私しテツテツのポケットの中の宇宙へようこそ! さてさて・・・このポケットの中には何が広がっているんでしょうか。気の向くまま心の揺れるまま、遊びを追求していくブログです。
2012/09«│ 2012/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
21:44:13
ヘリ講座 Master CP解体新書 5 「テストフライト編 最終章」

おひとつ注意点
・僕自身、初心者でレベルアップをしようと模索している段階です
・基本、独学でネット先生です。なので間違った解釈や、もっとこうした方がいいよ!ってのが
あるかと思います。
その時は、コメントやメールでもご指摘、修正して頂けると幸いです、勉強になりますのでお願い致します。


お待たせいたしました!(あれ?誰も待ってません? 自爆)

テストフライトが終了致しましたのでご報告致します。
設定事項は前回お知らせしたままの設定になっています。


まずは、一本目です。
その日の初フライトでもあるので「指ならし」を兼ねてですが。





さぁ!二本目、いってみよーーーー!!
動きまわるのに、もっと寄って撮ってと撮影者のW君に無茶を言ったのでカメラブレ気味ですがお許しを。
W君いつもありがとう!

(動画変だったので直しました)




総評
全体的には悪くないですねー。
ある程度走ってくれますし、キビキビ動いてくれてると思います。
幸い?左右、前後の陀角差はあまり感じませんでした。
当初からの指摘とうり、テールが重いので、そこは考えて飛ばさないと、いざと言う時間に合いません。

後、機体の重さがちょっと響きますね。
波に乗せているような時はいいのですが、急激にピッチを変えたり、負荷を掛けると、その重さが出てきます。
安定性はこの重さが逆に効いているのか?このクラスとしては非常にいいのではないでしょうか?
モーターはやはり少しトルク不足な感じは否めません。
僕のアイドルアップ2のスロットカーブは100%固定なので、常にモーターMAXで回しているのですが、
動画1本目の3:30あたりと2本目の3:00あたりでは、完全にモーターの回転数が負荷で下がっています。
回転数が戻るまでなんとか間に合い機体を起こせていますが、連続負荷はキツイですね。

ただ、これらの特性をわかっている上手い人なら、上手く連続3Dをこなすでしょう。

では、モーターはブラシレスの方がいいのか?

うーーん、どうなんですかね。
ここまで、動いてくれれば上出来な気もします。
もちろん、激しい3Dを求めるベテランフライヤーは別ですがww
ワルケラとしても、ビギナー用としては、ピーキーなブラシレスでは無くて扱いやすいブラシモーターと言う選択
なのでしょう。
僕としてはとりあえず、これでしばらく遊ぶつもりです。
いずれは興味本位でブラシレスにすると思いますがw


長きにわたってMasterCPの解体新書を綴ってきましたが、とりあえず今回で終了です。
総括すると、非常に良く出来た機体なのではないでしょうか。
良い
・作りがシンプルで、メンテしやすい。
・パーツ点数が少なく、修理費が安い
・初期設定では非常に安定モードになっている
・その気になって設定を変更すれば、十分走れる機体にもなる。
・小さすぎない、バッテリー持ち、視認性がマイクロからみるとかなり良くなる。
・ギリギリ パークフライトサイズで、気負いせず気楽に飛ばせる機体。
・安い!

悪い
・ちょっと重い
・パワートルク不足
・ジャイロ設定などワルケラ特有の物があり、細かい設定が不可(わかりずらい)


某国をあまり褒めたくはありませんが、この機体はコストパフォーマンスから見ると素晴らしいと思います。
この値段でここまで出来るか?と言った感じを受けました。
ジャパン製品頑張って欲しいですね。
安くいい物を作れば、かならず皆ついて行きます。
JRさんのE6がその姿勢の表れでしょうか。僕は空物を始めてJRさんが大好きになりましたww
プロポの設定がわからなくなっても、電話をすれば凄く丁寧に教えて頂けます。
対応も製品も非常にいいです。
今は日常品のみならず、趣味の物まで中華製品を主に買うようになってしまっています。
日本製にもっとがんばって欲しいですね。


話がそれました・・・・r(^ω^*)))


これにて、ヘリ講座 Master CP解体新書 終了です。
御清聴ありがとうございました。


スポンサーサイト

21:13:17
10/28 フライト 行ってまいりました!!


DSC00772.jpg





そして今日は、記念すべきF22の初飛行でした。
とりあえず、原型を留めたまま帰還しておりますww

本日のフライトメニュー

・F-22 Raptor 初飛行 微調整・確認 フラップ設定 着陸確認 タキシングテスト
・P-51 Mastang フラップ調整 着陸をメインに練習
・MasterCP 調整・セッティング後のテストフライト


まずは、マスターCPのテスト飛行しました。なかなかいい感じでした。
こちらはあらためて記事にしますね。

P-51マスタングで着陸メインに練習です。
DSC00775.jpg

DSC00776.jpg

操作をXG8プロポのフラップスイッチを3点スイッチからフラップレバーに変えました。ミキシング値も再調整。
上手くいったのか結構安定するようになりました。


F22はまずは1バッテリー目で動作再確認、タキシングテスト、残りバッテリーで、モーター・バッテリー慣らし。

タキシングテスト(狭い!! ww)




バッテリーが1本しか無いので、充電後、初フライト。



DSC00773.jpg

初フライトは広い滑走路が無い関係で手投げ、胴体着陸で行いました。
強烈なパワーのおかげで、苦すること無く離陸。
エルロン方向、ラダー方向のブレ曲がりは無しです。
エレベーター方向が若干アップ気味に飛行挙動。トリムで微調整。
6割程度のスロットで大きくゆっくり旋回。
とても安定していい感じです。
上空でフラップの確認。フルフラップで機体はほぼ水平状態を保っています。
ちょっとミキシングが強いのでしょうか?降ろしたら設定値を少し下げてみます。
早めに着陸のアプローチ練習。
降ろせる良いタイミングがあれば、迷わず降ろします。
そして着陸。
なかなか良い感じでソフトに降りられました。
滑走路着陸まらば、ナイス着陸ってとこです。

当然、無傷だろと思ったのですが、長い草が前縁スラット(前側のフラップ)に絡み先端部が折れました・・・トホホ
すぐに修理は終わりましたが、結構シビアです(汗)
DSC00780.jpg

今度はもっとフレアを効かせて、軟着陸出来るようがんばります!!

