私しテツテツのポケットの中の宇宙へようこそ! さてさて・・・このポケットの中には何が広がっているんでしょうか。気の向くまま心の揺れるまま、遊びを追求していくブログです。
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
00:04:00
9月某日 市内某河川敷 夜戦


時折、小雨がふったりやんだりしていた。長くは出来ないの
は皆感じていただろう・・・・・

この日は月が雲にすっかり隠れているのにもかかわらず、異様に明るい
夜だった。




前方に気を配りながら今の状況を整理していた。
去って行った死人の数から言っておそらく残り2~3人、敵味方同じような状況だろう。

[よし、移動だ・・・]

左斜め前の少し傾斜のある地盤のブッシュに低く屈んだ姿勢で慎重に
移動する。いつもの暗さなら立っていても蛍光に発光するマーカーさえ見えなければわかる明るさじゃない。
ただ今夜は駄目だ。
立っていると人影が丸分かりなのだ。


ここは自陣から向くとフィールドの中央付近の左端。
右斜め前の中央のデカい立木の脇から赤い発光マーカーが見えた。
[味方か]
おそらく今日でゲーム二回目のルーキーだな。


伏せの態勢から前方の30M程前のブッシュ影に目を凝らす。
いるのか・・・・いないのか・・・・・
その時、一瞬だが黄色の発光マーカーがブッシュの奥で光った。

いる!!

96ライフルのスコープを覗き、敵の姿を探す。
ブッシュの奥か?
ブッシュに阻まれて見えない。


「だせよ・・・頭を。」

スコープの奥に集中する。


見えない・・・
いくら明るいと言っても、街灯も無い河川敷。
物陰のそばに伏せられたら見つけるのは困難だ。
また、この明るさが逆に皆の動きを必要以上に慎重にし、状況を
難しくした。


その時またマーカーが一瞬見えた!


奥じゃない!端に伏せているんだ!


スコープにその姿をとらえた、わずかだが輪郭がみえる。
息を整え、ゆっくり引き金を引いた。


「ヒット!」

ヒットコールが響いた。

[敵ライフルマン1名排除。]


その時、発砲音と共に隠れていたブッシュに敵の玉が着弾した。
どうやら中央の奥の低いブッシュ近辺に敵のスナイパーがいるみたいだ。
こっちの発砲音に反応して撃ってきた。

ホフクのまま少し後ろに下がり、1Mほど右に移動する。
2発3発と元のいたブッシュに撃ち込んでいる。
[大丈夫、気付いちゃいない。]
敵を確認するが、ちょうど影なのかまったく見えない。


その時だった、右端のほうから眩しい閃光。
フラッシュライトをあてながらの激しい銃撃。
どうやらルーキーを狙っている。

焦ったルーキーは一目散に俺のいるブッシュに駆け込んできた。

敵のアタッカーはライトを照らしたまま撃ちながら左に回りこんだ。
すかさず一発はなったが、走っているので当たらない!
そのまま奴は向かって左側のブッシュに隠れた、[右か?左か?すぐに
又来る!!]
俺のすぐ目の前にルーキーがいる。
このままじゃ二人もろともやられちまう。
[ここに来てどうすんだよ!]と思いつつも今はどうすることもできない。

[右だ]

ヤマをはり、ブッシュ右側をスコープで狙った。
その時、激しい閃光!
右から出てきた!
だが眩しくてスコープを覗いていられない、ほぼ反射的に引き金を引いた。





「ヒット!」


当たった・・・・。(汗)



今のはやばかった・・・



今のやりとりを通しても味方の動きは無い。
どうやらルーキーとスナイパーの自分二人だけだ。

敵も残りは中央奥のスナイパー一人になった。



この場所二人は不利だな・・・。
一気に狩るか?

「俺、ダッシュで敵の右側まで移動して挟むから。ここで張って敵に
動きがあったら撃って!」
ルーキーに言った。
小さく頷く。


態勢を立て直して息を整える。
そこから、一気に全力で走った!

右を迂回しながら敵方向を見るが敵は動いていない。

敵を挟んで、反対側のブッシュまできた。
すぐに伏せ、そこからホフクでブッシュから70cmくらい外れた
所まで移動する。敵方向に目を凝らしながら息を整える。


敵がすぐさま撃ってきた。
ブッシュに着弾音が響く。
2発3発続く、さすがに派手に走ったからだいたいの位置はバレバレだ。
でも、正確な位置は把握されていない。


セオリーとしては物陰に隠れながら撃つのが正しいだろう、
だが自分は夜戦にかぎっては今のようにあえて物陰から外れて陣取ることが多い。
バレると即終わりだが、敵も基本は物陰をよく探し、その辺だと思えば
その物陰に撃ちこんでくる。この方が意外に気づかれずに敵を確認でき、仕留められるからだ。

とはいえ、時間は余り無い。

敵の玉は届いている。距離感もいい。あと1m50左に振れば隠れる物もない・・・・即死亡だ。


そして肝心なことだが、自分も敵の位置を正確には把握出来ていない。




発射音から察知して、スコープで探すが・・・・

だめだ、まったくわからない。


焦りがでた。
なんとなく影があるところに撃ちこんでみる・・・・
反応が無い。
もう少しずらした場所にもう一発。
何も反応が無い。

近くに着弾したならば、何かしら逃げるか何かのモーションがあるはずだ。
[全然違うのか?]

