私しテツテツのポケットの中の宇宙へようこそ! さてさて・・・このポケットの中には何が広がっているんでしょうか。気の向くまま心の揺れるまま、遊びを追求していくブログです。
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2012/09/11
17:17:56
先日のフライトで傷ついたP-51をパーツが揃ったので修理です。

主翼がもげたのは現地修理したままで、しばらく使います。
新しい主翼はストックしましたが、まだまだ使えそうなのと、またいつ激突してもいいようにwww

現状での不具合は、フラップサーボが1個ギア欠けで使えないのと、ギア(車輪)が片方少し曲がっていて
調子が悪いことです。

まずは、フラップサーボ
こいつを代替え品と交換しますが・・・・・
DSC00563.jpg

DSC00565.jpg
下の青いサーボが新規です。
激安サーボですwwwww
フラップなんで、そんな高スペックは必要ありませんからw

ところが、ここで問題発生!
サーボの回転する方向が逆なんです。
あらら・・・・まじで・・・・。なんて、しばらくどうするべきか考えてました。

「プロポでリバースかければ、いいんじゃね!?」って?
それじゃ、だめなんですよー。
なぜでしょう?


















それは、2つのフラップサーボをY字ハーネスで一つにして接続しているので、リバースかけると
もうひとつの方のサーボも逆になってしまうからなんです。
今更ながら、サーボに正転、逆転があると知りました。お恥ずかしい (照

さてさて、どうしましょう?
2つとも新しいサーボに変えてしまうって方法もありますが、なんだか損した感が強いですよねw

で、メーカーも全然違うサーボですが、外観も似ているし、同じ中華だし、きっとギアも一緒だ!
ってことでバラしてみました。
DSC00564.jpg

これがビンゴでしたw
微妙に違うギアもありましたが、ちょうど欠けていたギアはどう見ても同じ感じです。
ギア交換して、動作確認しても問題無さそうでしたので、これで納めました。

千切れたフラップ翼はあいかわらずグラステープで張り付けただけです。
ヒンジ入れようかとも思いましたが、元もとそんな作りでは無いので、テープで十分かと。
しかし、テープで張り付けて普通に飛ぶんですから・・・・・
ヘリでは考えられませんねww


後はギアの交換
DSC00566.jpg
微妙に曲がっています。
手で曲げても直るのですが、メタルが甘くなったのかラフランディングするとすぐに曲がるので
交換しました。

DSC00567.jpg

修理完了です。
いつ飛ばしにいけるんでしょうか・・・・・・。
仕事している時はめっさ天気いいのに、休日は雨や、用事などが・・・・・泣
スポンサーサイト

22:34:23
行ってまいりましたよ! ムスタングの初フライトに!!

お仲間さんのもう一機のグライダーも届き、前日に集合してグライダー2機組みました。
それがそれが、なかなかの中華品質と不慣れさから、3人でなんと夜中の1時までかかってしまいましたww

DSC00551.jpg
DSC00552.jpg

翌日は、滑走路確保の為、車で1時間ちょっとの距離の場所に行ってみました。

DSC00555.jpg
DSC00557.jpg
DSC00556.jpg
モーターグライダー3兄弟

この日は朝から雨の予報・・・・・。
午前中はなんとか持ちこたえそうなんですが、現地に到着すると
か、風が強い・・・・・・・・
これが曲者でした。

今にも雨が降りそうだったので、なんとか風の合間を見計らって上げてみましたが、煽られまくりで
厳しくてすぐに降ろしました。


そんな中、比較的風の無い時に、ムスタング初フライトです。


妙なテンションで意味不明なモノマネなどしていますがスルーしてくださいwww
外野と騒いでいてうるさいですが、気にしないでくださいww
では、ノーカット完全版でどうぞww



水銀灯に激突しましたwwwww
本人はもともと無事では帰れないと思っていたので、驚きゃしませんw

色々いい訳しますw
まず、離陸ですが、タイヤが小さく車重が軽いのでわずかなギャップの振動で向きが変わったり、頭から
刺さったりします。また、スピードを上げていくと自然に後輪が浮き上がり、その後アップをうって離陸と
なるのですが、後輪が浮いた時は当然方向陀が効かなくなるので、マウンドに突っ込むわけですw

水銀灯は、不慣れゆえの操作ミスですねw
風もあるので、パワーを下げられず、スピードに乗ったままで避けきれませんでした。

で、被害はというと

DSC00559.jpg
DSC00560.jpg
主翼ボッキリ、フラップ翼欠落、車輪の軸曲がり(もげていない主翼の方)、フラップサーボギア欠け
以上です。思ったより軽症?かな?