さぁ、皆さま、御期待の動画ですが・・・・・
すみません。ありません。。

一発目はどちらにしても余裕が無いので、
微調整後の2F・3F目に動画を撮る予定でした。
が、午前中は曇り空でこそあれ、無風のコンデションでしたが、昼食後の午後から急に崩れ出し、強風が
吹き荒れる始末・・・・。
風の止み間を待ちましたが、止む気配も無く、大事を取って中止しました。(すべてのフライトです。どの機体も飛ばせる状態ではありませんでした)

何はともあれ、初フライト成功で、ひとまず胸をなでおろしています。。。良かった(*´∇`*)!
無事帰還。
DSC00779.jpg





他、お仲間さんも奮闘です。

H氏は単独ジェット初フライト

DSC00774.jpg



残念ながら、落ちてしまいましたが、ナイスファイト!!!
このあとも2度ほどヤバい感じで落としていますが、いずれも復活可能範囲です。
いやーやっぱEPO強いっすわーー∑o(*'o'*)o

基本的には操作ミス。まだきちんとすべての操作感を得ていない感じですね。(僕も一緒です)
にしても、H氏は今年7月から始めたまるっきりの初空RCです。
で、もうジェット飛ばしていますから
たいしたものですねー。

次回はいついけるかな??
もっとF22飛ばしたかったーーーーー(*゚ノO゚)<

22:02:11
かれこれ2週間位になるでしょうか。ラプターが我が家にやってきて。

少しづつ合間をみて製作してきました。

DSC00737.jpg

各部の接着する部分の塗装を落としてから接着します。

ギミックも複雑なので、リンケージの取り回しも凄いことに・・・
DSC00734.jpg

DSC00724.jpg
配線も凄いことに・・・・・・


DSC00751.jpg
このタイプの水平尾翼はフルフライングテールになっています。GOOD!!

しかーーし!
DSC00752.jpg
この見えているプラパーツを接着しているだけで、ここを軸に可動するんですが、どうみても強度不足ですよねーー?
フル加速している時に、ギュインって旋回したらブチ取れて千切れちゃいそうですwww
なので、ケンマムさんに相談したところ補強方法を教えてもらいました。
DSC00753.jpg
まずはプラバンをこのように切り出します。
DSC00754.jpg
それをペタっと貼るだけです。これできっと大丈夫でしょう!!

DSC00758.jpg
ちょっとリアルさを出すために墨入れです。定番のガンダムマーカー。発砲機なのでもちろん水性で。


これが
DSC00756.jpg


こんな感じに
DSC00757.jpg


各部を取り付け
DSC00759.jpg

イイ感じっす!!!


この機体はEPSなので、とても軽いのですが、とっても弱い。
僕の頼りない腕ではすぐに壊すのは目に見えています。
でもやらないよりはマシということで、補強しました。

内側は貼れる所にはグラステープで。
DSC00719.jpg


外側にはこういう物がありました
DSC00763.jpg
DSC00762.jpg
アイロンで貼る超薄いコンドーム
 フィルムです。
RC飛行機を昔から製作されているかたなら常識なのでしょうが、いかんせん僕が知った時には遅すぎました。
なんせもうある程度組んでしまった後ですから(滝汗

この際見た目は犠牲にしてでも、フィルムを貼りこみ少しでも強度アップを計ります。
DSC00760.jpg
DSC00761.jpg

うーーんやっぱり上手く貼れません。。。
近くで見ると非常に汚いですが・・・・我慢しましょう。


後、コネクター変更です。
DSC00766.jpg
あまりの電圧に極太線ですので、効率を考えて6mmのゴールドピンにします。
バラではちょっと怖いので、カプラー付きにしました。
DSC00764.jpg
DSC00765.jpg


DSC00768.jpg

DSC00767.jpg

リンケージの微調整、プロポ設定 完了!

・・・

・・

・・・

・・・・・


出来ちゃった

今週日曜日、天気良さそうなんです。
みんな飛ばしに行くって言うんです。
僕も行けちゃうんです。。。。。。。

てことは・・・・・

飛んじゃうんでしょうか・・F22

(T△T)怖いよーーママン・・・


F22はエレボンになってます。
抜粋
「エレボン(elevon)は飛行機の操縦に用いる動翼の一つである。

デルタ翼機・全翼機など水平尾翼を有しない航空機において用いられる。補助翼(英: aileron)と昇降舵(英: elevator)の役割を兼ね備えたものであり、語自体も二つの語を組み合わせた造語である。

主翼後縁に取り付けられており、左右の動翼を同一の方向に動かすことでエレベーターとして、それぞれ逆の方向に動かすことでエルロンとして機能する。」

JRのXG8では、エレボンと言う呼び方では無くて、デルタ翼設定になります。





Parent category:EDF Category:F-22 Raptorコメント:8トラックバック:1
19:15:41
新プロジェクト発動です!!


思い起こせば、発端はここにあります。
DSC00654.jpg

僕の特攻EDF練習機の撃沈・・・・・・・
すべてが、僕の未熟さ以外の何物でもありません・・・・・・・

(これとは関係ありませんが、自分の目が悪すぎることに今更ながら気が付きました。
視力は0.02~レベル。もちろん眼鏡。さらに夜に弱い「鳥目」て言うんですか?サバゲの夜戦でも敵を見つけるのに苦労します。
なので、夕方や曇りなど特に姿勢が一瞬わからなくなります。僕の墜落の7割が姿勢の見失いと言うことに
気が付きました。 視力ばっかりは・・・・レーシックでも本気で考えてしまいますw)

一度、復活させることも考えましたが、EDF本体もクラッシュしているので、修理費からも考えて潔く廃棄処分に。

しかーーーーーし!

そのままってのも、シャクに触るので、次期練習EDF機をすぐさま物色ですwww
色々考えて・・・・・
もちろん、同じような初心者向けな物など考えていました。

で、何を血迷ったのか、着弾したのがこれです。

DSC00715.jpg

LX F-22 Raptor 70mmEDF Twin JET
ウィングスパン1046mm
全長 1513mm
電動にしては大型の機体です。

実機はあまりの戦闘能力に輸出規制が掛かったほど。
未来チックなその姿が個人的にはあまり好きでは無かったのですが・・・・・・・
実機同様、RCも飛行性能は凄く良いらしく、パワーも桁違い、店主もオススメの一品でした。

目が覚めたら、リビングにあった・・・・って感じですw

中身はこんな感じ
DSC00716.jpg
DSC00718.jpg
うーん、これは一体なんのオブジェかな?  デカ!?ww

しかし、この機体、今までのEPOと違いEPSなんです。
うん?EPS?
早い話が、発砲スチロールそのものですww
なので非常に軽いのですが、製作途中に軽くぶつけても割れそうなほど華奢なんです(滝汗 Σ( ̄ロ ̄lll)

