいこうと思ってましたが、HERO2を他の機体に載せたいので、
DISCO PROには3をゴチってやりました。
なんせ、この辺のカメラありきの機体ですからねー。


と、まぁ、気が付けば、僕の所有する機体の中で、間違いなく総工費では、一番の高額機体になりそうです・・・(@Д@; アセアセ・・・
コリャ気軽に落とせんばい。。。



まぁ、それはさておき
とりあえずキット開封。

DSC02325.jpg
アッパーフレーム


DSC02326.jpg
DSC02327.jpg

もう、フレームじゃねぇーよwwww
もし、これを割ったらどうなることやら・・・・ガクガクブルブル


DSC02328.jpg
ロアーフレーム
こっちは、ESCなど他の電源関係の実装がメイン。

DSC02329.jpg
TBS コア
(2系統オンボードレギュレーター)

DSC02320.jpg
ジンバルダンパーなど

DSC02322.jpg
小物

DSC02323.jpg
アルミジンバル

DSC02321.jpg
ジンバルモーター


説明書は無し!!!!
これ系を組んでる方ならまだ良いですが、マルチ組み初では正直、難易度高いですwww


長くなってしまったので、製作記は次回よりw


今回のTeam Blacksheep
http://www.youtube.com/watch?v=ESYr2y-WOeE&feature=share&list=TL7xpl7_Q4nZlVLG9JiTTx2lf8JTtuVpIQ
貼りつけ不可でした。。。。
理由はおそらく・・・・・・
動画を見て見て下さい。




2013/09/16
22:07:03
いよいよ、入荷真近な連絡が入ってきました。

TBS DISCOVERY PRO

t02200135_0800049112513979952.jpg



それに合わせて、いろいろ具体的な画像や内容もアップされつつあります。

フレームキット・ジンバル 内容
1174853_406844699436822_1947832445_n.jpg
999846_406845112770114_418935502_n.jpg
1098088_406846496103309_2049195134_n.jpg


画像元 もっと詳細見たい方はこちらへ
https://www.facebook.com/media/set/?set=oa.152232308311446&type=1


作り方のHOW TOも上がってました。



これ、マジか!?
電子系が苦手な自分が、初めて選ぶマルチじゃないような気がしてきたwwww
どこに、どう接続したらいいんだか・・・・・
また、ジンバルなどの細かい設定など・・・・

暫くは組むよりも、ググルことに時間が掛かりそうです(爆)


ジンバルのテストした人の動画もありました。


すばらしい!


うーーん。楽しみですーーー!

2013/09/15
20:56:17
本日フライト予定でしたが、朝からかなりの雨・・・・・・・・・


これは無理と思いながらも、ちょっとの止み間に飛ばせないものかと、一応飛行場に向かいました。


約1カ月ぶりになるフライトです。
雨のため本数はかなり少なかったですが、久しぶりで思いのほか満足出来ましたw


W氏 グライダー準備ー
DSC02294.jpg
この後、不調で視界から消え墜落しましたが、無事に発見。
被害も少なく良かったです!


H氏 FORZA
DSC02293.jpg
DSC02296.jpg

H氏も1カ月ぶりのフライトってことで、無難にホバで感触を確かめてました!


僕はREX450を軽くリハビリフライトと、組みあがった空撮用グライダーのGPSスタビライザーの動作テスト。
雨でほとんど写真撮ってませんorz

DSC02287.jpg
インストールしたArkbird スタビライザー。

今日のメインはこいつの動作確認です。

結果は大成功!!

というか、こいつArkbird素晴らしい!!!!!

