私しテツテツのポケットの中の宇宙へようこそ! さてさて・・・このポケットの中には何が広がっているんでしょうか。気の向くまま心の揺れるまま、遊びを追求していくブログです。
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
11:55:58
EZNOV NEURON Bluetooth


さて、なんとか実用化にむけて兆しが見えてきた、我が家のニューロンジャイロ。
今回は、PCで設定した後に、飛行場でスマホから弄れるように、Bluetoothモジュールを追加してみたいと思います。

(あいかわらず、他力本願で申し訳ない。今回も「なんとかしなきゃね」のKUBさんに教えてもらっちゃいました。いつもありがとうございます)
自分の備忘録のためにも記事に残しますw



まず必要なのは、Bluetoothモジュール。
それと、ジャイロ本体側に接続するコネクターです。
yrtsk (2)

どちらも、ヘリモンさんで用意しました。

モジュール
コネクター


これを、ニューロンに接続出来るようにします。

yrtsk (3)

PCと接続する時と同じ場所です。


配線をコネクターにカシメて作りますが・・・・・・
yrtsk (4)

これがまた、小さいのなんのって・・・・・
おじさんには酷ってもんですよw
小さすぎて手持ちのマイクロ電工ペンチでは出来ず、最終的にラジペンで締めこみましたわw

こんな感じでなんとか、コネクター付きました。


ここまでで、頭を悩ませるのは、どの配線が何処にいくか?ってことだと思います。

Bluetoothモジュール側には基盤裏に、
GND(アース) VCC(電源) TXD(送信) RXD(受信)と書いてありますので、わかりますね。
問題はジャイロ側が、何処がどれ?なのかわからないんですよ。見ただけでは。
KUBさんに教えてもらってようやく解読できました。

yrtsk (1)

このような配置でOK。
モジュール側と本体側で、こうなるように接続します。
GND-GND
VCC-VCC
TXD-RXD
RXD-TXD

ポイントはRX-TX 相互に接続することですね。
VCC(電源)だけは間違えるとショートしますんで、要注意です。



接続テスト!!
スマホに専用アプリをインストして、Bluetooth ONにして、おきます。
yrtsk (5)
電源投入で、Bluetoothサーチ。
OK!!  やった!



LED2個点灯で、接続状態。
Bluetoothの接続方法は、通常のBluetooth機器と同じですので、その手順で大丈夫です。

それでも、わからない方は、KUBさんのページをどうぞー。


これで、飛行場での調整が楽になりそうです!

 
スポンサーサイト

15:50:52
前に、ニューロンジャイロに積み替えたFORZA450

tghkmjjnfdx (17)


鬼ハンチングに見舞われて、浮上すらままならず・・・・・・・。

その後、色々アドバイス頂いたので、試してみました。

・ラダーサーボの周波数を333から200に変更して試してみました。
が、これは変化なし。
・ジャイロ感度が60%台が意外に安定するよ、とのアドバイスもあったので、
これも試してみましたが、駄目。
・一度、ジャイロをファーム入れ直して、設定も1からやり直しましたが・・・これも駄目。

結局、何をやっても、駄目です。


もう、頭にきました!∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!


tghkmjjnfdx (1)


ニューロンジャイロ 2個目購入ですw

dtfjy (3)

これで、この3台使って、色々使いまわしてっやって、試してみようと思いました。


まず手始めに、GOBLIN380に積んでみます。

dtfjy (4)

ついでにプロポもXG14から18SZに切り替え。

dtfjy (9)

dtfjy (8)


ひととおり、設定。
一度やってるので、今回は設定自体はスムーズに進行。

さぁ!テスト!と、張り切るも、外は季節外れの雨・・・・・・・・

えぇーーい、ならガレージでやるまでよw

dtfjy (7)

dtfjy (6)


ジャイロ感度はとりあえず61%からテストしてみました。




結果は・・・・・・



OK!