ワンクラッシュ、廃車。。。。確定・・・・・・。
この未熟な腕で手を出す物じゃ無かったかも がーん…llllll(-_-;)llllll

そんなこと言ってても始まらないので、ここは「行くしかねぇーだろ!!」って、背筋の寒さを感じながらの
製作開始ですw

DSC00721.jpg
でた!!
ツインジェット!!
DSC00722.jpg
メタルEDFのハイパワーverです。

DSC00723.jpg

実機と同じでジェット噴出口の向きが180°可動するベクターノズルシステム搭載
萌えーーーーーw

DSC00733.jpg
これ、垂直尾翼です。プロポと比較してこの大きさww


動作確認です。

ベクターノズル


クルーガーフラップ


リトラクト


LED派手すぎ!! wwwww


雨続きなので、もっぱら最近は製作活動です。
でも、これ飛ばすの怖えぇぇぇぇーーーーーー

Parent category:EDF Category:F-22 Raptorコメント:6トラックバック:1
22:40:14
ヘリ講座 Master CP解体新書 4 「機体調整 設定 編」

おひとつ注意点
・僕自身、初心者でレベルアップをしようと模索している段階です
・基本、独学でネット先生です。なので間違った解釈や、もっとこうした方がいいよ!ってのが
あるかと思います。
その時は、コメントやメールでもご指摘、修正して頂けると幸いです、勉強になりますのでお願い致します。


前回、機体の初期状態を把握したので実際に調整設定をしていきたいと思います。

調整に入る前に安全の為モーターの電源を落としておきます。
DSC00693.jpg

まずスワッシュのレベルをみます。
エルロンかピッチどちらかを軸にすると決まりやすいです。
リンケージで水平を出して、上下での差はトラベルアジャスト(エンドポイント)で規制して水平を合わせます。
DSC00746.jpg
箱出しからはちょっと弄った程度でした。


次にピッチ調整
0ピッチを合わせて
DSC00667.jpg

それから上下を+-11°取りました。
DSC00676.jpg
DSC00675.jpg

これで、一度フライトテストしましたが、上下のピッチが鈍く機敏には動けませんでした。
そこで、ピッチ角をもっと取っていって最終的には+-14°まで。
DSC00750.jpg

一般的に12°を超えるピッチ角については、それ以上は負荷が掛かり過ぎて浮力は得られないとされています。

検証動画です。

これ以上はモーターのトルク不足が原因ですので、モーター変更やバッテリーの電圧を上げるか、メカの変更が
必要不可欠かと思います。



上下に対するピッチが機敏になりました。
あくまで個人的な見解ですが、これは単純にスティックの上下、目一杯で11°に対して14°取った場合は
少ないスティック幅でフルピッチになるからではないのかと思いました。
DSC00698.jpg
目一杯

DSC00703.jpg
14°ではこの位置で11°になります。

これだけでは無いのかも知れませんが、とりあえず実用的な範囲で動けるようになりました。
他のノーマルモード、スタント1もセオリー値を設定しましたが、実際飛ばしてみると全体的にピッチが低い印象です。
なので、後は実際に飛ばしながら、飛ばしやすいピッチに変更しました。
既存の数値にとらわれすぎず、最終的には一番自分に合った設定を見つけることが重要だと思います。
平均して実ピッチで2~3°高い数値になりました。
また、これが面白いことに、MasterCPの説明書の基本数値と少し変わる位の数値(3~5%)なんですww
僕のピッチ測定が間違っていないとすると、これがマイクロヘリ全般に言えることなのか、ワルケラ特有なのか?

ノーマルモード
ピッチ -5 +7 +12 スロット 0 75% 90%
スタント1
ピッチ -11 0 +12 スロット 100% 90% 100%
スタント2
ピッチ -14 0 +14 スロット 100% 100% 100%


D/Rデュアルレート(サーボの動作量です。100%に対してその%までしかサーボを動かなくします。
これにより、フルに陀角が切れなくなる分、全体的な陀の動きがマイルドになります。)
EXPエキスポ(スティック中立付近の陀の動きを鈍くします。%が中立からの鈍くなる範囲。スティックに対して
敏感に反応する機体は微妙な誤操作にも反応して落ち着きが無くなります。が、一方でその設定した%以上に
スティックを倒した時には一気にそのスティック位置の動きになるため注意が必要です。)

D/R EXP(ジャイロのELEV/AILE EXTの設定後のD/R値です)
ノーマルモード
D/R 85% EXP10% エルロン、エレベーター共  ラダーはすべて100% EXP無しです。
スタント1
D/R 90% EXP無し(エルロンのみ2%)
スタント2
D/R 100% EXP無し(エルロンのみ2%)

スタントのエルロンEXP2%は癖取りです。
フリップなど回した時に少しエルロンに陀混じりする為、その癖取り。


D/Rなどは自分に合った数値を探して下さい。
これは機体によっても違いますし、好みの問題もあります。
D/R100%のEXP無しだからと言って、決して上手い証明ではありません。
プロの方でもD/R70% EXP30%など、人それぞれです。


前回の記事でも書きましたが、エルロン、エレベーター方向のピッチ角は調整できていません。
ジャイロでもスワッシュMIXでも調整出来ないので現状での調整は不可な気がします。
(出来る方法あれば教えて下さい!)

DSC00659.jpg

ジャイロは基本的にハンチングの起きない程度に高く設定します。
今回はハンチングも起きていないので弄っていません。テールのみプロポ側で70%に。

DSC00685.jpg
ここはELEV/AILE EXT エルロン、エレベーターの動作量となっていますが、動作スピードと関係している気がします。
初期値を覚えた上で、左一杯のメモリと右一杯とで、スワッシュの動くスピードを確認してみて
下さい。違いがわかると思います。
少し回しただけでも結構機敏になりますので、飛ばしながら調整して下さい。
僕は時計で言うと1時位の位置に。

これが今のとりあえずの設定値です。
雨続きで本格的にテスト飛ばしていないので、この先も微調整されていくと思います。
テスト動画を撮りましたら、後日アップしますねー。


Master CPをノーマル状態で、設定のみで何処まで自分好みに出来るか?をやってきました。
このヘリ特有の物もありますが、基本的な考え方はどのヘリでも一緒だと思います。

次回のフライトテスト動画を持って「ヘリ講座 Master CP解体新書」を終わりたいと思います。
少しでも脱初心者の皆さまの参考になっていれば良いのですが・・・・・「(ーヘー;)


20:35:15
今日は久しぶりに、バギーで山遊びに行くよーー!

1350701211463.jpg

久しぶりでテンションMAXだぜー( = ̄+∇ ̄=)v


で・・・・・・・

到着した途端、どしゃぶりっす(-゛-メ) ヒクヒク
1350701212719.jpg

と言うことで、急きょメンバーさんのガレージで焼き肉オフミww
NCM_0017.jpg

バギーネタもそこそこに、下ネタでもりあがりましたwwww



以上!! 