敵はこっちの発砲音を聞き分け、確実に着弾点が近づいてきた。(汗)


その時ある心配事が脳裏をよぎった。



96ライフル使って3ゲーム目、
一度も弾丸補給していない!!??
もしかして弾切れで出てないのか!?

マガジンを抜いて確認した。

暗いながらも弾の色が確認できる。
安堵とと共に目に飛び込んできたのは弾を押し上げる黒いリップだった。


[マジかよ!残り1発?]


毛穴から一気に汗が噴き出る・・・・。








マガジンをライフルにもどし、最後の一発をゆっくりコッキングして
装填する。


[やばいぜー、やばい、]

敵の位置はまったくわからない。
味方が何かのアクションを仕掛けてくれれば、把握しやすくなりそうだがルーキーはブッシュの奥に引っ込んだまま出る気配が無い。




バチン!!!





その時、自分側のブッシュの一番端の根元に着弾した・・・・。


汗が止まらない・・・。

もう時間が無い、確実に近づいている。
今は動けない・・・。
動いた方が負けだ。


スコープを睨みつけ、その奥に集中した・・・。

バシュ!!
敵の発泡音。
空を切る弾の音が耳元をかすめていく中、スコープのなかでわずかに
動いた!!!

次弾装填のためにコッキングした動作だった・・・。



見つけた!!!!


ゆっくり狙う・・・・

距離は?
40m?あるか?ないか・・。

風は無いが自分のライフルは40M超えたあたりから左にスライスする
癖がある。

いや、ギリ大丈夫なラインだ。
伏せた薄っぺらい影しか見えない。
上下は?
ほんとにゼロインでいいのか??

いろんなことが頭をよぎる・・・・・。



いや、大丈夫だ。自分を・・・自分の銃を信じろ!!



クロスヘアを敵の正面に捉える。




そして、ゆっくり絞り込むように引き金を引いた・・・・

バッシュ!!

















だめか・・・・・













思ったその時・・・・




「ぐあぁぁぁぁーヒット!」


敵のスナイパーが立ち上がった。

それを見てから、ゆっくりと自分も立ち上がった。



「ふーーー」大きく肩で息をついたあと、マガジンを抜いて給弾口をみる。



そこには何も無く、黒いリップだけが光っていた。


[敵、スナイパー排除。 敵殲滅。    終了。]








ふー、久々にシビれました!
スポンサーサイト

12:15:00
昨日、戦地へ。

初陣を飾ってきました。


といっても、サバゲーのお話です。( ̄∇ ̄*)ゞ


以前より会社の人に誘われていて、ついに行っちゃいました目がハート
GAN自体は子供の頃からの趣味だったので、慣れ親しんでいたのですが、サバゲーは初めて・・・。

興味はあるが、少し照れるうまい!
身近にやってる人がいない。

等で今までやったことがなかったのですが、今回ついに行っちゃいました。


で、感想なんですが・・・・・。


おもしれーーーーわーい(嬉しい顔)

自分が隠れている場所に降り注ぐ銃弾、頭をかすめていく、銃弾。
非日常的なスリルと緊迫感・・・。

初ゲームで、いきなり二人に囲まれ・・・
相手一人が、回り込もうと右手に走ったので、僕もその方向へスライドしながら連射!! 見事にヒット!

が・・・

もう一人が、こっちに走りこんで来ていて、対応が間に合わず・・
あえなく撃沈。


第二戦、

林の中で、M14とスナイピング対決になってしまい・・・
こっちが、引き付けようと待ちの間に、頭をかすめられ、デッド

ですが、その後のゲームで、同じ林の中で、M14をセミショットスナイプで、相手が気が付く間もなく一発で仕留めました(カリは返したぜ)手(チョキ)


その後もやったり、やられたり、趣向を凝らしたゲームでとても楽しかったです。

写真

通常のゲームのほかに、砦陥落戦。砦を守りきるか、落とすか。や、
隊長戦、隊長をやれば即終了など、いろいろやりました。

他に写真
写真
バリケードや弾壕などあり、土地もかなり広い!!(所有地)


何処から敵が現れるかわからない緊迫感は、ちょっと癖になるかも
(*´Д`)=з
ただ、残念ながらアウトドア戦は今期はこれで終了らしいです泣き顔



追記

小樽ツー、仕事のスケジュール的にもしかしたら、厳しいかもですげっそり
ツーも今期これで最後っていうのにーーーー涙

だから、冬は嫌い。(-.-;)

最新記事
プロフィール

テツテツ32

Author:テツテツ32
テツテツのポケット・・・・・・RCヘリ・ATV・スケールクローラー・GUN・FPS・カスタム・アウトドア・・・・etc
どうやら、奥深く宇宙は広がっているようです。。。
しばし現実を忘れて、宇宙遊泳といきますか。。。(* ̄ρ ̄)”

カテゴリ
DRX (3)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