ノーマルモード(ジャイロ安定)では、かなりの安定性と補正のスムースさが良かった。
自然な感じの安定フライトです。

RTH リターントゥホームのテスト。
最初はかなりドキドキでしたが、スイッチ入れた瞬間からぐるっと綺麗に旋回して一直線にホーム(パイロットの元)に帰ってきます。
一応設定高度を120Mに設定していましたので、その高度を保ちつつ帰還。
その後、操作をマニュアルに戻すまで、ホーム上空を30M範囲で旋回飛行して待機しています。

この辺の精度や動作が素晴らしい。
全然、飛行自体に不安がありません。

他の細かい、メニューも色々ありますが、これから少しずつ確かめてみたいですね。
ひとまずは大成功。
これで、安心して空撮に専念出来そうです。


DSC02291.jpg
後、ノーマルではちょっとパワー不足だったので、推力を計りながらプロペラを数種試しました。
一番、力のあったペラで今回フライトしてみましたが、パワー上がりました。
過不足なく、浮上出来ました。
ノーマルより0.5インチアップ(プッシャーなので、大きいペラをあまり使えません)
これでも少しボディを削りました。
他、ノーマルと同じインチの3ブレードも結構いい結果でした。



ちょっとこの空撮シリーズ、楽しすぎるかもーーーーwwww
これから、綺麗な紅葉でも撮れるといいなぁーーー。





2013/09/09
22:39:37
TEAM BLACK SHEEP

frontpage_banner.jpg


最近、このメーカーにそそられてヤバいですwww


BKACK SHEEP

直訳すると、「厄介者」 などと言う意味。
まぁ、ちょっと逝っちゃってる奴ってことでしょうねwww


(以下は、どっかで読んだ記憶がありますが、うる覚えなんで間違っているかもしれませんので、
あしからず。)

もともとは、ちょっとイカれた空撮集団だったみたいですね。
かなりキワドイ空撮をして、面白い画を撮っていたみたい。
なので、一般人からはちょっと煙たがられていた厄介者。


そんな彼らが、良い空撮機を求めるあまり、機体からパーツまで作り始め・・・・・
今では販売するまでになった。
そのメーカーの名を・・・
TEAM BLACK SHEEP



僕が予約してしまったクワッドがこれ。

TBS DISCOVERY PRO (GINBAL Frame Kit)


TBS1.jpg
discopro2.jpg

今までのフレームに加えて、GO PROのメタルブラシレス ジンバルを装備したPRO版。
電脳はNAZA V2の予定。

(最初、「TBS DISCOVERY」と言うのを目にした時に、ただのテレビ番組だと思ったのはナイショw  
通はDISCOと呼ぶらしい。  またDISCOと聞いて、まっさきにミラーボールやトラボルタが思い浮かべちゃ
駄目www)







お次はこんなのも、逝ってみたい。

TBS Caipirinha

yze6ude2.jpg

デルタ翼の空撮機。
この辺の形って飛ばしたことがないんだけど、どうなんでしょ?
安定性が悪そうな気もするんだけど。滑空飛行も可能??

運動性能は良さそうなんで、グライダーでは表せないような動きのある画を撮れそう。



この動画はマジでヤバいね!!



こんな感じで、ちょっと動きのある空撮にチャレンジしてみたいと思ってますww
(おかげでREX450Lは、しばらく買え無さそうです・・・・・orz  )




追記:
前記事のコメで少しふれてしまいましたが、FPV計画・構想は進行中ですが、
日本で個人無許可で飛ばす(電波出す)のは結構難しい現状です。


現段階では
・GO PRO WiFi などでFPV気分を味わう
・日本の技適品を探す(それらしきものもあるけど、未確認)
・地元で職業で空撮している方に色々お話聞けました。
(お金を積んで、膨大な労力を使えば、合法的(局開設?)にやることは可能。そこまでしてやれるかは・・・・?? )



とりあえずは、空撮メインで楽しんで、FPVはこれから時間をかけて模索していく予定です。


23:23:41
子供の頃の夢はパイロット
今なら、俺も空を飛べるかも知れません・・・・・・



なーんて、クサイこと言うつもりもないのですがwwww

かねてから、興味のあったFPVってやつをそろそろ本気で初めてみようと思い、色々物資を補充しています。


そもそもFPVってなんでしょう?