エェェェェェッェ!?

尺が足りないので、小ネタを。
雨は今日にかぎったことではなく、ここ1週間ずーっと雨なんですよー凹
なので、Master CPのセッティングテストも動画も撮れてませんです。

1350608118229.jpg
1350608119180.jpg
マスちゃん用にレベラー用意しましたが、5mmで3mm,3.5mmのアダプター付きのやつですが、マスのシャフトは4mm
なんですよ。中途半端( ̄へ  ̄ 凸

そこで、外形5mm,内径4mmのカラーをホムセンで用意。
ただカラーの実寸は5.1mm 4.1mmなので微妙にレベラーに入りません。なのでキリで穴拡張して使います。
DSC00746.jpg
うぅーーん、ばっちり!!


後、JR8chレシーバもジェット用に追加購入
DSC00729.jpg

これ、海外通販で買ってます(セブンイレブン)
日本で買うより安いんです。(他の注文品あったので、ついでです)
おかしな話ですねー。日本製を海外から買ってるんですからw

ハロインプレゼント入ってましたww
DSC00726.jpg
DSC00725.jpg
リングです。やることがシャレオツですねw

Parent category:ATV Category:CAN-AM XMRコメント:8トラックバック:0
19:19:47
脱初心者! ヘリ講座 Master CP解体新書 3-2 「フライト技術 2 編」

おひとつ注意点
・僕自身、初心者でレベルアップをしようと模索している段階です
・基本、独学でネット先生です。なので間違った解釈や、もっとこうした方がいいよ!ってのが
あるかと思います。
その時は、コメントやメールでもご指摘、修正して頂けると幸いです、勉強になりますのでお願い致します。


前回に引き続き、テツテツ カリキュラム です。

C 3D飛行

とは言っても僕自身、3D出来ないのでほんのさわりですので、あしからず。

3Dの入り口は、とりあえずひっくり返すことから始まります。
問題は何処からひっくり返すかということになり、
これは、ループをマスターして、そこから少しずつ背面の時間を長くしていったり、フリップから
入ったりと何種類か選択肢があると思います。

ここで、重要なのが、まずは背面ホバをマスターするということです。
基礎技術A同様、ホバーリングがすべての基本にあたり、背面状態での正・対・横 とすべてを完璧に
できなければ、絶対にその先へは進めないでしょう。

しかし、問題は、背面状態で初めてそのまま着陸するわけにはいきません。
ひっくり返して、もとに戻すということが大前提になってきます。
そこで、ループから入るか、フリップから入るか になり、僕は比較的コンパクトに
回せるフリップから入りました。
アップフリップ、ダウンフリップ、サイドフリップ、ありますが、自分が一番やりやすいと思う物から
初めていいと思います。
ただ、アップ、ダウンから背面に入ると、背対面ホバになり、サイドから入ると背正面ホバになりますので
ご注意ください。
フリップやロール、ループなど、ピッチの入れ方、抜き方にポイントがあると思いますので、その辺を
意識して行うとよいやりやすくなると思います。


まずはシュミレーターでみっちり感覚を掴んでから挑戦してみましょう!

この先はイバラの道ですw
ジャンキー専用道路となっていますので、これ以上進む方は覚悟して行きましょうwww




後記
ざぁっとですが、フライト技術のカリキュラムを綴ってみました。
いかがだったでしょうか?
基本的に、脱初心者を掲げていますので、ある程度フライト出来る方前提でお話しています。


RCヘリのフライトでの最初の山場が対面ホバです。
ヘリの操作を習得していく上で、いくつもの山場を迎えることがあります。
ここを乗り越えるか否かで、今後のフライト技術が大きく変わってきます。

そして、おもに言えることが、こうした多くの山場、難所の練習は非常に、たいくつな物ですw
派手さも無く、地道に練習するしかありません。シュミレーターもすぐに飽きてしまいます。
しかし、ここはぐっと我慢をして練習しましょう。

これは僕の個人的見解かもしれませんが、そう言う練習を繰り返してるうちに、「徐々に上手くなる」と
言うよりは、ある時をきっかけに急速に上手く行くことがあるんです。
体に染み込んでいった物が、急に開花するような感じです。

RCヘリの習得技術は大なり小なり、そうゆう波の繰り返しのような気がします。
一つの障害を乗り越えた時に感じる解放感。
これを味わうともうRCヘリからは離れられないでしょう。


そして、ありきたりかも知れませんが、ヘリの練習にシュミレーターは効果的です。
ただ、シュミレーターだけをゲームのように何時間やってもダメです。
いくら類似性が高いと言っても、いろんな状況が違います。
時間よりも何を得るか?です。

シュミレーターのみの練習は足し算です。
実機での練習も足し算です。

シュミレーターの本領発揮は、実機練習との反復練習にあります。
まず、初めてトライするテクニックをシュミレーターで感覚を掴み、
実機でトライ、その修正をシュミレーターで確認、その成果を実機で試す、シュミレーターで精度を高める、
実機で試す。

この反復運動が非常に高い成果を生む気がします。
シュミレーターと実機の反復練習は足し算では無く、かけ算になり得るんです。


僕は今、やっと3Dの入り口に立った所です。B技術もまだまだ、あやふやな所もあります。
皆さんは今、どのへんでしょうか?
今一度、目標を持って、初心者の方は脱初心者を掲げ、一緒にがんばりましょう!!!

本日、レベラー到着です。
調整に戻ります。
デハデハ

22:33:36
脱初心者! ヘリ講座 Master CP解体新書 3 「フライト技術 編」


おひとつ注意点
・僕自身、初心者でレベルアップをしようと模索している段階です
・基本、独学でネット先生です。なので間違った解釈や、もっとこうした方がいいよ!ってのが
あるかと思います。
その時は、コメントやメールでもご指摘、修正して頂けると幸いです、勉強になりますのでお願い致します。


今回は少し予定を変更して、RCヘリの基礎からのフライト技術のお話を少しばかりしていきたいと思います。
と言っても、詳しい解説やアドバイスなど出来るほどの腕を持っていませんので(笑)簡単な
流れや練習手順について僕なりに感じたことのお話しです。
(あくまで個人的見解ですので、参考程度でお願いします。)



予定していた「機体調整 設定 編」ですが、ただいまレベラー待ちと、検証動画が未撮影でもう少し
先になりそうです。ご了承下さい。


img_977568_36484875_3.jpg
(画像は関係ありません。文字ばかりになりそうですので癒しの一枚をw)