やった! 普通に飛びました。
感度61%でも、特にハンチングも無しです。
場所が狭いので、とりあえず、普通に浮上できることが確認出来ただけですが、いやーー良かった!
これで、同じ症状ならどうしようかと思いましたよwww



さて、FORZAとの違いです。

スワッシュサーボは同じKST215MGですが、ラダーは、FORZAがKST515なのに対して、GOBがKST565
です。

以前、masakiさんに、このジャイロは、結構ラダーサーボとの相性問題があるよーと教えてもらいました。
おそらく、FORZAは、このラダーサーボの相性が悪いんでしょうねー。

とりあえず、今度はFORZAのラダーサーボ変更して、テストしてみます。

同じ、KST565を仕入れて入れ替えたいんだけど、このサーボは6V以下では作動が不安定になるって注意書きがあります。
たしか、FORZAのアンプ6VがMAXの出力でした。
このギリな感じで大丈夫だろうか?

それとも・・
アンプを変えるか?
もしくは、違うサーボを試してみるか・・・?

















18:18:05
EZNOV NEURON ジャイロ

今組み直したFORZA450に、入れてみようと思ったジャイロです。

tghkmjjnfdx (1)

簡単な特徴を言いますと、飛行機・マルチ・ヘリ すべて対応するジャイロ。
9軸とか言ってるけど、僕にはよくわかりませんw
飛行機やマルチから見ると、もっと安くて良いジャイロはあるので、あまり魅力を感じませんが、
ヘリにしては、比較的安くて、なによりレスキューモードがあるんですよねー。
練習特攻機には最適かと思って導入してみました。

セットアップが簡単と言われているジャイロですが、当然のごとくすべて英語です・・・・・・・


詳しいセットアップ方法など、KUBさんの「なんとかしなきゃね」ブログに掲載されてますので、
興味ある方はチェックしてみてください。
僕も色々教えて頂きました!


tghkmjjnfdx (2)

箱の中に入ってるマニュアルはこの配線図のみ!
なんとも潔いw

tghkmjjnfdx (3)


今のバージョンで、レスキューモードを8chに振り分ける事が出来るようになったみたいなので、
tghkmjjnfdx (4)
8chを用意しました。

tghkmjjnfdx (10)


確かにそんなに悩むこともなく、設定は進みました。
ただ、途中で、他の設定値を入力時に「スロットを10%以下にしろ」みたいな警告文が出てきて、一瞬何んのことか
わからんかったけど、KUBさんのとこ見て解決。
ホールドにでもして、スロットが上がらないようにしとけばOKでした。

gjh (5)


あらかた設定は終わったので、家の前で正常に浮くかどうかだけテストしました。
細かいことは飛行場で。

簡単に考えていたのですが・・・・・


なんとーー!  鬼ハンチング発動です。



ここから泥沼でした・・・・・


ジャイロゲイン下げるが、一向に治まらない。。。。

30%  最後は10%とかやってみるけど駄目。
逆に上げて見て見るけど、なおさら駄目。


これは機体の問題か!?
と、とりあえず、テールボディやめて、ノーマルに戻してしっかりテールを支えてみる。

gjh (6)


これでどうじゃーー!
と、テストするも駄目。

ローターのバランスを取り直したり、ベルトの張り具合を変えても駄目。
ヘッド一式もシャフトも、ギアもベルトも、テール一式も新品です。

ローターの締め具合も変えてみても駄目。


gjh (1)

プロポとジャイロの画面見つつ、ジャイロ感度変更してみたけど、正常にジャイロ側には反映されています。

gjh (2)

ならば、P I D のジャイロ感度。
主に変更してるのはPゲインなんだけど、IやDが強すぎてもハンチング起きるので、(画像は数値違うけど)
P30% I Dともに20%まで下げてみてテストしてみたけど、
特に変化なし 鬼ハンチングしてます

その下の「Asymmetry]ていう項目は何なんですかね?
ここの数値は変えて見てないけど・・・・・・。

gjh (3)


サーボの周波数など細かく変更するとこなのかな?
ラダーテールが1482us と 440us
とデフォルトでなってますが、

gjh (4)


ラダーサーボのスペック表を見ると、800us-2200usって書いてあるんだけど、この辺て
なにか関係あるのかなー??


