私しテツテツのポケットの中の宇宙へようこそ! さてさて・・・このポケットの中には何が広がっているんでしょうか。気の向くまま心の揺れるまま、遊びを追求していくブログです。
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:59:17
きたのか!?ビックウェーブ  極大サーマルを追え!


11_20141012195003b6b.jpg
10.12フライト

行ってまいりました。
この日は、快晴!! おそらく今シーズン最後の好天じゃないのだろうか?というくらい良いお天気でした。
12.jpg
見渡すかぎり雲一つ無い天気!

今回もヘリとハンドランチグライダーを半々位で飛ばしましたよ。

ハンドランチも少しずつですが、慣れてきて、ちょっとは飛ばせるようになってきました。
僕の最初の目標は50M超えでしたが、何度となくチャレンジしてるうちに、小さいサーマルらしきものに、
あたり、ちょっと載せて、少しずつあがって、なんとか50M超えました!!
134.jpg

やったねーー!
とりあえずの、目標は達成!
次は、100M目標かな?なんて思いながらその後も飛ばしていたんですが・・・・。


昼メシ後からの、何気なく投げた1投。
いつものように、ランチは20M位まで到達。その後風が吹き上げてるポイントまで移動しました。
ここで、若干上がったり下がったりを繰り返しながら、なんとか高度を上げる事に専念。
そこでまた、50Mを超える事が出来、「おぉー調子が良いなー」と、なんとなくですがサーマルが起こっていそうな
ポイントからズレ無いように旋回を続けるようにしていました。

すると、急に高度が上がり始めて、ぐんぐん上がっていきます。
H氏にテレメトリーの高度を確認してもらうと、100Mを超えてました!!!
いきなりの記録更新ですw

その地点で、一度機体の上昇が止まりましたので、抜けてもう降ろそうかなーと思っていたら、
H氏が高度計を見ながら、「まだ上がってる!! もうちょいで150M行くわ! がんばって!!」
とゲキが飛びました。
そりゃ頑張らな!と、なんとかサーマルの中に機体を納めるように旋回を続けます・・・・。



じつは、その後の記憶があまり無いんです。
興奮とテンパリでwwww
どう操作していたのかも、思い出せません。
ほとんど自然に上がっていったと思います。その後は見る見るうちに高度が上がっていきました。
事の異常に気がついたW氏が、あわててビデオを回し出しましたが、
高高度で機体が小さすぎて、カメラに収まりません・・・・。

その時の、状況を音声のみでお楽しみ下さいw





いやーー、焦りましたよ。実際。
機体はマメ粒もいいところですwww
一瞬でも目をそらすと、見失います。実際お仲間の2人も、一度目を外すと見失い見つけるまで時間が掛かってました。
姿勢はなんとか向きがわかる程度。
いつ降ろそうか、いつ降ろそうか、考えていましたが、記録を更新し続け何処で止めていいものなのか悩みますwww

ここまで上がると機体ロストも不思議では無かったですねwwww
きちんと降りれるのかも自信が無かったので、もう最後は、ビビってしまい、ダウンを打って降ろしました。
意外にも、真っすぐ綺麗に早く下りてきましたので、一安心。。。。






で、その最高高度は・・・・・・





12345.jpg


なんと! 285.1M!!

あのままやってれば、まだ上がり続けていましたので300Mの大台は間違い無くいきましたね。
ロスト覚悟も必死ですけどね(爆)

ちなみに、このハンドランチの上げる高度って、皆さんどの辺位が標準なんでしょうか?
ミニは何M? フルサイズは何M?  でもこれ以上上げるなら、機体の視認性も大事ですが、レシーバーも
フルレンジ積まないと駄目ですよねー。今のはパークフライトなんで300Mが電波到達限界ですw


それにしても、動力を持たない、手投げグライダーで300M付近まで上がるなんて、ちょっと信じられませんでしたw
グライダーも僕も昇天しちゃいましたーーーwww

1234_20141012195007b4a.jpg
ハンドランチ、おもしろいっす!!




















