私しテツテツのポケットの中の宇宙へようこそ! さてさて・・・このポケットの中には何が広がっているんでしょうか。気の向くまま心の揺れるまま、遊びを追求していくブログです。
2010/06«│ 2010/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2010/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
20:20:00
最近、子供にせがまれて、ベイブレードを買わされました。

まあ、コマです。


フォト


これが意外におもしろいんです。


このコマが、ボトム(コマの先端)・トラック(先端と本体の間、高さなど変えられる)・メタルウィール(大外の本体メタル製)・クリアウィール(プラ製のメタルの上にのる飾り?)・フェイス(全体を止めるボルト) て、5つのパーツで構成されていて、それぞれをカスタムパーツなどに組み替えることによって改造できるって仕組みです。

最初に子供に「改造できるんだよ」って言われて、血がさわぎました・・・。


ここはひとつ・・・

大人の財力と技術力でむふっ

最初はメタルウィールの隙間などに半田を流し込んだり、ステンボルト使って、重量をあげたりしてました。


そして最後に行き着いたのは・・・・
鍛造レプリカです。

プラのクリアウィールを型取りして鍛造化します。


まずは、適当なブロックなどで縁取りし、その中に粘土の土台を作ります。

フォト

そこに、ブツを埋めます。周りの穴はダボです。

フォト

型取りで使うのは鍛造用のシリコーンです。

計量して硬化剤と混ぜて、流し込みます。

フォト
フォト

そして8時間放置・・・。

硬化したら、粘土を剥がします。

フォト

そして、もう片面を取るために、シリコンを流して、硬化待ちます。

フォト

出来た型がこれです。(三種類作ったので画像いろいろです)

フォト
フォト
フォト

あとはこれに、ホワイトメタルを流しこむ経路と空気抜きを掘り込み。
それを固定。

フォト
フォト

バーナーでメタルを溶かして流し込みます。
忙しいのでその最中の写真は取れません(w

フォト

冷めてから、パックリご開帳。。。。

フォト
フォト
フォト

上手くいったんじゃないでしょうか!

磨いて仕上げ!

フォト
フォト

取り付けて完成です。。。。

フォト

独学で初めてやったにしては上手くいったと思います。


今回これをやろうと思ったのは、この技術をマスターすれば、
壊れたら入手困難そうな中華パーツの複製や、樹脂パーツなどを簡単に
強化パーツを作れるんじゃないのか?って思いまして。


いけそうですむふっ





かなり面倒ですが・・・・(苦笑)
スポンサーサイト

最新記事
プロフィール

テツテツ32

Author:テツテツ32
テツテツのポケット・・・・・・RCヘリ・ATV・スケールクローラー・GUN・FPS・カスタム・アウトドア・・・・etc
どうやら、奥深く宇宙は広がっているようです。。。
しばし現実を忘れて、宇宙遊泳といきますか。。。(* ̄ρ ̄)”

カテゴリ
DRX (3)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。