・RCヘリ  テツテツ カリキュラム
まずは、大まかにフライト技術習得までの項目をわけます。
A 基礎技術
A-1 正面ホバーリング(ケツホバ)  ・安定して1パック出来ることとする(バッテリー)
A-2 横ホバーリング 左右とも    ・同上
A-3 対面ホバーリング         ・同上
A-4 水平移動            ・前後左右、高度を一定にして水平移動する

AA-1  四角旋回
・ある程度の大きさの四角形をイメージして、左右とも回ります。
スピードは必要ありません、いかに正確に回れるかが重要です。感覚ではルーズになりがちですので、パイロン
などを立てて明確に練習することが効果的です。
・旋回するルートも正確にまわることも重要ですが、高度も一定に保つ必要があります。
スティック操作により、ピッチを一定にしていても負荷や風などにより高度が下がったりします。その場合も
的確にピッチを足し、高度を一定に保ちます。
機体の癖やヘリの特性として、巻きこみがキツイ場合もありますが、そう言う場合も正確にカウンターのエルロンや
ラダー操作で正確にラインをトレースしましょう。

AA-2 8の字旋回
・これも四角旋回と同じで、パイロンなどを立てて、なるべく低速(歩く程度の速度)で、高度とラインを毎回、正確にトレース出来るまで繰り返し練習します。


惰性でそれなりに飛ばしてしまうことは簡単ですが、正確に飛ばす事がいかに難しいか実感できると思います。
また、このAA技術は対面ホバーリングまで確実に習得していないと出来ません。
上手く決められたラインを旋回出来ない場合はA技術にもどりホバーリングをマスターしましょう。
この辺の基礎技術をしっかり習得するか、誤魔化すかによって、
「ヘリを浮かすことが出来る」か、「ヘリを操作することが出来る」の分かれ道になるでしょう。



B 上空飛行

さぁ、いよいよ大空を駆け回りましょう!
実はB 上空飛行はAの基礎技術が出来ていると、そう難しくはありません。
すぐに慣れて出来るようになると思います。

B-1 アイドルアップ 飛行 

・ここからはアイドルアップに入れて飛行します。 最低でも最大+ピッチは8°以上、最大ーピッチは-5°以上とって
下さい。
まずは、アイドルアップに入れることに慣れましょう。
最初は、ノーマルモードからの切り替え時にガクっと、機体が落ちることがあります。
これは同じスロットスティックの位置でピッチ角が変わるために起こる挙動です。
ノーマルモード 中立位置で+5°が アイドルアップ 中立位置でピッチ0°
アップスイッチ切り替え時に、適切量ピッチを足してやればいいのですが、慣れるまでは
アップの中立ピッチを+3°位にすると、落ち方がやさしくなりやりやすくなります。

アップの設定値にもよりますが、基本的にアップ設定は、回転数も高く、ピッチ幅も大きく、D/R値など
動きが機敏になってきます。
B-1では細かいことは抜きにして、ホバや旋回など繰り返して、とにかくアップの機敏な挙動に慣れましょう。


B-2 前後左右、水平移動  ・A技術よりも、広範囲にスピード、正確性を持って。 
B-3 四角旋回        ・同上
B-4 8の字旋回        ・同上
    基本的にAA技術と同じです。より広範囲に徐々にスピードに乗せて旋回していきましょう。旋回ルートは  
    正確に。

BB-1 上下移動  定点ホバの状態から真上に高めに上げます。3~10M程度 そこから一気にアイレベルまで
      下げてきます。最初は低めの高度からゆっくり目で降ろします。慣れてきたら高度を上げて(10M以上)
      急降下させます。 マイナスピッチの感覚に慣れる練習です。

BB-2  直進上下運動  BB-1に慣れたら、前進しながらピッチを入れたり抜いたりして上下にジグザグに飛びます。後ろ向きや左右水平移動しながらの、ピッチ操作にも慣れましょう。

BB-3  四角旋回や8の字旋回にプラスマイナスピッチを織り交ぜながら飛行してみましょう。
BB-4  アイドルアップ2の設定を+-ピッチ10°前後入れて、より早いーピッチの動きにも慣れます。

どうでしょうか?ここまで来ると、かなり自由に飛行出来ていると思います。



次は「C 3D飛行」になっていきます。
とりあえずここでの3Dの定義は背面ホバ、フリップ、ループなど簡単なものから3Dとしています。
3Dは、ノーマル飛行同様、背面ホバなど基礎項目が非常に重要で、その先のテクニックは無限の広がりが
あります。残念ながら僕にはまだ基礎も完璧に出来ていません。
この先もプロのような飛行は出来ないと思います。果てしない習得項目と努力と練習、そしてセンスが必要
不可欠です。

次回、続きでは、3D飛行 基礎技術から、僕のわかる範囲ですが少しお話したいと思います。
他、練習機体のステップアップやシュミレーターの活用法など少し。

00:53:12
脱初心者! ヘリ講座 Master CP解体新書 2 「初期設定 フライト検証 編」

おひとつ注意点
・僕自身、初心者でレベルアップをしようと模索している段階です
・基本、独学でネット先生です。なので間違った解釈や、もっとこうした方がいいよ!ってのが
あるかと思います。
その時は、コメントやメールでもご指摘、修正して頂けると幸いです、勉強になりますのでお願い致します。



初期状態でのフライトチェックです。

皆さんがおっしゃるように非常に安定していますね。
総じてマイルドです。
自分が上手くなったかのような錯覚に陥りますねww
この値段のヘリで考えると非常に良く出来ていると思います。

ただ、これが6軸だから安定しているのか?と聞かれれば、「NO」です。
少なくても僕はそう感じました。
3軸と6軸が根本的に何が違うのかも理解していませんが(ワルケラのみの物ですし)
(3Dで試したわけでは無いので、あくまで現時点での評価です)
ジャイロの性能自体はいいと思います。
この安定というのは、陀がマイルドなんです。
マイルドなので、ちょっとした操作に機体が振られることも無く安定して飛んでいます。

僕が所有する機体で非常によく似た、安定して旋回する機体があります。
それは・・・・・・

T-REX450です。

それのノーマルモード。
ノーマルモードはホバ用にD/R80% エキスポ20%
入れて、ピッチカーブ、スロットカーブ共にマイルドにしています。
ゆっくり旋回などするにはとてもいいです。
スタント2ではD/R100%のエキスポOFFで、スロット100-95-100 ピッチ-12° 0 +12°
で、かっ飛んでいきますw


Master CPでマズイのは、この状態でD/R100%です。
スタント2に入れても、回転数やピッチは激しく入っても、陀がついてこないので、かえって危険です。
走りだしたらリカバリーが間に合いません。