僕が好きでよくやっているゲーム・・・・・

それはFPSファーストパーソン・シューティング(First Person shooter)
ファーストパーソン=1人称(自分の目線)  
1人称シューティングって意味なんです。
ちなみに主人公を背中からみている視点(バイオハザードなど)はTPS
サードパーソンシューティングそう、3人称視点って意味なんです。


そこからいくと・・・FPV
ってのは、First Person View
「1人称の眺め」ってとこでしょうか。(そのままw)


まぁ、そういうことですよw
飛んでいる視点をリアルタイムで味わったら、そりゃもう飛んだと言っていいんではないんでしょうか?wwww
そう俺はパイロットになったと。

FPVのやり方などネットで広い集める、相変わらずの手探りスタートですwwww
この辺は日本では電波法などの問題もありますので、
FPVやられる方は、良く調べて行ってくださいね。


まず、ベースとなる機体は、モーターグライダーをチョイスしました。
最初はマルチコプターなどの安定した機体から始めるべきですが、とりあえずグライダーで。
後でマルチコプターにもチャレンジしてみようと思います。


41322.jpg
HK.SKY Eye
空撮・FPVを前提として作られており、前面がクリアドームになっていてカメラを仕込めるように
なってます。最近はこの手のFPV専用機が増えてきましたね。


DSC02276.jpg
構造自体はただのモーターグライダーなんで、さしてやることもなく・・・
DSC02277.jpg
30分くらいでベースが組みあがっちゃいます。

他、メカ積み設定いれても小一時間でしょうか。
DSC02279.jpg


ほぼ機体は完成!!

これから、FPV機材やGPSジャイロ・OSDなど積み込みしていくのですが、
まずはこのベース機体が、きちんと飛ぶのか?や、機体特性・改良必要個所などテストする必要が
あります。

ということで、急きょ家族をつれて寄り道・・・ww
DSC02282.jpg

DSC02283.jpg

この機体、頭にカメラなどを積む設定になっているためか、かなり後ろ荷重にかってます。
指定のバッテリーは3S 2200なんですが、目一杯前に積んでも、まだまだ後ろ重心。
飛行機のCG値のズレは命取りなんだよなーー・・・。
と思いつつも、それでとりあえず飛ばしてみる。。。。

やっぱり、ヒドイ飛行特性www
飛ばせたもんじゃない。グライダーじゃ無かったら落としてますwww


一度降ろして、小さいバッテリーをバラスト代わりにもう一個積みました。
それでCG値いいくらい。
素直な飛行になりました。
飛行自体は良さそうですが、パワーはやっぱり足りないかなー・・・。
ペラの変更・モーター変更(これはめんどくさい)4セル仕様
この辺を考えないとパワフルに飛ばすには駄目かもです。


Arkbird OSD オートパイロット
DSC02280.jpg
DSC02281.jpg
GPSジャイロ・OSDです。

機体の情報 位置・方位・速度・高度・電圧・ホームからの距離 などをディスプレイに
映し出す装置です。
それにオートジャイロも備わっていて、オートパイロットやリターンホームなど備わっています。

つまり、電波やGPSが途切れた時に、自動で操縦者の元に戻ってきてくれる機能です。
安全性の面からいっても、この辺は是非装備したいですね。


以下、抜粋

商品特色:

ARKBIRDスタビライザーは固定翼のため設計された高精度のスタビライザーです。オートパイロットとスタビライザー二つの機能を統合されたのが見事です。

1.気圧計で姿勢のデータを取る。オンボード降圧チップ、”ESC+降圧”デュアル電圧電源。
2. 慣性計測装置、さまざまな気象条件に適します。
3.狭いスペースのモデルに適し、デルタ翼をサポートします。
4.簡単に調整できます。インテリジェントPID制御。
5.一つボタンでオートレベリングでき、一つボタンでリターンツーホームできます。ラジコンをOFFにするとリターンツーホームできます。
6. GPS衛星信号が失われた場合、自動的にリターンツーホーム。
7. ジャイロモード。
8. 巡航モード。
9. 直線高度維持フライトモード。
10. フェンスモード。指定のアリアの外に飛んでしまったとき自動的にリターンツーホーム。


この辺が上手くいくか心配ですーーーー。。。

最新記事
プロフィール

テツテツ32

Author:テツテツ32
テツテツのポケット・・・・・・RCヘリ・ATV・スケールクローラー・GUN・FPS・カスタム・アウトドア・・・・etc
どうやら、奥深く宇宙は広がっているようです。。。
しばし現実を忘れて、宇宙遊泳といきますか。。。(* ̄ρ ̄)”

カテゴリ
DRX (3)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。