幸運なことに、破損したパーツはすべて見つかりました。

とりあえず、魔法の糊とテープで現地修理です。
DSC00561.jpg

主翼は糊とテープでくっつけました。フラップ翼もテープで付けただけです。フラップサーボが死んでいるので
フラップは作動不能です。
車輪は手で曲げてとりあえず格納できるくらいには。


修理後、また風が強くなってきて、しまいには雨も降りだしました。
半ばあきらめムードで、いったん昼食に。
昼寝をしながら待っていると、雨も上がり、風も少し納まってきました。

これはいい兆候だと、さっそくグライダー飛行講習会へ。
2人ともなかなか上手くなってきましたねー。一人り立ちはもうすぐかな。


そんななか、おもむろにムスタング2F目いきました。
修理後まともに飛ぶかもわからなかったので、飛ばしている途中で、気が付いたお仲間さんが慌てて
カメラ回してくれました。
なので途中からです。
フラップは機能しません。
主翼がもげたとは思えないほど、安定飛行していますw



初めての着陸は奇跡的に成功しましたww
いやーー難しいです。
着陸について少し調べてみました。
進入角度、進入スピード、進入コース、これらすべてが上手く行った時に初めて着陸出来ます。
高度を下げるのはエンコン(スロットル)を下げます。
エレベーターをダウンではありません。エレベーターで頭下げてしまうと、速度が付いて急降下してしまいます。
スピードも出来るだけ遅い方がいいのですが、浮力を失って落下しないギリギリのエンコン操作が必要になります。
そこで、遅い速度でも浮力を稼げるフラップが重要な役割の意味を持ってきます。
フラップは着陸だけではなく、離陸でも少ない距離で浮かすことが出来るので短い滑走路でも有効です。
その逆に着陸はなかなか機体が降りてこず、着陸距離が長くなってしまいます。



3F目


着陸出来ずにウロウロしている間に、低空低速でのターンで浮かしきれず主翼が地面に接触して落着。
被害はペラが折れただけでした。
すぐに交換して4F目。(動画撮ってません)
だいぶ慣れてきて、楽しんで飛ばせています。
本日2回目の着陸成功しました。


飛行機の着陸の技術は難しいですねー。僕のようなにわかパイロットにはまだまだハードルが高いです。
思ったのですが、飛行機の着陸はヘリでいうところの対面ホバの位置付けな感じがします。
技術的にではなくレベル的にと言う意味ですが。
ヘリでは対面ホバがきちんと出来るようになれば、上空旋回や8の字などかなりスムーズで安全にこなせる
ようになると思います。
飛行機では逆に着陸が上手く出来るようなレベルまで出来ていれば、当然上空でもかなりの安定感を
持って飛ばせているはずです。

ヘリも飛行機も楽しいですねーー。
そして、やっぱりスケール機はかっこいいです!!
今はまだ抑えているヘリのスケール機製作も早くやりたくなってしまいましたw

23:28:54
いよいよDurafly P-51D Mustangの組み立てです。

組み立てと言っても、半完成、メカ積みこみ済みなんで、主翼、尾翼、ペラ取り付け。リンケージ取り付け
調整。プロポ設定くらいです。

DSC00469.jpg
主翼

DSC00473.jpg
胴体

DSC00480.jpg
尾翼

DSC00474.jpg
モーター

DSC00477.jpg
DSC00478.jpg
エルロン、フラップ サーボ。

DSC00481.jpg
尾翼を取り付け。

DSC00482.jpg
主翼の取り付け。

DSC00490.jpg
DSC00487.jpg
エレベーター左右分割翼なのでリンケージ2系統。
ラダーと尾輪が連動して動くのでこちらも2本のリンケージを一緒に動かします。

DSC00486.jpg
エルロン、フラップのリンケージ。

DSC00485.jpg
航空灯 ちなみに、「主翼のそれは左が赤色灯、右が緑色灯になっています。
左右で色を分けるのは、その航空機が進んでいる方向が分かるようにするためです」
この機体もちゃんと右がグリーン、左がレッドでした。

DSC00483.jpg

受信機の接続。
6ch使ってます。これでいっぱいいっぱい。
・アンプはスロットに
・エレベーターはエレベーターに
・ラダーはラダーに
・エルロンはデュアルエルロンにはチャンネルが足りないので、Y字ハーネスで一本にしてエルロンに
・フラップはAUXに。(デュアルエルロンの場合はエルロンとAUXに差します)
・ギアはギアに
・航空等はBATT SENSに。

これで動作します。
プロポ側で、デバイスセレクトでギア、フラップをアクティブにして、任意のスイッチに割り当てます。
僕の場合はヘリと飛行機なので、なるべく同じスイッチ動作で。他のフラップ、ギアは普段使って無いスイッチに
割り当てました。誤操作防止です。

エルロンをデュアルエルロンにつなげれれば、フラップを下げて、エルロンは両方跳ね上げる、いわゆるバタフライミキシングでエアブレーキ設定など可能だと思います。今後の課題にしておきますw

DSC00496.jpg
配線処理、バッテリー搭載。重心位置確認。
重心位置は説明書に書いてありましたので、そこで合わせました。

DSC00495.jpg
操縦は彼に頼みますww

一応、完成です!!
DSC00499.jpg
DSC00514.jpg
後はフライトテストして微調整ですが、はたしてどうなることやら・・・・・・・。
みなさん、よくこの姿を見ておいて下さい。
次は原型無いかもしれませんから(自爆


フラップ、ギア 動作確認 動画


日曜にテストフライト行ってきます!!

最新記事
プロフィール

テツテツ32

Author:テツテツ32
テツテツのポケット・・・・・・RCヘリ・ATV・スケールクローラー・GUN・FPS・カスタム・アウトドア・・・・etc
どうやら、奥深く宇宙は広がっているようです。。。
しばし現実を忘れて、宇宙遊泳といきますか。。。(* ̄ρ ̄)”

カテゴリ
DRX (3)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。