うーーん、ハンチングの原因がわかりません。

お手上げです・・・・・・・・


あとやれることは何かと考えて
ジャイロテープを他の物に変更してみました。
そこで時間切れで、そのテストはまだ出来てませんが。


あ、そうそう、ゲイン30%位が一番ハンチング少なく、それ以上低くしても、余計に悪くなる感じです。
また、ラダーのニュートラル合わせるのに、ヘッドロックじゃなくて、ノーマルで飛ばすと、ゲイン30%くらいで、
ハンチング出ないんです。
そこでヘッドロックにすると、ハンチングする・・・・・

もうーなんじゃこりゃ?

(途中から文字がデカくなったまま戻らなくなりましたw
面倒なんでそのままアップしています。ご了承ください)



2015/12/20
19:01:10
T-REX600Nの修理です。

fryk (7)

メインタンクのこの部分から燃料漏れしていたやつです。

このニップルの外しかた、構造がいまいちわからなかったのですが、
取説を探し出してみてみました。

ljb (5)

どうやらただ嵌ってるだけみたいですね・・・・

この図だけでは、グロメットを先に入れてから、ニップル差してるのか?
はたまた、グロメットにニップルを先に差してから、タンクにねじ込んでいるのか?
判断に迷います。

無理やり引っ張って外すことも考えましたが、余計に壊しそうなんで、今回は
周りをコーキングすることで対処することとしました。

ljb (9)

よくこのRCエンジンでは、バスコークが良いってのを目にしていったので、とりあえず僕もそれを
使う事にしましたが、たぶん、普通のシリコンコーキングで十分だと思います。(ほとんど同じものですし)
普通のシリコンコーキングは値段も安いし量も多いんですが、ラジで使うには多すぎる、でかすぎるし・・・・バスコークはこの携帯性も良いので
結局僕もバスコークにした次第ですw

ljb (8)

グロメットの外周に、

ljb (10)

洗浄してから、コークを打ちました。
これでとりあえずOKでしょ。
こんど、いよいよグロメットが劣化してきたら交換することとします。


yuokl (1)


それと、突然、電源が喪失した件ですが・・・・・・・・






すみません!  僕のポカミスでしたーーー 汗


言うのも恥ずかしい位のことです・・・・・

・・・・・・・


・・・・・

たんに、スイッチが切れてただけ・・・・・・・・でした・・・・・


ONになってるつもりがしっかり、ONに入って無かっただけみたい。
もう一度、きちんとOFFにしてからONにしたら、普通に動きましたwwww

お恥ずかしい・・・・・・



ということで。

yuokl (2)


T-REX600N修理完了~

2015/12/15
22:28:14
なんだか日ごろの不メンテが祟って、色んな機体が調子崩しだしたので、このままでは冬休みだけでは
足りなくなりそうなので、ぼちぼち修理を初めました。


まずは先日、足を根元から折った飛行機です。
fryk (5)

ベースのべニアが破損してます。
このべニアの裏側に台座ナットで受ける仕組みになってました。


ljb (1)

元が3mmのべニアだったので、これを5.5.mmのべニアで補強してベースを作り直し。
ボンドでがっちり固定しました。

ljb (4)

また、これからの時期はタイヤじゃなくて、スキー板が活躍するので、スキー板に変更します。
これはだいぶ昔に買ってあった、スキー板。
やっと出番が来ましたwww

ljb (3)

最初、どのように取り付けるのが正解か?悩みましたが、色々やって、ようやく正解ぽい仕上がりに・・・w

ljb (2)


ljb (7)


ljb (6)


離陸後、バネのテンションで、ややつま先上がりになるくらいになってます。
これで着陸時も、前につんのめって、刺さることは無いはず・・・・・・です。


ということで、1機目、修理完了~

最新記事
プロフィール

テツテツ32

Author:テツテツ32
テツテツのポケット・・・・・・RCヘリ・ATV・スケールクローラー・GUN・FPS・カスタム・アウトドア・・・・etc
どうやら、奥深く宇宙は広がっているようです。。。
しばし現実を忘れて、宇宙遊泳といきますか。。。(* ̄ρ ̄)”

カテゴリ
DRX (3)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。