私しテツテツのポケットの中の宇宙へようこそ! さてさて・・・このポケットの中には何が広がっているんでしょうか。気の向くまま心の揺れるまま、遊びを追求していくブログです。
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2013/11/12
20:49:28
先日のテスト飛行で墜落したTBS Caipirinha。

思わぬ爪後が・・・・・・



DSC02481.jpg

TBS Caipirinhaも基本、GO PROを積むことを前提な作りなので、録画しなくても、バラスト代わりに
Go PROを積む必要があります。
Caipirinhaには、手持ちのHERO 2を積んでいたんですが、先日の墜落時、頭からまっさかさまに落ちまして。。。。


DSC02483.jpg

おもっくそレンズに傷がぁぁぁぁ(TmT)ウゥゥ・・・


一番前にマウントしているので、そりゃこうなるわなーーーー。



試しに撮影してみましたが、これがなんと、普通に撮れるんですw
傷の写り込みは無さそうなんですけど。
もう少し撮影して、チェックしないとわからないですので。
これから様子みてみます。



スポンサーサイト

22:02:36
TBS Caipirinha のテストフライト!!

DSC02468.jpg



























DSC02476.jpg


撃沈!!!!


勢いよく飛び出して、高度を上げて上空旋回と行きたかったんですが、
飛び立った直後から、激しい振動・・・・・・・・

フラッターような感じでした。(滝汗)
最初はその原因が良く分からず、とりあえず旋回させて降ろそうと思ったのですが、
ある程度高度を取って旋回中に、突然のパワー喪失。。。。。

リポ発射か?アンプ焼けたか?
のような唐突な電源喪失。
そこから一気にまっさかさまに墜落とあいなりました。。。ポクポクチーン



墜落機体を回収しに行くと、パワー喪失の原因はすぐにわかりました。
アンプからモーターへの配線が3本とも外れてました。


機体中央の青い箱が、ジャイロ兼GPSフライトコントローラーです。
このユニットの固定が甘いことはわかっていました。
わかっていて、たぶん大丈夫と、思い込むようにしていました。


おそらく予想ですが、飛び立ってすぐに、振動でジャイロが発狂。
それが、機体の激しい振動に。
揺れが揺れを呼び、FC(フライトコントローラー)ユニット・付随する配線を暴れさせ、
最後にモーター配線を抜くまでに。
そのまま落下。


ではないのかと、今の所予想しています。
今思えば、振動が出た時に、マニュアルに切り替えてみればよかったんですよねーー。
その時は頭が回らず、可動翼の不具合か何かと、咄嗟に考えてました。



幸い、軽症ですので、次回までに再調整して、再びフライトに臨みたいと
思います。。。。
 (-人-;) 

23:03:03
TBS Caipirinha 完成です!!


DSC02466.jpg


前回の組み始めからのいきなりの完成ですがwww お許しを。


DSC02465.jpg


僕らしい、中々のゴチャさ加減ですわー(笑)
フライトコントローラーは信頼のArkbird OSD Autopilot (GPS)です。
(てか、これしか知らんw)


DSC02468.jpg


忙しさで、ほぼ突貫工事になってしまった・・・・。
明日、シェイクダウンの予定です。
ホントに飛ぶんだろうか、これ? w

23:22:34


img_1643034_55733415_0.jpg


なんで、ドイツのカクテルの名前なのか?はさておき。
今や、TBSのフラッグシップになりつつあるCaipirinha(カイピリーニャ)
最近のTBS動画はこれが多いですね。



もれなく入手していましたw
僕のRC飛行機歴で初の「無尾翼機」
はたして本当に飛ぶんだろうか?? って形なんですがwww
もともとは、スピードアップを計る為に、抵抗になっている水平尾翼を取っ払ったわけだが、
風見安定性の役割も果たしていたので、当然安定性が悪くなるのは想像に容易く、
実際どうなるかは、ちょっと不安でもあります。
(まぁ、オートパイロット入れちゃうんで、AP様様になりそうだけど・・・笑)


DSC02417.jpg

ウィングスパン850mmってこともあって、梱包も飛行機にしちゃコンパクトです。

DSC02423.jpg

構造はめっちゃシンプル。 左右分割の主翼兼胴体を接着。



DSC02424.jpg

カーボンパイプ・板カーボンの補強入り。
結構頑丈そうです。


GO PROケースとモーターマウントは べニア組み。
DSC02418.jpg


こいつを黒で、プシュッとお色直し。
DSC02419.jpg
DSC02420.jpg
DSC02421.jpg


ちなみに塗料はガレージに転がっていたシャーシブラックwww
(いや、シャーシブラックは万能ですってw)


DSC02425.jpg
GO PROケース マウント。

DSC02426.jpg
DSC02427.jpg

モーターも搭載。

今回もメカ類は、純正を使ってます。


DSC02428.jpg


可動翼はテープ連結になってますので、
今回使用したのは、上面は梱包用極薄テープw 裏の折り返しは細ヒンジテープを使いました。
まぁ、大丈夫でしょw
DSC02432.jpg


作業は平日の夜のほんの1時間づつをたまに、なのであまり進みませんが、
本体の組み自体はさして難しい事も無く、すんなり終わりそうですね。
あとは、メカ載せや、オートパイロットなどの配線・設定に時間がかかりそうです。

最新記事
プロフィール

テツテツ32

Author:テツテツ32
テツテツのポケット・・・・・・RCヘリ・ATV・スケールクローラー・GUN・FPS・カスタム・アウトドア・・・・etc
どうやら、奥深く宇宙は広がっているようです。。。
しばし現実を忘れて、宇宙遊泳といきますか。。。(* ̄ρ ̄)”

カテゴリ
DRX (3)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