スポンサーサイト

18:00:26
最近仕事が結構忙しくて、バタバタしてます。
この間のフライト日にも、急きょ呼び出しを食らって、朝一そっちに行ってから、飛行場に駆けつける始末w

それが今日は、昼から3時間ほど時間が空きそう!!!!!
それならばと、車に忍ばせて、行ってきましたよ。飛行場。
コソ練ですwww


飛行場に到着すると、すでに師匠がスタンバってました。www
DSC03441.jpg

師匠、今日も勉強させて頂きますw


そんなこんなで、早速ランチ開始~
SnapShot_20141002172840055.jpg



投げ方も慣れてきて、コンスタントに投げ高度が20Mを超えるようになってきました。
テレメトリーの高度計のアラームを20Mで鳴るようにしているので、投げた後、20Mに到達したか
どうかわかります。便利ですね。


練習開始時、すぐに動画を1本撮りましたが、なんせ頭に付けたカメラなんで、グラングラン、カメラが揺れて、
飛行に集中出来ませんwwwww




この後、カメラを置いて、練習に集中!!!

色んな設定値も微調整を繰り返して、たぶんこんなものなのか? 的なレベルまで到達w


飛ばし方も、ちょっとわかってきたかも知れません!
今までは、旋回時にガクっと高度を落としてしまって、上手く回れませんでした。
今日の後半に、ちょっと気が付きました。

僕は今まで、飛行機やジェットを飛ばしてる時の旋回はエルロン旋回なんです。ラダーの当て陀はしていますが、
スピードの載る飛行機でラダーターンでは曲がらないので必然的にそういう曲がり方をしていたのですが・・・。


でも、このハンドランチグライダーってやつは、自力での推力が無い分、エルロンで傾けるとどうしても高度損失が大きいんです。
そこでラダーターンをしてみると・・・・・・・おぉー結構綺麗に曲がれるし、高度があまり落ち無いではありませんか!?
ラダーターンと言っても、エルロンの当て陀が必要。通常はむしろラダーターンとカウンターエルロンって感じ、その当て陀加減で大周りも小周りも結構出来るでは
ありませんか!?

この飛び方をするようになって、1回のフライトの滞空時間もぐっと伸びました!

独学なんで、はたしてこういう飛ばし方で合っているのか?非常に気になりますが・・・・・・w
とりあえず、前進してるでしょうww


今日は風もあまり無く、そんなに上がらなかったですけど、有意義な練習でした。
ますますハンドランチが楽しくなってきましたー!

本日の最高高度
DSC03443.jpg


31.9M
まずは、目指せ50M超え!


22:19:47
ランチ ランチ ランチ!

「ヤマザキ春のパン祭り」みたいな題名になってますがwwwww
今日は、飛行場でハンドランチを本格的に飛ばしてきました!
全員ハンドランチ全くの素人、なんとなく見よう見真似でやってみようという、相変わらずの暴挙ですwwwww
(当クラブは、色んな物にとりあえず手を出して、先生もいない手探りクラブなんで上手くは中々ならないけど、
楽しければ良いや!をモットーに広くゆっくり楽しんでおりますw)




DSC03435.jpg

あいにくの空模様です。
時折雨がパラつき、風も比較的強く、初飛行にはちょっと厳しい環境でした。

DSC03434.jpg
僕のPIT
AirFlowスタンバイOKです。

DSC03436.jpg
H氏とW氏の機体。同じ機体をチョイス。
スパン950mm位のエアフローと同じくらいのサイズです。
値段が手ごろで、普通に飛んでましたので、HLGを試しに飛ばしてみるには良い機体。



W氏 初めてのランチ。
難しいよねー。ランチ自体は癖も無く綺麗に上がってました!




H氏 初めてのランチ。
ちょっと力み過ぎか? ランチ時に綺麗に上がりません。
飛び跳ねながらランチする癖ありwwww
草原でスキップするかのようにランチする様は、まるでハイジのようなメルヘンチックでしたww
しかし、機体の操縦センスはさすが、短時間で習得していきますね!