後、動画の前半で振っていますが、テールが鈍すぎです。
シャフトピッチ式のテールなら非常にリニアに入りますが(マイルドにするのは調整で可)
これはモーター式で、おまけにテールに重いモーターしょってるおかげで、2テンポも3テンポも遅れます。
テールジャイロ感度下げても、トラベルアジャストで動作量増やしても効果無し。
普通に飛ぶ分には問題ありませんが、激しい3Dはおそらく無理。(僕はできませんがw)
MINI CPでは全然気になりませんでしたが、このサイズでは影響は大きいですね。
テールの止まりは大丈夫です。
最近のモデルでいくとテールが止まるのはもはや、当り前です、
新品初期状態でテールが止まらなければ、むしろ不良品w


後、ピッチの効きが悪いです。モーターにトルクが無いのか、ピッチ設定が悪いか?
これは調整でなんとかなるでしょう。


詳しい事は「調整 編」で書きますが、この後、ちょっと設定を変更。
かなり走るようになりました。動きも申し分ありません。きちんと止まります。
しかし、もうそこに最初のマイルド感はもうありません。

むしろV120に近ずいた感じです(所有機は3軸)
v120より止まりや、その後の安定性はいいような気もしますが、それが6軸だからか?機体の大きさ
からくる安定度の違いなのか? それはわかりません。それに微々たるものです。

これが、僕が6軸がわからない理由です。
正直、今までのワルケラより、ちょっと性能の良くなった3軸といった印象です。
最初の安定性はジャイロというより、動作量のバランスといった感じを受けます。




これが箱出しのレポです。

これから、現状の把握をして、調整していきます。

まず、現状のピッチ測定。

DSC00661.jpg

メインギアを基準に水平を出しました。
基本メインギアから刺さるシャフトは垂直、必然的にローターの水平になります。


DSC00678.jpg
・プロポ モードはスタント2
・スティック中立
・プロポのM値(中立時の値)0

これが、絶対領域!! 0ピッチですw
すべての基本がここですので、要チェックです。
また、初期調整時には、D/R(100%)やサブトリムなどすべて0のプロポデフォルト状態で行う
必要があります。

今は現状把握なのでとりあえず、今の状態をみます。
0ピッチも少しズレていました。

最大プラスピッチ
DSC00668.jpg
最大マイナスピッチ
DSC00673.jpg

ピッチ付きすぎです。
一般的には最大でも12° それ以上は逆にロスになり浮かなくなると言われています。
飛ばし方にもよりますが、上空旋回程度なら8°前後 軽い3Dでも11°あれば十分と言われています。
ただ、マイクロサイズにいたっては、今までのセオリーが通じない場合も多々あるのも真実。
後は実際に飛ばしながら、調整を煮詰めていきます。


次に、スティックは中立のままで、エルロンとエレベーター方向のピッチを計ります。
スティックは中立のままで、エルロン、エレベーター方向にスティックを切ってそのピッチ角を
見ます。
通常は8°前後 3Dしなければもっと緩くてもいいです。
(エレベーターは機体に対して直角に。エルロンは同じ方向にペラを向けて計測します)


エレベーター方向
DSC00680.jpg
DSC00682.jpg

・・・・・・!

エルロン方向
DSC00683.jpg
DSC00684.jpg


角度も無茶苦茶ですが、なにより左右で数値が違うのも問題です。
これでは、左右、上下に陀を切った時の動き方に違いが出てしまいます。



これは、本来はジャイロのリミット調整で調整出来ます。
しかし、このワルケラジャイロには、それは無いので、通常はプロポで調整することに
なるのですが・・・・・・・。


Master CPの説明書の初期設定表を見て下さい。
1.3 SWASH Type:1 Servo Nomal
スワッシュタイプ 1サーボ ノーマルになっています。

これは、通常のヘリを組んだことがある方はおわかりになると思うのですが、普通このタイプの
スワッシュでは 3サーボ 120°の設定になります。
試しにこの設定を入れてみましたが、スワッシュがまともに動きません。
ワルケラは他の機体も3種類ほど所有していますが、基本すべて1 Servo Nomalです。
ワルケラレシーバージャイロがこの設定なのでしょうね。


で、何が問題かと言うと、1 Servo NomalではスワッシュMIXの設定項目が使えないんです。
そして、エルロン、エレベーター、陀角はこのスワッシュMIXで調整出来るんです。
さてさて、困りましたね・・・・・・。
他に調整法などあるのでしょうか?


続きは、ヘリ講座 Master CP解体新書 3 「機体調整 設定 編」で。




22:59:21
脱初心者! ヘリ講座 Master CP解体新書 1 「機体 初期状態 編」

おひとつ注意点
・僕自身、初心者でレベルアップをしようと模索している段階です
・基本、独学でネット先生です。なので間違った解釈や、もっとこうした方がいいよ!ってのが
あるかと思います。
その時は、コメントやメールでもご指摘、修正して頂けると幸いです、勉強になりますのでお願い致します。


Master Cp着弾です。


DSC00657.jpg

さてさて、どうなんでしょう!
やっぱり新しい機体のファーストインプレッションはテンションが上がりますww

まずは、簡単な作りから
DSC00689.jpg
この機体のメインとも言える部分。
・6軸ジャイロ一体レシーバー
DSC00659.jpg
これが初期値です。画像で残したり、マーカー付けたりして初期値を覚えておきましょう。
のちのちリセットしたい場合などに必要です。
左からELEV/AILE EXT エレベーター、エルロンのサーボ動作量の設定
これは動作量というより、動作スピードにかかわってきます。(講座2で設定)
それから、AILE G.S ELEV G.S これはエルロン方向のジャイロ感度と、エレベーター方向のジャイロ感度になります。
テールジャイロ感度はプロポ側で設定することになります。

もちろんこれは、このレシーバーでの話であって、ほかのジャイロやメーカーでは設定項目が変わってきますので
あしからず。基本的には同じです。

これらを見る限りでも特段6軸ジャイロの固有の物をみることは出来ません。


DSC00686.jpg
メインギアです。
いたってシンプル。というかオートロギアがありません。REX250はありますね。
オートロの練習も出来ませんし、上空でトラぶってもホールド入れてオートロで降ろすってことも
当然出来ません。落ちるのみです。