仲良く回収の一こま
PIC_0022.jpg
今日は投げるよりも、取りに行く方が疲れたみたいですがww それもまた気持ちの良い疲労感。


僕の方も、中々上手くは行きません・・・・・難しいー! でも楽しーw
ランチで、一番良い時で、やっと20M超える位です。
DSC03437.jpg

ほとんどは15M付近だと思います。安定してもっと高く上げたいですねー。




本日の最高高度記録。
サーマルと言うのか、風に乗ってというのか、ちょっと上がりました。
DSC03439.jpg
46.4m
これでもちょっと感動でしたw


テツテツ はじめて(飛行場)のランチ
調整の仕方も、操作技術もよくわかってませんw 難しいです。
それがまた、深く楽しく感じます。
動画の最後が最高記録到達時の物です。もう何が何だかわかってませんwww





DSC03438.jpg

DLGグライダー 楽しいです。
変なプレッシャーも無く、気楽で、お手軽。
そのくせ、奥が深くて難しい。ゆっくりの成長で良いので長く続けていきたいジャンルだと感じました。
ヘリなどの合間の息抜きに飛ばすにもいいですねー。
(地味にフルサイズDLGを味わってみたいという願望も湧いてきましたが・・・・・・・今はそっと引っ込めておきますw)












21:12:18
引き続き、DLG AirFlowの製作です。


DSC03409.jpg
画像のコードは高度センサーと、バッテリー電源の変換コード。
使用するレシーバーは4chなので、電源とテレメトリーを一緒に入れる必要があります。
2又でも良いのですが、軽量化と省スペース化のためセンサーコードを短くして、半田でコードを繋げてしまいます。
DSC03410.jpg
センサーコードを短くカットしてコネクターを付け直し。
途中で電源コードを繋ぎます。
DSC03411.jpg
DSC03412.jpg
完成! まぁ、こんなもんでしょ。w


DSC03414.jpg
通電テストもOK.(JRレシーバーがまだ未着だったので、パチでテストしています)

DSC03415.jpg
キャノピーへの搭載状態
240mAHバッテリーだと、見ての通りキツキツです。


DSC03419.jpg

この状態での重量は、168g(まぁ、いいとこなんではないでしょうか?)


DSC03417.jpg
DSC03418.jpg
CG値(重心位置)はメーカー推奨値より1cmほど前になってます。
これを合わせるには後ろに重りを付けなければなりませんが、色々皆さんのを調べていると、ほとんどが
1cmほど前重で納まってるみたいです。後ろに重りを付けて合わせてる方も多数みられましたが、
皆さん一様に重りが無い方が、飛びが良いということで重りを外してる方がほとんどでした。

僕もとりあえず、この状態でグライドテストしてみましたが、このままで良さそうな感じでした。
投げた直後、一瞬頭上げしますが、その後、綺麗に滑空して伸びていきました。
(むしろ、しいて言えば、もうチョイ前重でもいいくらい?)


そして本日、レシーバーと180mAHバッテリー着弾
DSC03427.jpg
レシーバーはほぼパチと同じ重量です。

バッテリーは
DSC03426.jpg
240

DSC03425.jpg
180

その差、4g

DSC03429.jpg

総重量 166g

これでもまだ、前重です。

DSC03430.jpg
テレメトリーの高度計も無事に作動しました。


DSC03424.jpg
昨日、近所の公園でテストした時の物です。
(パチレシーバーに240mAHの時の物)




結構、良さげかも!!
今週末は飛ばしに行けそうなので、楽しみですーー!

18:36:51
新プロジェクト 始動!


DSC03363.jpg


JRさんからの贈り物w
予想以上の大きい箱にビックリ!!

中身はーーーーーーーーー?






DSC03367.jpg

どーーん! AIR FLOW!


そうです。ついに、ハンドランチ グライダーを始めます。

ハンドランチ。つまり動力を持たない、手でブン投げて気合いで飛ばすってやつね・・・・・・・(ちょっと意味合いが違う気も
するが・・・・w)

昔は野球投げみたいな投げ方で、飛距離も出ず。筋肉勝負みたいなとこがあったみたいw
最近は室伏投げが主流。(クルクルまわってポイ!って感じ)

呼び方も HLG(ハンドランチグライダー)手投げ
       SAL(サイドアームランチ)横投げ
       DLG(ディスカスランチ グライダー)翼端投げ・円盤投げ

的な感じの略称で、意味合いは全部同じ。


DSC03381.jpg
中身はこんな感じ。

機体と一緒に、テレメトリーの高度計も購入。
この編の楽しみ方の醍醐味ですね。
感覚では無くて、実際に数次に表れますから、張り合いがあります。
DSC03364.jpg
DSC03365.jpg
3個あるけど、後の2個はお仲間H/W氏のやつ。
みんなで一緒に始めるので、競い合って楽しそうです!


DSC03382.jpg
胴体はこんなにスリム

DSC03383.jpg
機体は完成機なんで、ほとんどやることはありません。
主翼の取り付け、受信機の搭載、ペグの取り付け これくらいw

早速、ペグの取り付けを。
このペグに指を引っかけてまわして飛ばすので、しっかり固定しなきゃなりません。

印はでているので、その場所に3mmの穴をあけて、30分エポキシで固定していきます。
このとき、いきなり3mmのドリルで開けるのでは無く、1mm程度のドリルで呼び穴を開けてから、3mmで開け直すと
真っすぐ綺麗に開きやすいです。


DSC03384.jpg
エポキシもメーカーで30分を指定されてます。

DSC03385.jpg
DSC03386.jpg

僕は右利きなんで、左翼に取り付けます。

DSC03390.jpg

受信機は軽そうなパチ4ch バッテリーは手持ちであった2セル240.

DSC03391.jpg

センサーとレシーバーで7g

しかし、ここで問題発覚!!


パチレシーバーではテレメトリー使えなかったんです・・・・・・orz
今までパチにそこまで要求したことは無かったので、すっかり使えない事を知りませんでしたwww

急きょ 本家レーシーバーを取り寄せです。
本当は色々使い回せる6chにしようと思ったのですが、少しでも軽くしたいのとスペース的に厳しいので
4chを頼みました。
JR_RG411BL_L.jpg
重量は4.3g


レシーバーが到着するまで、とりあえず組み立てを進めていきます。

といっても、主要はステッカーチューンwww

DSC03397.jpg

主翼表。


DSC03396.jpg
機体が真っ白で上空ではわかりずらそうだったので主翼裏側には目印代わりにデカイJRステッカーをw
こりゃ目立ちそうw

DSC03399.jpg
尾翼

DSC03398.jpg
ヘッド部分。キャッチ・ザ・サーマル!! wwww


DSC03401.jpg

水平・垂直尾翼 の取り付け部分に、低粘度の瞬間接着剤を流して補強しました。
この辺も取説に書いてあるのですが、その注意事項に「接着剤の付け過ぎは、重量過多になって、本来の飛行性能
を損ないますので注意してください」って、、、、、、そんなにシビアなのかーーー!!??
ちょっとビビってきましたよwww

DSC03404.jpg
DSC03405.jpg

とりあえず、組み立てのみ完了――です。

細かい設定・調整はこれから。
しかし、あれですね。
設定なども、非常に色々あって、かなり悩みました。
相変わらずの他に聞ける人もいない、独学なんでw
日夜・ネットや書籍を読み漁って勉強しています。

さぁ、こんなんで無事に飛び立てるんでしょうか? (笑)
まぁ、この辺の手探り感も楽しみながらやっていきますよwww















最新記事
プロフィール

テツテツ32

Author:テツテツ32
テツテツのポケット・・・・・・RCヘリ・ATV・スケールクローラー・GUN・FPS・カスタム・アウトドア・・・・etc
どうやら、奥深く宇宙は広がっているようです。。。
しばし現実を忘れて、宇宙遊泳といきますか。。。(* ̄ρ ̄)”

カテゴリ
DRX (3)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。