DSC00687.jpg
スキッド+バッテリーケース
一体式で、衝撃にも強そうです。シンプルでいいですね!
パーツ代も安いし、ちょっと位なら自分で修理可能です。

DSC00688.jpg
スワッシュです。樹脂。
このクラスで樹脂かーー?と言った感がありますが、精度耐久性はともかくとして、
「全体的に軽く仕上げたい」という技術者の方向性を感じます。
スキッド、クリップ、マウント、極力すべて樹脂で形成。
軽いと言うことは、落ちた時の「壊れにくさ」に直結しますので大事ですね。
飛びに支障がなければ、樹脂で行くべきです。
無駄にメタル化にすると墜落時に多くを壊すことになります。
Master CP とREX-250の重量差はどの位あるのでしょうか?
結構ありそうですね。
REX250がおおよそ330~380g(所有していないので、ググ調べ)
MasCPが420g(実測値)
なんとーーー!Master CPの方が重いです・・・・・意外でした。


DSC00690.jpg
メインモーター
いまどきブラシ!?感が強いですねーw
この辺の思惑はどこにあるのでしょうか?
・コストの面で。
・ビギナーの扱いやすさ重視
・カスタムの楽しみをとってあるw
まぁ、パワーに不足を感じなければこのままでいいですね。
ブラシレスはアンプやバッテリーの相性もありますので、ポン付け=パワーアップとはいかないようです。

DSC00691.jpg
テールモーター式
この機体、最大のメリットにして最大の欠点
テールを直モーターにすることにより、面倒なテールギアの破損から解放されますw
DSC00692.jpg
ギアもシンプルです。
V120 や130Xなどのマイクロサイズでは、ついついラフな操作や練習などで簡単に落としがちです。
その結果、テールギアの破損、Dカット舐めなどは頻繁に起こりとても面倒です。
Master CPはその点、テールギアが逝く頻度は減りそうです。
これは最大のメリット。
最大の欠点については後で。


総評
・作りは非常にシンプル。パーツも簡素化。
これは、軽量化や修理のしやすさ、維持費の安さ(パーツ代)に直結。◎
・6軸は今だわからず・・・。
・テールモーターはメリットも大きいがデメリットもある
・MINI CPをそのまま大きくした感じである。(ある意味おもちゃくさい)
・パークサイズには丁度いい。(120では、視認性に難有り)
・値段が安い




これで、とりあえず、説明書に書いてある初期値を入力して、フライトテストしてみます。
初期の状態を把握しておくことも非常に重要です。

ただ、説明書のスロットカーブのM値(スティック中立位置)の値があまりに低いので最初から
上げました。
ノーマルM=70 H=86
スタントM=85
後はそのまま。


それと、新しい機体を初飛行する時には、飛行機でもヘリでもそうですが、
D/Rを3タイプほど設定しておきます。
上げてしまってから陀が効きすぎて操作しずらいなど、防ぐ為です。
極端に効いて落とすこともありますから。
D/Rを100%で全開動く所を80や70%など規制して動きをマイルドに出来ます。
エキスポはスティックの中間付近の感度を鈍く出来ます。
お手持ちのプロポがD/Rを3パターン位設定できるなら
たとえば
1・70%エキスポ25%
2・85%エキスポ15%
3.100%エキスポOFF
などとりあえず入れておいて、2からフライト、フライト中に敏感だと感じたら1へ。
鈍いと感じたら3へ。
その後、飛ばしやすかった設定をベースに細かく煮詰めるといいです。

↑はフライトモードとは別にD/Rスイッチで設定可能です。


Master CPはとりあえず、D/R90% エキスポ10%で飛ばしてみました。
結果は・・・・・・・・




即、降ろしました。陀が動かな無すぎて逆に危険ですwwwww
まるで、4chFP機を外で飛ばした時の感覚と一緒です。
SORO PRO228と似てました。


なので、D/R100% エキスポOFF で再フライトです。



以降は、

ヘリ講座 Master CP解体新書 2 「初期設定 フライト検証 編」で。

21:24:53
ちまたで、にわかに人気沸騰中のMaster CP。

本当はBlade130Xあたりを狙っておりましたが、プロポの問題やら値段の問題で躊躇していました。
Master CPは6軸ジャイロで超安定 入門機に最適!みたいなふれこみで個人的には「パス」
と思っていました。
そもそも6軸ってなんやねん! 軸で表すには中途半端だし、とある情報では加速度センサーだとか・・・。
何の加速度? 
いやいや、Mini cpの3軸でも超安定ですけどー。
REXに入れてるJR TAGS-01も設定でド安定。
なんて個人的見解。
とは言っても、3軸ジャイロの仕組み自体きちんと理解しているわけではありません(自爆


そんなこんなで、(どんなこんな?)6軸をみてみたいという興味本位と、値段の安さ、まわりの
皆さまの評価の高さ、などなど総合して・・・・いっちょ買ってみるか!!となったわけです。
動画など見ていても、そこそこの3Dは出来そうだったので練習にもなるかと。


そこで、いい機会なので生意気にもMaster CPをベースにして、設定や調整の仕方、
テクニックの練習法、などを講座形式でお届けしてみようではないかと無謀にも
思いつきましたw
初心者の機体組み立て、設定、ホバ練などは良くどなた様のブログでも拝見できます。
僕自身、大変参考にさせて頂きました。
しかし、その一歩先の設定術や技術の向上の為のコツなどが、詳しく書かれている記事が少ないと思います。
自分自身の覚書の為と、CP機をとりあえず飛ばせるようになってきた!しかし、中々その先にレベルアップ出来ない。丁度いい設定の仕方がいまいちわからない、未だに初期設定のままである。
そんな皆さまの少しでも参考になればと、記事にしていきます。(面倒になったら途中で辞めちゃうかもw)


おひとつ注意点
・僕自身、初心者でレベルアップをしようと模索している段階です
・基本、独学でネット先生です。なので間違った解釈や、もっとこうした方がいいよ!ってのが
あるかと思います。
その時は、コメントやメールでもご指摘、修正して頂けると幸いです、勉強になりますのでお願い致します。



それでは、脱初心者! ヘリ講座 Master CP解体新書 1 「機体 初期状態 編」からどうぞ
DSC00658.jpg

22:42:17
初めて空撮ってものに挑戦してみました。
場所は結構山奥のキャンプ場と市営の牧場などがある広大な敷地です。
空撮にはちょっと味気ない風景かも知れません。

現地で動画の確認が出来ないのでちょっと不安でしたが、なんとか撮れていました。

・使用機体 SKY CLIMBER
・使用カメラ 808#16

この日は風が強かったです。下の方はまだいいのですが、上空ではまるでジェット気流か!?
ってくらいの(ちょっと大げさ?ww)風が吹いていました。
風上に向ければ、ホバーリングしているかの如く1点に止まっていて。
風下に向ければ、物凄いスピードで走っていきます。



今回の空撮での問題点。
・アンプにブレーキ設定が無い?為、スロットを切っても風圧で常にペラが回っていて、見ずらい。
・風の影響もありますが、機体をもっと安定飛行させないと、見ずらい。
・カメラの日付が違っている(日付出ることさえ気が付かなかった。設定方法を知らないです)
・景色が殺風景
・画が単調  低空撮影や走らせたりしても面白そう。


次回までの宿題にします!
ジェットの背中にカメラしょわせても面白そうですね!



2012/10/07
22:54:03
予定通り本日はフライト。
場所は最近、見つけた場所でお気に入りです。山奥でキャンプ場などありますが、人も少なく敷地が広大な為
安全です。唯一の難点は滑走路が無いことです。

DSC00649.jpg
DSC00652.jpg
DSC00650.jpg


本日のメイン
DSC00651.jpg
空撮です。
改善点などありましたが、とりあえず撮れてました。
編集中です。


H氏の新ジェット パワーチェックの様子です。

いやーハイパワーですわーwww(アホ丸出しですw)



DSC00653.jpg

REXの練習

撮りっぱなし動画ですが。ちょっと手ぶれで見ずらいですすみません。
やっぱりヘリは面白いですねー。
真面目に練習しないと、ちょっと感覚が鈍ってます 汗


ARC-X
ジェットですが、1F目は無事にフライト
しかし、2F目に良く分からないまま姿勢を見失い・・・・墜落です。
しかもかなり距離の離れた場所に。機体もみつからないと、あきらめていましたが、奇跡的に雑木林の奥で発見!!
DSC00654.jpg
DSC00656.jpg
結構ダメージデカイです。
主翼のみパーツであればいいのですが、おそらく無いので廃車にします。
レシーバーとバッテリーが無事だっただけでも、ラッキーでした!
(しょうがないので、違うジェット入れなきゃ!! ww)

今日も充実で楽しいフライトでした!!

2012/10/06
21:25:39
明日、フライト予定です。

明日空撮してみます。
機種はモーターグライダーのスカイクライマー。
自分が所有しているなかで、一番大きく安定しているので、空撮にむいているとおもいます。
カメラは808#16 小型で綺麗。非常にいいのですが、現地できちんと撮れているか確認出来ないのが
唯一の難点でしょうか。


早速、マウントの製作です。
DSC00644.jpg
あまっていた別カメラのアダプターを改造しました。
角度の調整可能です。
取り付け位置は主翼に。
ベース、カメラ共にマジックテープ固定。
脱落防止に主翼に巻いたバンドにカメラのストラップを通します。
DSC00642.jpg
DSC00641.jpg
実際に飛ばした際の角度の調整などが、現地で確認不可なのでちょっと不安です。



後、入手したバッテリーのコネクター交換しました(めんどくせーーw)
DSC00645.jpg
DSC00646.jpg



ブレードバランサーも入手。
DSC00647.jpg
ヘリのバランサーのでっかい版ですねw
ケンマムさんに教えて頂きました!!


明日の準備です!
DSC00648.jpg
いやーこの充電器、大活躍ですわーー。
現地で皆の分もいっぺんに充電できるので回転率がいいですし。
もっていくバッテリーの本数も軽く10本越えなんで、前日の充電も楽ちんです。(以前は夜中まで掛かってました 汗)
ほんとに買って良かった充電器です!
たくさんバッテリーを持っている人にはお勧めですよーー!!

20:53:04
ホビキンよりバッテリーが着弾しました!

オーダーからいれても2週間掛かっていないです。さすがEMSだからでしょうか?
発送からおよそ1週間です。
DSC00630.jpg
シンガポールスリリングからです(意味なしw)
こんなの付いてました。
DSC00631.jpg


DSC00632.jpg
お仲間さんに頼まれたジェット用4sリポ2つ
DSC00633.jpg

そして、
F4用にとりあえず仕入れた6s 4500ah 65c
DSC00634.jpg
こちらはA-SPEC。
それにしてもデカイ!!!!!!

こんなデカイリポ初めて見ましたよww
DSC00636.jpg
3s2200ahアライン純正450リポと比較ww

DSC00637.jpg
mini cpバッテリーと比較ww

DSC00638.jpg
65cです。


別便ですがこれも
DSC00639.jpg
DSC00640.jpg
master cp用リポ 3s 1000ah でこちらは45c
あとは本体待ちです。

21:13:43
F4 ファントムのパーツがまたちょっとずつですが着弾しています。

パイロット
DSC00612.jpg
うーーん結構リアルです。


9gサーボ エルロン、前輪ステア、ラダー(ラダーを追加するかは検討中)用
メタルギアにしました。
DSC00618.jpg
DSC00619.jpg

エレベーター用は16gのメタル
DSC00615.jpg
このクラスになるとケースも豪華ですねw
DSC00620.jpg
DSC00616.jpg


リトラクト(引き込み足)用にサーボレスユニット
デフォルトはサーボ使用ですが、どうやってもギア欠けるみたいなんでサーボレスです。
DSC00617.jpg


使えるのかわかりませんが、サーボディレイコントローラー
DSC00613.jpg


何かの備えに、サーボリバースもw
DSC00614.jpg


ジェットのセッティングで温度管理は必数に
DSC00622.jpg



最近、色々着弾していますが、先日。
・金属探知機で家の中をウロウロ・・・・・・・・いろんな金属にピピピピ。
・非接触温度計をもって、家じゅうの温度を測定。 テレビ裏が結構暑い。
・キーチェーンカメラを持って、家の中を歩き回ってテスト撮影・・・・。


その様子を見ていた嫁が、さめた目で一言「あんた、探偵にでもなる気?」

Parent category:EDF Category:F4 Phantomコメント:2トラックバック:0
2012/10/04
20:48:23
ブラウンさんの真似をしてebayでキーチェーンカメラを買っちゃいました。
808#16です。
本日着弾。
DSC00626.jpg

中身はこんな感じ
DSC00627.jpg
DSC00629.jpg
ところでこれ、どうやって使うんでしょう? wwwww

これを使ってスカイクライマーで空撮をする予定です。
クライマーなら結構上げれるんではないかと思っています、上手く言ったらご報告しますね!


別便ですが、ホビキンより着弾
DSC00621.jpg
DMSS4ch受信機
無事バインド確認!

DSC00623.jpg
DSC00624.jpg
DSC00625.jpg
お仲間のH君の初ジェットも着弾!
そっこーで組み立て完了ですww

最新記事
プロフィール

テツテツ32

Author:テツテツ32
テツテツのポケット・・・・・・RCヘリ・ATV・スケールクローラー・GUN・FPS・カスタム・アウトドア・・・・etc
どうやら、奥深く宇宙は広がっているようです。。。
しばし現実を忘れて、宇宙遊泳といきますか。。。(* ̄ρ ̄)”

カテゴリ
DRX (3)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